2004.03.30

“ムービーオケ”が登場!

 ニューヨークで新ビジネス“ムービーオケ”が登場し話題を集めています。どうやらカラオケの映画版のようです。会場は50人程度が入れるバーが多いとのこと。“ムービーオケ”の手順はまず、大型モニターにお気に入りの映画の好きなシーンをチャプター機能で選出。そのシーンが音量を小さくして映されます。あとは、マイクを持った人がモニター横の壇上にあがり、好きな俳優のセリフを画面に合わせてしゃべるそうな。“これであなたもニコール・キッドマン!!”みたいな感じでしょうか。当然、1シーンといえども喋るのは一人ではないので、そのシーンにあわせて人数が壇上にあがるそうです。で、それぞれの役を担当する人がセリフを喋ります。これはあわただしそうだ。みんなそれぞれの役になりきることが、会場を盛り上げて楽しむコツのようです。
 発案者は映画監督を目指す24歳の女性で、映画のセリフを使ってしかコミュニケーションできない登場人物を描いた作品を作ったことがきっかけで思いついたそうです。(その作品もちょっと見てみたいですよね。)現在特許を取るためのシステムを準備中で、当然日本をマーケット視野に入れています。早くやってみたい“ムービーオケ”でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)