2004.07.10

「モナリザ・スマイル」ジュリア・ロバーツ主演最新作!

 「モナリザ・スマイル」(UIP)は、ジュリア・ロバーツ主演最新作!1950年代のアメリカ名門女子大を舞台に、“自分で考えて行動することの大切さ”を教えようとした、女性教師の物語です。女学生役で「スパイダーマン2」キルステン・ダンストも出演しています!!

 タイトルからして、ジュリア・ロバーツ演じる主人公の名前が“モナリザ”なのかと思っていました。ところが名前はキャサリンで、全然勘違い!
この映画の背景となるのは、“女性の理想は良き妻となること”と考えられていた時代です。主人公キャサリンは、そう思いこんでいる女学生たちに“本当にそれで幸せなの?”と問いかけます。その時代の多くの女性が、決められたレールの上にしか幸せを見つけようとせず、笑顔をふりまいていたから・・・。
その笑顔を、絵画「モナリザ」のミステリアスなほほえみにたとえたのが、題名の由来です。ちなみにキャサリンは美術教師なのです。ナルホド・・・。

 で、この物語、実は舞台となるウェズリー大学出身の元ファースト・レディ、ヒラリー・クリントンの手記をもとに作られたそうです。どうりでこの主人公、飛びぬけた精神と思想を持っていたわけですね。後のヒラリー夫人みたいなものじゃないですか!
(ああ~、主人公とヒラリーがだんだんダブッてきちゃいました。ごめんよ、ジュリア)

 「エリン・ブロコビッチ」(00)でアカデミー主演女優賞を獲得したジュリア・ロバーツが、久しぶりの本格的な主演で登場します!
現在妊娠中で、来年早々には双子を出産予定のジュリアの新作。
見逃せません!!!

8月7日より、東京みゆき座・大阪梅田OS劇場他、全国で公開です!
詳しくはこちら公式ホームページの最新情報から。

| | Comments (0) | TrackBack (2)