2004.09.25

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」どのキャラがお好き?

 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス デジタル・リマスター版」(ブエナビスタ)は、「ビッグ・フィッシュ」(04)「スリーピー・ホロウ」(00)のティム・バートンが描く、ミュージカル・ファンタジー!ストップモーション・アニメで動く魅力あふれるキャラクターたちと、10年ぶりにスクリーンでの再会です!!

 他に類を見ない、ファンタジーの傑作に出会って早や10年ですよ!初公開数ヶ月前に、そのスチール写真を見た瞬間から、キャラクターたちの魅力にとりつかれましたね。いやいや、数多くのフィギュアを買い集めたものです。私のお気に入りキャラは、喜怒哀楽に合わせて顔がグルグルまわる市長さんです。吹替え版での大平透の声なんて最高ですよ。久しぶりにハクション大魔王っぽい、大平さんの吹替えに出会えました。(最近では「モンスターズ・インク」(02)での社長役の吹替えが印象的です。)

 この作品の原点は、神学者だったクレメント・クラーク・ムーアの詩「ザ・ナイト・ビフォア・クリスマス」(1822)です。我々がイメージするクリスマスの原型を創造した人といえるでしょう。(詩の訳など、詳細はこちら)その詩に触発されたバートンが、1982年ごろに企画したもの。しかし、当時若きクリエイターだったバートンによる企画を採用する会社は全くなかったそうな。「バットマン」(89)「シザーハンズ」(91)の成功でヒットメーカーとなり、ようやく映画化のチャンスを得たわけです。まさにバートン渾身の作品ですね。

10月14日、東京国際ファンタスティック映画祭2004のオープニング作品としても上映されます。
(その情報はこちらから)
全国公開は10月23日です。
ハロウィン気分で見に行きましょう!
プレミア必至の“10周年記念ピンバッジ”付き前売券発売中です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.20

「Mr.インクレディブル」特殊能力ファミリーが活躍!

 「Mr.インクレディブル」(ブエナビスタ)は、「ファインディング・ニモ」に続くピクサーの最新作!それぞれ異なる特殊能力を持ったファミリーが、平和のために闘います!

 体が伸びる!姿を消せる怪力を発揮する!超スピードダッシュができる!それぞれズバ抜けた長所と短所を持つヒーロー・ファミリーが、力を合わせて困難を切り抜ける!70年代アメコミ・ヒーロー・アニメを知る世代にとっては、少年時代の心をトコトン呼び覚してくれる設定ですね。

 劇場予告編がまたもや新たに登場しました。遂に各主力メンバーが特殊能力を発揮するシーンを見せてくれます。海外TVアニメのオープニングを見ているようでした。チラリと登場するレトロな悪役ロボットにも感激です!円盤に手足がついたようなデザインで街をのそのそ歩き、レーザービームを“チュン!チュン!”と発射してました。ほんの数分の予告編でしたが、なんともいえない懐かしさで感無量です!!!

公式ホームページでは、ひとつ前のバージョンまでしか予告編を見れないのが残念です!

公開は12月4日!
ヒーロー家族が全員おそろいのタイツを装着しているのが素晴らしい!
これぞヒーローの基本です!

| | Comments (3) | TrackBack (8)

2004.08.19

「デビルマン」トークイベント&試写会開催!

 「デビルマン」(東映)は、永井豪原作コミックの映画化!テレビアニメでしか表現できなかった世界が、T-ビジュアルによって実写映像化されました!!

 10月9日の公開を控え、9月は全国各地のHMVスタッフ&キャストによるトークイベントが順次開催されます!
各地のスケジュールこちらから。画面左下“NEWS”の部分をクリックしてください。(観覧自由だそうです。)
イベント出演予定メンバーは、主演の伊崎兄弟伊崎央登伊崎右典)、酒井彩名渋谷飛鳥、そして那須博之監督です。

 そして遂に試写会も始まります!
まずは、9月5日の東京国際フォーラムでのプレミア試写から!
もちろん主要スタッフ&キャストの舞台挨拶付きです!!!
応募はこちらからどうぞ。(締めきりは8月26日です。)

 半分人間半分悪魔のデビルマンが、人類を守るために孤独な戦いを続ける哀しい物語。孤独なヒーローという点では、「スバイダーマン」に通じるものを感じます。
永井豪の原作では、「キューティー・ハニー」(04)
も今年めでたく実写映画化されました。次回はぜひとも「マジンガーZ」「ドロロンえん魔くん」「バイオレンス・ジャック」を実写映画化してほしい!!

実写化どころかアニメ化さえされていない名作の宝庫といえる永井豪ワールド
映像技術の進化により、日本映画は新たな時代を迎えそうです!!

「デビルマン」公開は10月9日です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.31

「ハウルの動く城」公開日決定!

 「ハウルの動く城」(東宝)は、宮崎 駿監督 3年ぶりの最新作!少しずつ明かされて行く作品の姿に、期待がどんどん膨らみます!

 遂に公開日が決定しました!11月20日です。今秋公開となっていましたが、もはや正月作品と同時期の公開になりましたね。劇場予告編も、7月31日から新作に変わるそうです。これまでの予告編もなかなかよかった。魔法使いのおばあさんソフィーと主人公ハウルのドラマを、セリフなしの音楽のみでラブ・ロマンス風に描いてました。予告編が流れただけで、場内はいつも静かになっいましたね。それだけ注目を浴びている証拠ですぞ!

 予告編で特に印象に残るのは、久石 譲優しい音楽です。宮崎アニメで「さんぽ」「君をのせて」など、数々の名曲・名主題歌を生み出してきました。(ホント、癒し系音楽の大家ですよね)今回も、ソフィー役の声を演じる倍賞千恵子さんが唄う主題歌「世界の約束」をリリースしてくれます。(ちなみにハウル役は木村拓哉。話題づくりもバッチリですな。)
その録音風景などに迫る、「ハウルの動く城」音楽制作現場に密着した連載“久石 譲が挑む「ハウル」の動く音”こちらから。(これ、かなりオモロイですよ)

「千と千尋の神隠し」では、日本映画歴代№1ヒットを飛ばし、米アカデミー賞長編アニメ賞ベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)を獲得しました。
今回も9月に開催されるベルリン映画祭へのコンペティション出品が決定しています!!

今や世界中が注目している宮崎監督の最新作「ハウルの動く城」は、11月20日公開です!!

全国上映館&前売券発売劇場はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.07.19

「シュレック2」上映館&上映時間をチェック!

 「シュレック2」(UIP)は、おとぎの世界を舞台にしたファンタジー・シリーズ第二弾眠りの森の美女ピノキオなど、おなじみのキャラたちも続々登場します!

《日本語吹替え版》上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

《字幕版》上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

今回登場する悪役キャラは、“長靴をはいた猫”。シュレックを倒すべく、ジワジワと接近していきます。
そして、その正体は????シュレックフイオナ姫の運命は!!といった展開です。
一作目よりもかなり面白く、また、前作を知らなくてもじゅう~ぶんに楽しめます

“長靴をはいた猫”といえば、東映アニメのトレードマークにもなっていた、ペロを思い出しますね。(30代後半より年長世代でないとわからないかもなぁ)「長靴をはいた猫」シリーズとして3本製作されました。何事にもクヨクヨせず、いつも元気でニコニコしているペロの姿は、子供心を楽しませてくれたものです。アイデア構成を担当していたのは、宮崎 駿でした。(懐かしきペロの姿はこちらから)

「シュレック2」では竹中直人“長靴をはいた猫”の声を担当し、笑わせてくれます。
この作品、日本語吹替え版で見たほうが存分に楽しめますよ!!!
公開はいよいよ7月24日です!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.11

「スチームボーイ」上映劇場&上映時間をチェック!

 「スチームボーイ」(東宝)は、ジャパニメーションを世界に知らしめた「AKIRIA」大友克洋監督・脚本による最新作!アニメ史上最大枚数のセル画18万枚が、126分を一気に疾走します!!!

 いよいよ7月17日から公開です。
 上映劇場&上映時間はこちらから。
 大阪・関西地区
 東京・関東地区
 北海道地区
 名古屋・東海地区
 九州地区

 大友克洋監督の動画コメント&キャラクター・メカ解説はこちらから。
 フォト・ギャラリーはこちら

 19世紀、産業革命に沸くロンドンシティを舞台にした、“科学の真理”を問うストーリー。蒸気機関の発明者ロバート・スチーブンソンが重要な役どころで登場する、歴史ロマンの趣きもあります。
私好みのキャラは、主人公レイの祖父でスチームボール発明者であるロイド博士。
中村嘉葎雄さんの声がピッタリです!そういえば中村さん、「明日があるさ THE MOVIE」(02)でも、宇宙ロケット開発に夢を託す、街の発明家を演じていました!(実は私、あの作品メッチャ好きなんです。映画館で泣いちゃいましたよ。)

アニメ史上に残る、大友克洋監督待望の新作長編作品がついに公開です!!

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.04

「スチームボーイ」大友新作に涙!

 「スチームボーイ」(東宝)は、現代科学の基礎を築いた発明家たちの、夢と野望を描いた物語!「AKIRA」(88)の大友克洋監督が遂に完成させた、渾身の作品です!!
このアニメをどれだけ待ちわびたことか!!!

 公開を7月17日に控え、大阪でも劇場試写が7月4日に開催。運よく参加できました!早朝試写にも関わらず、劇場は子供から大人まで、幅広い観客層であふれました。

 長く待たされた大友作品ファンを裏切らない、圧倒的なスケール感そして興奮の連続です。スチーム城VS大英帝国軍の激しい攻防戦が、19世紀の巨大なロンドンシティを群集ごと飲み込んでいきます!このスケール感こそ、大友作品のみどころですね。
 また、蒸気を主エネルギーとしたメカニック・デザインが素晴らしい!ピストンと歯車がいくつも重なり合ってガタガタ動く姿に、科学に対する途方もない知恵と工夫、そして希望と野望を感じずにはいられません。
 「AKIRA」では、荒廃した未来の中で希望と友情を守ろうとする若者たちが描かれました。「スチームボーイ」では、大変革を遂げようとするテクノロジー時代幕開けの中で、科学の真理を追究しようとする少年の心が描かれます。若き主人公たちのその心意気は、感動的なエンディングで結実します。決して未来をあきらめなかった彼らのラストカットに、涙が流れました。
科学に興味を抱く、未来を担う少年少女たちにこそ、この作品を見て欲しい!

 登場人物のなかでは、紅一点のスカーレットが印象的!しかもスカーレット・オハラという名前は、「風と共に去りぬ」(39)でヴィヴィアン・リーが演じた役名そのまんまですな。勝気で強がりで、芯の強い性格もそっくり!ラストに登場する、成長したスカーレットの姿に、ヴィヴィアン・リーの雰囲気が感じられますぞ!大友監督、やっぱりハリウッド大作がお好きなのですね。

製作期間9年! 総製作費24億円! 総セル画枚数18万枚!
2度とないスケールとスタッフの粘りで完成した超大作アニメが、いよいよ7月17日公開です!!

この作品、先行ロードショーはございません!
全国上映劇場はこちらから。
公開前のスペシャルTV番組&「AKIRA」TV放映の情報はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.06.27

「スチームボーイ」音楽はハリウッド級!

 「スチームボーイ」(東宝)は、アニメ史上最大のセル画18万枚で描かれる空前の物語です!完成披露試写会も終了し、いよいよ公開が迫ってきました!

 驚いたのは音楽です。担当するのはスティーブ・ジャプロンスキー。若手ながらハリウッド大作に参加している新鋭です!今や映画音楽の名匠ともいえるハンス・ジマー師匠のもと、「ラスト サムライ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などに加わっています。

 現在劇場で流れている特報予告第4弾にも、本編と同じオーケストラ曲が流れています。「スチームボーイ」は予告編も大友監督こだわりの作品なのです。
その製作秘話は、公式ブログのこのページから。

 19世紀のロンドン、そしてアメリカを舞台に展開する、夢と勇気を見せてくれるストーリー!!
 アニメ史上に残る作品が、7月17日に公開されます!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.06.12

「シュレック2」最強の吹き替え!

 「シュレック2」(UIP)は、おとぎの国を舞台にしたファンタジーPARTⅡ!カンヌ国際映画祭にも出品され、全米ではサマー・シーズンを牽引する記録的大ヒットとなっています!!

 ごつごつした緑顔キャラにどうも馴染めないのですが、ハマちゃん&ヤマちゃんの吹き替えが楽しかった一作目。そして今回はもう一人、竹中直人さんが登場します!役柄はラテン系ノリの“長靴をはいた猫”です。「Shall we ダンス?」で情熱のラテン・ダンサーを怪演した彼の美声が楽しみ!しゃべるために生まれたような3人が絡み合えば、一体どうなってしまうのか!これは夢の共演といってよいでしょう。本編に無縁なギャグもバンバン飛ばしてほしいものです。

 前作でめでたくフィオナ姫と結ばれたシュレックが、姫の両親に出会うところから始まる冒険ファンタジー!ディズニー作品ではないので、多少のお下劣ギャグが登場します。が、それがこの作品の強みです。 マシンガン・トークの吹き替えトリオで、暑い夏を楽しませてくれそうです!!!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.05.30

「スチームボーイ」セル画枚数18万枚!

 「スチームボーイ」(東宝)は、19世紀のイギリス・アメリカを舞台にした、発明に夢を描いた男たちの物語です!「AKIRA」の衝撃から早や15年!ジャパニメーションを世界に羽ばたかせた大友克洋監督が、最新アニメ超大作に挑みます!!!それは、<夢の力>か、それとも<悪魔の発明>か!?
 この作品、昨年秋の公開予定に製作が間に合わず、今年夏公開となりました。確保した映画館から脱け出し、他作品上映を手配させることができたのも、大友克洋監督の力がなせる技でしょう!セル画枚数がなんと18万枚!!ちなみに国内アニメーターを総動員した「AKIRA」(89)は15万枚、「千と千尋の神隠し」(01)は14万4千枚でした。30分のテレビアニメで通常1万枚なので、約120分で18万枚というのは、とてつもない枚数です!1秒あたりのセル画枚数が極端に増えるのですから、全ての動きが滑らか、かつ微細になります。(公式ホームページからも、大スケールの緻密さが伝わります!)これだけのことを実行してくれるなら、1年近く待たされてもやむを得ないですな。
 “夢に賭けた過去の先人たちの熱い想いを伝えたい”という大友監督のメッセージを込めて、「スチームボーイ」公開がいよいよ近づいてきました!!!!!公開は7月17日です。 
 

| | Comments (0) | TrackBack (4)