« December 2005 | Main

2006.01.09

「ディック&ジェーン 復讐は最高!」アレック・ボールドウィンがまた社長!

 「ディック&ジェーン 復讐は最高!」(ソニーピクチャー)は、ジム・キャリー主演最新作!突然のリストラでお金に困り、てっとりばやく泥棒になっちゃうコメディ!

やっぱり、ジム・キャリーはコメディが似合いますね。
「エターナル・サンシャイン」より、断然こちらのコメディのほうが、ずっとイイ!!!

これ、「おかしな泥棒 ディック&ジェーン」(77)のリメイクです!

リストラする社長役はアレック・ボールドウィン!!!
組織のリーダー役がよく似合います!!!
「エりザベスタウン」(05)では、社長役を。
ということで、連続して社長役です。
最近とくに、す~っきりした演技で、脇役で登場しますよ。

アレックのコメディは珍しいのですが、結構コミカルな演技もしており、悪くありません!!

かる~い気持ちで見て笑える、いまどき貴重な作品です。

現在公開中!!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「ジャーヘッド」映画ネタがオモロイ!

電話男の「ジャーヘッド」談話をダウンロード

 「ジャーヘッド」(UIP)は、イラク戦争に出撃した若者たちを描いた作品!
「デイ・アフター・トゥモロー」(04)のジェイク・ギレンホールマッチョな体でビックリです!!!

イラクの基地場面で映画ネタがうまくつかわれ、そこがけっこう面白い!
「ディアハンター」(79)のビデオを見ていたら、途中で無関係なH映像が登場したり。
しかもその女性がなんと!!!!・・・・・・。
(そこは映画をみてください)

一番の盛り上がりは「地獄の黙示録」(80)を見て意気揚々となるシーン!
大スクリーンに有名なヘリ空爆シーンが流れ、若き兵士たちは映画の中で流れる“ワルキューレの騎行”を大合唱!!
もう「ロッキー・ホラー・ショー」(76)状態!!!!
そこへ出撃命令が下り、兵士たちは超ハイテンションで戦場へなだれ込みます!!!
たぶん、事実にこういう使われ方をしていたんだろうなぁ・・・。

70年代後半の戦争映画が登場するっていうのが、なんだか妙に新鮮でした!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.01.07

「プライドと偏見」サザーランドといえばドナルド!

 「プライドと偏見」(UIP)は、「ドミノ」(05)のキーラ・ナイトレイ主演最新作!英国俳優たちが紳士・淑女を演じ、イギリス文学の世界を堪能させてくれます!!

英国の田舎町に暮らす、五人姉妹の恋を描いた物語。
キーラ・ナイトレイをはじめとする五人姉妹が、それぞれ個性的で楽しめます。

さらに、そのおっかさんがキョウレツ!!!
娘たちがリッチな男性結婚するためなら、なんでもします!!!!
大阪のおばちゃんと変わらんぞ!
ブレンダ・ブレッシン、名演です。

絶えずにぎやかで騒がしい女性たちに囲まれながらも、マイペースなのが一家のお父さん
「スペース・カウボーイ」(00)のドナルド・サザーランドが、貫禄の演技です!!!!
いまや息子キーファーのほうが、「24」シリーズで有名ですが!
わたしゃやっぱり、サザーランドといえば、
ドナルドですよ!!!!!

現在71歳!まだまだ健在ですねぇ。
この方、英国の雰囲気が漂いますが、出身はカナダです。
「M★A★S★H マッシュ」(70)で俳優としてブレイクし、名監督たちに起用されました。
ベルナルド・ベルトルッチ「1900年」(82)
フェデリコ・フェリーニ「カサノバ」(80)
ロバート・レッドフォード「普通の人々」(81)
かと思えば、
「ケンタッキー・フライド・ムービー」(78)や「アニマルハウス」(79)にも出る!
(日本映画「落陽」(92)にも出てた!)
作品を選んでいるのかいないのか、意味不明なのがすばらしい!!

残忍な悪役から、能天気なおとっつぁんまで!
ほんと、いつまでも変わらず楽しませてくれますよ!
40年にわたり、ず~っと映画に出続けている。
こんな俳優はなかなかいません。

1月14日公開です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.05

「輪廻」優香の絶叫シーンは!

 「輪廻」(東宝)は、「感染」(04)「予言」に続く
Jホラーシアター”
シリーズ第2弾!「THE JUON/呪怨」(05)で日本人初の全米第一位獲得映画監督となった、清水崇の最新作です!!

35年前に起こった無差別猟奇殺人事件を追跡した、映画製作現場が舞台です。
“生まれ変わり”をテーマに、前世現世因縁の恐怖を描きます!!!

優香が主演というのは意外でした。
いつも天真爛漫なので、ホラーには無縁だと思ってましたよ。
そこが狙い目なんですね。
まずは優香絶叫シーンが見たい!!

映画での主演は、ミュージカル「恋に唄えば♪」(02)に続いて2作目。
もっと出ていると思いましたが、これも意外です。
「チキンラン」(01)で主演声優というのはありました)
「恋に唄えば♪」はコケましたねぇ・・・。
公開4日目くらいに見に行きましたが、こちらが絶叫したくなるくらいガラガラだった記憶があります。
当時、お金を払って見たというだけで、周囲の仲間からは
“えぇ~!!!!”
と不思議がられました。
いやいや、優香はがんばって唄い、踊ってましたよ!!

興行力がやや衰えてきた感のある、ジャパニーズ・ホラー!!
全米第一位を獲った清水崇監督と優香のコンビで、巻き返しなるか!!!
ここが正念場です!!

1月7日公開。
全国上映館&上映時間こちら

| | Comments (2) | TrackBack (5)

2006.01.04

「シャークボーイ&マグマガール」3-Dで見るのが楽しい!

 「シャークボーイ&マグマガール」(ソニーピクチャー)は、「シン・シティ」(05)のロバート・ロドリゲス監督最新作!自分の息子の夢を原作に、アトラクション感覚の3-D映画を完成させました!!

「スパイキッズ3」に続く、ロドリゲス監督による3-D作品!!
みんなが同じメガネをかけて映画を見る!
もうこれだけで楽しめますねぇ。

おはなしは、
夢の中のキャラクター(シャークボーイとマグマガール)が現実世界に現れて、主人公の少年とともに、悪を滅ぼす冒険の旅にでる・・・といったシンプルな物語。

3-D映画としては、最上級の面白さですよ。
なんせ、メガネをかけて見る3-Dシーンが多い!!!!
まずはそうでなくっちゃ。

私が子供のころは、3-Dなんて言いませんでした。
“立体映画”って言ってましたね。(古くさ!)
東映まんがまつりの“デビルマン”かなにかで見た記憶があるなぁ・・・。

あとは「ジョーズ3-D」(84)「13日の金曜日3-D」(83)とか。
ま、シリーズもののパート3が3-Dになるパターンが多いですね。
「空飛ぶ十字剣」(77)てのもあったぞ。

いろいろありましたが、3-Dシーンはわずかだけ、というのがさびしかった。
やはり、それだけコストが掛かるんでしょうね。

で、その常識を覆したのが、「スパイキッズ3」でした。
今回の「シャークボーイ&マグマガール」は、3-Dシーンがさらにパワーアップされています!!
海中での浮遊感や、各キャラクターが次々繰り出す必殺技など、3-Dならではの面白さ!!

全員が同時にメガネをかけたり、はずしたり・・・。
観客同士が一丸となって見ている気分を味わえます!!

ロドリゲス作品特有の、妙なキャラもじゃんじゃん登場しますよ!!
氷の兵隊、コンセント犬、空から降る脳みそ・・・などなど。)
このタイプの作品が好きな方には、たまりませんぞ。

2月4日公開です。
メガネをもらえるだけで、得した気分になります。
使い物にはならんけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.02

「キングコング」お正月はやっぱり怪獣です!

 「キングコング」(UIP)は、1933年の名作オリジナルをCGで完全復活させた超大作
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が、映画への道を志すきっかけとなった作品を、遂にリメイクしちゃいました!!

「ロード・オブ~」シリーズの大成功があったからこそ、ジャクソン監督で誕生した作品です。

“美女と野獣”的な要素もありますが、私は純粋にモンスター映画として楽しみましたね。
巨大モンスターが大都会で大暴れ!!
もうこれだけで大興奮です!
だから、ハリウッド版「ゴジラ」(98)さえ大好きなんです。
「キングコング」の場合、ジャングルで恐竜たちとのバトルもたっぷり見せてくれます。

ウルトラ・シリーズ&ゴジラ・シリーズで育った怪獣魂が燃えましたよ!
キングコングは単なる大猿じゃないです。
これはやっぱり“怪獣”です!!!

私の場合、怪獣映画といえば、なぜかお正月にフィットするんです。
かつて、年末年始のテレビで、そして映画館で、見まくってたからでしょうね。

映画館での効果音にも大満足でした。
キングコングが、“ガォォォォォーーーーッ!!”と吼えたときの、おなかに響いてくる重低音!
複葉機がコングに近づくときの、“プゥゥゥゥーーーーン!!”と唸るエンジン音!
こういった瞬間にゾクゾクするんです。

1930年代という、暗い時代の世相を描いた冒頭シーンも捨てがたい!
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(84)
「ゴッドファーザーPARTⅡ」(75)
等の名作郡に匹敵するくらいの出来栄え、といっても良いでしょう。

1933年のオリジナル、1977年のリメイク、に続いて3度目ですが、
今回の作品が最も見応えありましたね。
美女とコングの純愛ドラマ
モンスターのスケール感
人間にふりまわされるモンスターの悲しき運命
「キングコング」という映画の面白さを、最大限に追求しました!!!
(1986年には「キングコング2」ってのもありましたが、これはひどかった!!!
 もう一度確認したいくらい、ヒドイ!!)

3時間という長丁場なので、途中でトイレへ行く人が続発でした。
上映中に席を立ちたくない方は、それなりの注意が必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main