« 「蝉しぐれ」セミのように泣いた! | Main | 「セブン・ソード」ツイ・ハークだから許す! »

2005.10.04

「明るい離婚計画」ブルース・キャンベルじゃん!

 「エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画」(ヘラルド)は、離婚でビッグ・マネーを獲得する騒動を描いたラブ・コメディ!先に通告した側が有利になる、恐るべし離婚大国の実態を知りました!!

財産が大きいほど、離婚をめぐるビジネスは過激!!!
ま、かる~いタッチで楽しめる作品です。

タイトルに、エリザベス・ハーレーの”とあるんですが、誰だったか思い出すまで時間がかかりました。
「オースティン・パワーズ」(98)「悪いことしましョ!」(00)で楽しませてくれた、セクシーおねえさんじゃないですか!
今年なんと40歳!!!
うぉぉぉ!なんと、わたしと同い年!
しかも、あの素晴らしいプロポーションですよ!!!
ここぞとばかりに見せる見せる!!
何食べてはるんやろ?という素朴な疑問がわいちゃいましたね。

彼女を見ているだけでハッピーだったんですが、さらに嬉しかったのは、ブルース・キャンベルが出ていることです。
そう、「死霊のはらわた」シリーズで主人公アッシュを演じ、映画ファンの間に広く名を知らしめた怪優です!!
いやぁ~、うれしいですね。
私、彼のコミカルな演技が大好きなんです。
サム・ライミが監督する「死霊のはらわた」シリーズ最新作への出演も控えているとか。
これはもう、超期待大のワクワクもんです。

コメディとしては、ややクールビズですが、個々のキャストの魅力で気楽に楽しめました。

関東公開は11月19日関西公開は11月26日です。

|

« 「蝉しぐれ」セミのように泣いた! | Main | 「セブン・ソード」ツイ・ハークだから許す! »

Comments

初めまして!
「人気UPランキング」管理人の釣吉丸といいます。
ランキングに登録して訪問者を増やしませんか?
全て無料で登録が出来てアクセスアップも期待が出来ます。

詳細はこちら↓↓
http://rental-ranking.com/index.cgi?r=0755

*登録をされましたら、テキストリンクか画像リンクをHPにお貼り下さい。

突然の書き込みお許し下さい。こういう形でしかお誘いできません。
しかし、良質のランキングサイトを目指しておりますので、
良質のサイト様しか、お願いしていません。

皆様からの登録をお待ちしております。

Posted by: 釣吉丸 | 2005.10.04 at 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/6250292

Listed below are links to weblogs that reference 「明るい離婚計画」ブルース・キャンベルじゃん!:

» エリザベス・ハーレー Elizabeth Hurley 女優特選  [mayapapaのMAYA_tomato]
Date of birth (location),10 June 1965,Hampshire, England, UKMethod (2004) エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画 Serving Sara(2002) 恋のおかたづけしましョ! Bad Boy(2002) Double Whammy(2001) 悪いことしましョ! Bedazzled (2000) 悪魔の呼ぶ海へ The Wei...... [Read More]

Tracked on 2005.10.09 at 07:07 AM

» 映画【エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画】 [ミミちゃんねる]
この11月に、日本で公開になるそうですねー。 じつはワタシ、海外の映画館で、先にみてしまったのです。 (といっても、3年くらい前…?) これは、 もしも、デ・ニーロの優秀コメディ【ミッドナイト・ラン】の男女版があったら…? といったかんじの作品です。 (作り手も、相当意識していそう。)    主人公は、どちらも美男美女なのだけれど、 どうもこの二人には(あ。映画の中のね。)最後まで好... [Read More]

Tracked on 2005.10.30 at 12:43 PM

» 明るい離婚計画 [色即是空日記+α]
マシュー・ペリー、エリザベス・ハーレー共演のコメディ。 夫に離婚届けを申し渡された妻・サラが離婚状代理人・ジョーを味方に引き込み、大逆転を狙ってN.Y.からテキサスまで追いつ追われつの騒動を繰り広げる。 原題 SERVING SARA まず、アメリカでは常....... [Read More]

Tracked on 2006.03.16 at 02:43 PM

« 「蝉しぐれ」セミのように泣いた! | Main | 「セブン・ソード」ツイ・ハークだから許す! »