« 「SAYURI」渡辺謙が野球解説! | Main | 「キャプテン・ウルフ」ヴィンちゃん顔面チラシにゲッ! »

2005.09.21

「理想の女(ひと)」スカーレットのくちびる!

 「理想の女」(ギャガ)は、秘密が男女のを翻弄する、格調高い文芸ドラマ
「恋愛小説家」(98)のヘレン・ハントと、「アイランド」(05)のスカーレット・ヨハンソンが魅せてくれます!!

1930年のイタリアを舞台にした、オスカー・ワイルドの戯曲が原作です。
それだけで、私には敷居が高そうでしたよ。

案の定、最初のほうはチンプンカンプン
ところが!!!
後半でドラマがどんどん面白くなり、ラストはほんのり涙で感動ですよ!
わからんもんですなぁ。

なんといっても二人の女優が・・・、素晴らしい!!
戦略的に男を虜にする女と、初々しい魅力で男を自然と虜にしてしまう女。
ご想像のとおり、前者がヘレンで、後者がスカーレットです。

私はやっぱりスカーレット・ヨハンソンにやられました!
彼女の魅力はそう、あの明太子のような、ぶあつ~いくちびるでしょ!!
しかも、やわらかそう!!!
アンジェリーナ・ジョリーもぶあついけど、ちょっと固そうだもんな。

猫の肉球とか好きな人には、こたえられませんぞ!!
(なんのこっちゃい!)

「ロスト・イン・トランスレーション」(04)でブレイクした彼女ですが、キャリアは結構長い!
古くは「ノース/小さな旅人」(95)や、「スパイターパニック」(02)まで出ています。
(う~ん、どっちも見たけど、もう忘却の彼方だな)
まだ21歳っすよ!!若っ!!!
しかも、「アイランド」から「理想の女」まで、ジャンルにこだわらない姿勢がまたイイ!
今後もウディ・アレン作品やブライアン・デ・パルマ監督作品が控えているとか。
ますます楽しみな女優です!!!

東京地区は公開中
大阪・関西地区10月29日から公開予定。

|

« 「SAYURI」渡辺謙が野球解説! | Main | 「キャプテン・ウルフ」ヴィンちゃん顔面チラシにゲッ! »

Comments

 はじめまして
 銀の森に住むゴブリンです。TBありがとうございます。
いやあ、ちょっとした謎解きゲームのようでした。僕のブログには「理想の女」の記事は載っていないので、一体どの記事に付いたTBなのかすぐには分かりませんでした。こちらの記事を読ませていただいてやっと「スカーレットのくちびる」が謎解きのキーワードだと分かりました。スカーレット・ヨハンソンがらみだったのですね。
 記事に関係のないコメントでごめんなさい。でも面白い経験でした。

Posted by: ゴブリン | 2005.09.22 at 07:03 PM

ゴブリンさん、優しいコメントありがとうございます。
謎解き、正解でございます。
この映画、僕には女優しか記憶にないんです。
特に、スカーレットのくちびるが。

Posted by: furufuru | 2005.09.22 at 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/6055298

Listed below are links to weblogs that reference 「理想の女(ひと)」スカーレットのくちびる!:

» 理想の女 ~A good woman [毎週水曜日にMOVIE!]
チャーリー熱が冷めないまま、先週の土曜日も観にいってしまいました。 そろそろわれに返らないと、ということで銀座シネ・スイッチに行ってきました。 また平均年齢50歳。ここは、レディースデイが異色の金曜日。しょうがないので前売りをあわててかって間に合いました。すごい行列。おば様がた、おじ様がたに大人気のようです。 スカーレット・ヨハンソンが、私の中で今年ニコール・キッドマンと並んでActress of 2005になりそうなので、ぜひ観ておきたかったのです。(今年は3本づつ観ました。二人... [Read More]

Tracked on 2005.09.21 at 11:41 PM

» 理想の女 [::Teralinの覚え書き::]
“魅了的な人には2種類ある。全てを知り尽くした人と、何も知らない人とだ。” 原作はオスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」 スカーレット・ヨハンソンの純粋無垢な若妻に対して、ヘレン・ハントの全てを知り尽くした悪魔的な女。アーリン(=へレン・ハント)とウインザー卿の密会の意味を完璧に勘違いしてみていましたが、なるほどそういうことかと思わせる展開に飽きることなくラストまで。 そしてストーリーもさることながら私が目を奪われっぱなしだったのは、イタリアの絵のように美しい風景、彼女たち... [Read More]

Tracked on 2005.09.22 at 12:21 AM

» 『理想の女』 [ラムの大通り]
------これまた時代色豊かな映画だね。 原作がオスカー・ワイルドなんだって? 彼って確か「唯美主義者」と言われてるよね。 「うん。彼のセリフに 『私は生きた時代の芸術と文化において象徴的な存在だった』 と言うのがある」 ------かっこいいニャあ。 「実際にオスカー・ワイルドが活躍したのは19世紀後半。 原作の『ウィンダミア卿夫人の扇』も 19世紀末のロンドン、二つの客間を舞台に書かれている。 ところが映画ではそれを... [Read More]

Tracked on 2005.09.22 at 12:44 AM

» 「理想の女」 [てんびんthe LIFE]
「理想の女」 ヤマハホールで鑑賞 イギリス映画。チラシのキャッチコピー『いい女は2種類しかいない。すべてを知り尽くした女と何も知らない女』最近の映画のキャッチコピーはそのコピーに踊らされて期待しすぎちゃうことがあるんだけど、これはまさにずばり!はまっていました。イギリスの文豪オスカー・ワイルドの傑作戯曲『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇』の映画化。と言われたって戯曲も小説も読んだことが無いので先入観なく初めからすっぽりその世界に入っていけました。スカーレット・ヨハンソンは無垢な若妻を好演。その若... [Read More]

Tracked on 2005.09.22 at 07:38 PM

» 「理想の女」@スペースFS汐留 [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今日の映画は今月見る予定の映画の中でも5本指に入るくらい見たかった映画「理想の女」。今月はGTFがあることもあり、いつもの月の1.5倍から2倍の数の試写会予定あり。今決定してるだけでも2週間で12作品の予定。見るのはいいけど、ブログ更新が追いつくのか?!それが心配だ… {/hiyo_cry1/}STORY 日本語オフィシャルサイト 「いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と、何も知らない女。」 ニュー... [Read More]

Tracked on 2005.09.23 at 03:39 PM

» 『理想の女(ひと)』レビュー [西欧かぶれのエンタメ日記]
渡欧する前から、もっと言えばチラシを手に取った瞬間からずっと観たくて、帰りの飛行機でも、どうか劇場公開が終わっていませんようにと祈っていた、『理想の女(ひと)』を、ようやく銀座で観た。 主演は、演技派と言われるスカーレット・ヨハンソンとヘレン・ハント、舞台は30年代イタリアはアマルフィ、そして原作がワイルドの『ウィンダミア卿夫人の扇』ともなれば、楽しみでないはずがない。 「何も知らない女」スカーレット・ヨハンソンが、私生活では相当ハデな恋愛模様のようだけれども、本作では貞淑なウィンダミア... [Read More]

Tracked on 2005.10.05 at 01:56 AM

» 『理想の女(ひと)』レビュー [西欧かぶれのエンタメ日記]
渡欧する前から、もっと言えばチラシを手に取った瞬間からずっと観たくて、帰りの飛行機でも、どうか劇場公開が終わっていませんようにと祈っていた、『理想の女(ひと)』を、ようやく銀座で観た。 主演は、演技派と言われるスカーレット・ヨハンソンとヘレン・ハント、舞台は30年代イタリアはアマルフィ、そして原作がワイルドの『ウィンダミア卿夫人の扇』ともなれば、楽しみでないはずがない。 「何も知らない女」スカーレット・ヨハンソンが、私生活では相当ハデな恋愛模様のようだけれども、本作では貞淑なウィンダミア... [Read More]

Tracked on 2005.10.05 at 01:57 AM

» 理想の女(ひと) [東京スロー日記]
久しぶりにブログを更新する。すっかりご無沙汰してしまったが、別にネタがなかったか [Read More]

Tracked on 2005.10.13 at 10:45 PM

» 理想の女(ひと) [利用価値のない日々の雑学]
この「女=ひと」って、「函館の女」とか「長崎の女」とかの「人」がどうもダブってしまって(複雑な世代だなぁ~)、だからなんでこんな邦題を付けたのかって、映画には大変興味があつたのに、タイトルでかなり引いてしまっていたのも事実。細かいことだが、「理想のひと」で良かったと思う。日本の興行会社が「女」拘った節は、確かに全編を見渡せば分からないではないが、ではでは「ひと」と読ませる、ルビをいれる必要なんかなかったのだと思う。くだらないことかもしれないが、良い作品には、良いタイトルをつけて欲しいものだ。 ... [Read More]

Tracked on 2005.10.14 at 05:27 PM

» 映画: 理想の女(ひと) [Pocket Warmer]
邦題:理想の女(ひと) 原題:A Good Woman 原作:「ウィンダミア卿夫 [Read More]

Tracked on 2005.10.16 at 02:33 AM

» 理想の女(ひと) [toe@cinematiclife]
これすごく観たかったんだけど、なかなか機会が無くて、終映間近になってようやく観れた。 観てよかったよ~♪ すごくいい映画だったぁ~。 <STORY> 1930年イタリアの高級別荘地アマルフィ。 メグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート・ウィンダミア(マーク・アンバース)は、地元の社交界でも注目を集める若き美男美女夫婦だ。 二人がアマルフィで暮らし始めて数日後、ロバートにスキャンダルが持ち上がる。... [Read More]

Tracked on 2005.11.10 at 10:18 AM

» 理想の人 [空想俳人日記]
善悪を 超えたところに 理想アリ   お話を全く知らずに観に行きました。ひとえに、スカーレット・ヨハンソンが出ていると言うだけで。  思えば、フェルメールの絵に魅せられるように「真珠の耳飾りの少女」でドキッとときめき、「ロスト・イン・トランスレーション」の... [Read More]

Tracked on 2005.11.19 at 11:35 AM

» 「理想の女」観賞 [Cafeアリス]
理想の女観賞しました。 土曜日のお昼に、神戸シネリーブルで観たのですが、 先に「SAYURI」の感想を、書いてたんですよね~。 この作品は、関東はもっと早く上映されてたので、けっこう 感想も読んだのですが、意外でした。 あらすじとか、映画のサブタイト...... [Read More]

Tracked on 2005.12.14 at 01:31 AM

» FUN×3 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
「未だ見ぬ姿は鏡の先に」 [Read More]

Tracked on 2005.12.21 at 11:24 PM

» 映画のご紹介(78) 理想の女(ひと) [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(78) 理想の女(ひと) ヘレン・ハントは A Good Woman (理想の女) だった。 今年9月に公開された映画。 jamsession123goの住む町でようやく公開されたので、観てきた。 主...... [Read More]

Tracked on 2005.12.30 at 03:55 PM

« 「SAYURI」渡辺謙が野球解説! | Main | 「キャプテン・ウルフ」ヴィンちゃん顔面チラシにゲッ! »