« 「チャーリーとチョコレート工場」ディープ・ロイって誰だ! | Main | 「シンデレラマン」この予告の曲! »

2005.09.14

「ALWAYS 三丁目の夕日」予告でジ~ン!

 「ALWAYS 三丁目の夕日」(東宝)は、昭和30年代の下町風情を描いたコミックを実写映画化!建設中の東京タワーがシンボルとして登場する、レトロムードたっぷりのVFX作品です!!

今も連載していますが、この漫画、好きですねぇ。
散髪屋などで手にとっては、懐かしい描写にドップリはまってます。
私にとってはちょっと古すぎる時代なんだけど、昭和40年代前半にも同じ空気が残ってましたから。

ちょっと長めの予告編が映画館でぼちぼち始まりました。
予告だけですが、昭和30年代の空気・質感がうま~く出ています。
もうあの画面だけで、あったか~いぬくもりを感じましたね。
作りかけの東京タワーの映像が抜群です!
モスラに倒されちゃった状態みたいですよ。

主演が吉岡秀隆さん。
これはもう泣かせ技のキャスティングでしょ。
ストーリーがよくわからないのに、こっちは予告だけでジ~ンとしちゃいましたよ。
(涙腺弱すぎです。)
独特のかすれ声で、切々と何かを訴えるようなあのセリフまわし!
これまでも、どれだけしたことか!!

監督は、「ジュブナイル」(00)「リターナー」(02)でVFXを駆使した現代感覚のストーリーながら、情感あふれる部分もしっかり描いて感動させてくれた山崎 貴です。
ますます期待しちゃいますねぇ。

懐かしい!をいっぱい見つけたい作品です。
公開は11月5日です。
全国主要上映館はこちら

   【再生ボタン】を「クリック」すると「動画版」スタートです!

|

« 「チャーリーとチョコレート工場」ディープ・ロイって誰だ! | Main | 「シンデレラマン」この予告の曲! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/5940600

Listed below are links to weblogs that reference 「ALWAYS 三丁目の夕日」予告でジ~ン!:

» ももこん☆ [ももこんの一生懸命頑張るぞ☆]
色々見て回ってる最中だよ♪ [Read More]

Tracked on 2005.09.14 at 05:01 PM

» 昭和33年の東京へタイムスリップ「ALWAYS 三丁目の夕日」 [四十路オンナの関心ゴト]
昭和33年といえば、四十路オンナが誕生した頃に近い年代ですね。自分が生まれた頃の... [Read More]

Tracked on 2005.09.17 at 03:40 PM

» 昭和33年の東京へタイムスリップ「ALWAYS 三丁目の夕日」 [四十路オンナの関心ゴト]
昭和33年といえば、四十路オンナが誕生した頃に近い年代ですね。自分が生まれた頃の... [Read More]

Tracked on 2005.09.17 at 03:43 PM

» 『ALWAYS 三丁目の夕日』 [今日も映画、明日も映画♪]
     今日は朝から姉と2人で、『ALWAYS 三丁目の夕日 』の試写会へ。 STORY 昭和33年。この年着工された東京タワーは、人々の夢と希望の象徴となり、着々と天に向かって伸び続ける。この年の夕日町三丁目では個性豊かな住民達が暮らしていた。そんなある日、短気... [Read More]

Tracked on 2005.09.23 at 11:48 PM

» ALWAYS三丁目の夕日(これから) [cococo]
これも原作がマンガ、といっても西岸良平。ああ、いいな。ほんわかしそうだな。懐かし [Read More]

Tracked on 2005.09.30 at 12:51 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [欧風]
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。 以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな~。もっと余裕を持って準備をしたいんだけど。まあ、「愛するサッカーチームと試写会の日程は変えられない」と昔の偉い人も言っていたから、しょうがないか。タダで観てるんだから贅沢は言えないしね~。前観たのはこれ。全くもって期待してないばかりか、何も知らずに行った割にはものすごい感動し... [Read More]

Tracked on 2005.10.19 at 06:01 AM

» もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」 [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫画評論家でもあるので、これは外せない。子供の頃から、星の数ほど漫画を読み...... [Read More]

Tracked on 2005.10.31 at 06:06 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Saturday In The Park]
日本 133分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。 この時代...... [Read More]

Tracked on 2005.11.06 at 12:52 AM

» 映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...... [Read More]

Tracked on 2005.11.10 at 12:10 AM

» [ ALWAYS 三丁目の夕日 ]須賀くんと小清水くん。子役が光っていた [アロハ坊主の日がな一日]
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。 「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃん と読めたのか。ひらがなでよかったのでは。 でも、よかった。またまた感動してしまった。 昭和33年。東京タワーが建った年。 東京の夕日町三丁目には、個性的な人々が暮らしていた。 映像から察するに芝界隈だろう。 駄菓子屋の店主をしつつ子ども向け冒険小説を書いている 茶川竜之介(吉岡秀隆)。 ひょんなことから引き取り手のない少年(須賀淳之介)を 預かることに。 向か... [Read More]

Tracked on 2005.11.12 at 05:17 PM

» 泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな....... [Read More]

Tracked on 2005.11.16 at 11:23 AM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 平日の夜に、ガラガラの映画館で、たった一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分....... [Read More]

Tracked on 2005.11.19 at 04:13 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [toe@cinematiclife]
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、作家を目指して応募をし続けているが、どれも落選してばかり。 茶川商店の向かいの鈴木オートは、社長の鈴木(堤真一)が、青森か... [Read More]

Tracked on 2005.12.01 at 11:16 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Alice in Wonderland]
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな~って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。 昭和33年の日本を舞台に、家...... [Read More]

Tracked on 2005.12.02 at 02:31 PM

» ALWAYS三丁目の夕日~子供のこと心配しない親なんていないのよ~ [いつか誰かと交換日記!?]
気分よく鉄板焼き屋を出てのんびりフラフラ たどり着いた先は六本木ヒルズ 東京タワーが綺麗ですよ 東京タワー?…と言えば そうだ!観ちゃいますかー「ALWAYS~三丁目の夕日」 評判いいし、気分いいし、 たまに寄った時に観る映画もオツだろうしぃ、、、 ♪ 学校ないしぃ~家庭もないしぃ~ 嫌じゃないしぃ~かっこつかないしぃ~♪ 韻を踏んでたら懐かしい電気グルーブの曲が頭を駆け巡り いざ映画館へ! 20時50分開始だったけど、結構人が入ってました 皆、会社帰りに観てるんだね... [Read More]

Tracked on 2005.12.15 at 12:42 PM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド]
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にやってきたときの喜びようすごかったなぁ 町中総出だもんなぁ テレビを初めてつけた瞬間皆と一緒に自分まで夢中になってし�... [Read More]

Tracked on 2005.12.30 at 05:40 PM

« 「チャーリーとチョコレート工場」ディープ・ロイって誰だ! | Main | 「シンデレラマン」この予告の曲! »