« 「頭文字D」鳥肌がドリフトしたよ! | Main | 「南極日誌」この恐さはなんだ! »

2005.07.31

「星になった少年」オチまでわかるタイトル、でもイイ!

 「星になった少年」(東宝)は、象使いになることを夢見た少年の、感動の実話「誰も知らない」柳楽優弥君の演技も楽しめますが、坂本龍一の音楽が透きとおるような美しさです!!

タイトルからしてオチはわかっているような作品ですし、予告を見ただけでストーリーのアウトラインもわかります。
それでもせずにはいられないって、どういうことなんでしょうか?

そもそも柳楽くんの演技って、かなり無表情でその主人公の本心がわからないんです。(そこがいいんですよね)
ところが!
周辺のサブキャラたちが、彼の思いをくみとって観客に伝えてくれるようなセリフや行動をおこす。
これにやられちゃうんです。
日本語が通じない、タイの象使い学校の友人や先生をはじめ、ガールフレンドや家族など、周辺キャラたちの思いやりに泣けてしまうわけです。

その最大インパクトがですよ!!
それでなくても悲しそう~な目をしていますから。
主人公が象の声を心で聞くシーンなんて、少しSFじみているものの、なんだか納得できちゃう。
そんなことは無理だ、と思ってしまうと、もうそこで冷めてしまうだろうなぁ。

孤独な少年動物、という泣かせ技の横綱を惜しみなく投じたこの作品。
親子そろって、絵本を楽しむようにみてほしい作品です。

|

« 「頭文字D」鳥肌がドリフトしたよ! | Main | 「南極日誌」この恐さはなんだ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/5250619

Listed below are links to weblogs that reference 「星になった少年」オチまでわかるタイトル、でもイイ!:

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう... [Read More]

Tracked on 2005.08.01 at 08:54 AM

« 「頭文字D」鳥肌がドリフトしたよ! | Main | 「南極日誌」この恐さはなんだ! »