« 「ダニー・ザ・ドッグ」ジェット・リーの最高傑作! | Main | 「マラソン」母は強いわ! »

2005.07.09

「HINOKIO ヒノキオ」やっぱり泣いちゃいました!

 「HINOKIO ヒノキオ」(松竹)は、閉ざされた少年・少女の心がロボットを通じて癒されていく、ピュアなラブストーリー!今年一番の豪涙作品でした。

予告を見ただけで、いつもジ~ンと来ていましたから、見ている間はほとんど泣きっぱなしでしたよ。
少年少女の出会いと別れ、そして心の成長とほのかな恋心を、とてもさわやかに見せてくれます。

ヒノキオは引きこもりの少年が遠隔捜査するロボットなのですが、無表情のはずなのに、だんだんと表情を感じてきます。
これが不思議なんです。
映画史に残るロボットは皆そうですね。
ターミネーター、R2-D2やC3-PO、古くは「禁断の惑星」(56)のロビー、最近では「アンドリューNDR114」(00)のアンドリューなど。

今の日本を舞台にしながら、ロボットが生活に同居している世界を、違和感なく見せてくれるという表現力、リアリティーもスゴイですよ。

「自分の好きな人を大切にしたい!もっと知りたい!」
「本当の君に会いたい!」
そんなストレートな想いがとても新鮮に、さわやかに伝わってくる、日本映画の新たな傑作です!!
「小さな恋のメロディ」(71)を下敷きにしている数々のシーンも、私には嬉しい限りでした。

原案・監督は、「河童」(94)「ACRI」(96)でVFXを担当してきた秋山貴彦
劇場公開作品としては、今回が第1回監督作だとか。
次回作が楽しみです。

|

« 「ダニー・ザ・ドッグ」ジェット・リーの最高傑作! | Main | 「マラソン」母は強いわ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/4893554

Listed below are links to weblogs that reference 「HINOKIO ヒノキオ」やっぱり泣いちゃいました!:

» 「HINOKIO」試写会にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
昨日、ファボーレ東宝で行われた7月9日公開『HINOKIO』の試写会に行ってきました。 今回の試写会のスポンサーはヤクルト・タフマン。どういう繋がりでスポンサーになったのかよく分かりません。入場時にタフマン1本もらえました。 『岩本サトル(本郷奏多)』は一年前交通事故により母親『サユリ(原田美枝子)』を亡くしてしまった。そのショックから『サトル』はリハビリを拒否し、車椅子のまま自宅に引きこもる。そんな『サトル』に父親の『薫(中村雅俊)�... [Read More]

Tracked on 2005.07.10 at 10:06 AM

« 「ダニー・ザ・ドッグ」ジェット・リーの最高傑作! | Main | 「マラソン」母は強いわ! »