« 「天井桟敷の人々」戦時下に生まれた純愛映画の名作! | Main | 「THE JUON/呪怨」目をそらして見てました! »

2005.01.10

「ネバーランド」今回はどんなピーター・パン?

 「ネバーランド」(東芝エンタ)は、作家と少年の、心の交流を描いた優しい作品!
生きる道しるべを見つけ出す心の旅のなかで、名作「ピーター・パン」が誕生していきます!

戯曲「ピーター・パン」、ロンドンでの初演は1904年だそうです。
それから100年が経ち、アニメ版「ピーター・パン2」(02)や実写版「ピーター・パン」(04)など、関連作品の公開が続いています。
ちなみに初の映画化はなんと!1924年です。
(どんなピーターパンだったのだろう)

私のような40歳前後の世代にとって、「ピーター・パン」といえば、やはりディズニーアニメです。
(か、榊原郁恵さんの舞台版ですな)
ところが!
意外にこのアニメ映画を見ている人は少ないんです。
初公開は1955年で、テレビ放映も最近までなく、もちろんビデオなどありませんでした。

では、なぜ強烈な印象があるのか。
アニメ映画をもとにした、ディズニー絵本紙芝居の記憶が強烈なのです。
兄弟たちが両手を広げてロンドンの夜空を飛ぶ場面、口を開けたワニの上でフック船長が両足を広げる場面、などなど・・・。
名場面の数々を挿絵で見ているはずが、記憶はまるで動画になっています。
まさにイマジネーションの世界ですね。
紙芝居に付いていた、ソノシート(ピニール製のペラペラのレコード)のおかげかもしれません。

今回はこのイマジネーションにあふれた物語の、誕生秘話を描く物語。
「ピーター・パン」の生みの親である劇作家ジェームズ・バリを、ジョニー・デップが演じます!!
そしてそして、もちろん今回もピーター・パンが登場しますよ!
演じるのは「トレインスポッティング」(96)に出ていたケリー・マクドナルドです。

各映画賞にもノミネートされている「ネバーランド」、公開は1月15日です。
全国上映館&上映時間はこちら。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

|

« 「天井桟敷の人々」戦時下に生まれた純愛映画の名作! | Main | 「THE JUON/呪怨」目をそらして見てました! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/2533720

Listed below are links to weblogs that reference 「ネバーランド」今回はどんなピーター・パン?:

« 「天井桟敷の人々」戦時下に生まれた純愛映画の名作! | Main | 「THE JUON/呪怨」目をそらして見てました! »