« 「誰にでも秘密がある」ビョン様もスゴイ! | Main | 「カンフーハッスル」なんと元旦公開! »

2004.12.05

「オールド・ボーイ」タラちゃん好みの、えげつなさ!

 「オールド・ボーイ」(東芝エンタ)は、15年間監禁された男が復讐に燃える、衝撃のサスペンス!今年度カンヌ映画祭で、なんとグランプリを獲得してしまった問題作です!

今年、カンヌ映画祭の審査委員長はクエンティン・タランティーノでした。
カンヌの賞は、審査委員長の好みがかなり反映すると言われますが、「オールド・ボーイ」はまさにタラちゃん好みえげつない描写満載です!!

ある男が突然15年監禁され、その謎を解きつつ復讐に燃えるというストーリー。

冒頭、ぶよぶよ腹の泥酔おやじが突如監禁されるわけですが、その後の15年を描く10分ほどの展開が、快感を覚えるほどスリリングでした。
室内はテレビとトイレだけ。南北首脳会談9.11テロなど、歴史的社会現象のTV映像が流れるなか、ぶよぶよおやじが体を鍛え上げ、狂気の復讐鬼へと化していきます!
このあたり、なんとなく「キル・ビル」(03)のブライドが復讐に燃えていく姿とダブってしまいましたね。

監禁から突如解放された男が、15年間食べ続けた餃子の味を手がかりに動きだす、小ワザのきいた面白さ!
金づちを片手に握り締め、「テキサス・チェーンソー」(04)のレザーフェイス男のごとく、狂ったように振りまわす恐さ!

歯を引っこ抜く拷問や、舌をハサミでちょん切るなど(ヒィ~~~!)、もう目を背けざるをえない場面まで登場し、悪趣味のタラちゃんが両手をたたいて喜ぶ姿が目に浮かびましたよ。

情け容赦ない復讐鬼を演じた、主演チェ・ミンシクの鬼気迫る演技が素晴らしい!!
なんともいえない、押さえつけられるような衝撃作でした!!

|

« 「誰にでも秘密がある」ビョン様もスゴイ! | Main | 「カンフーハッスル」なんと元旦公開! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/2164210

Listed below are links to weblogs that reference 「オールド・ボーイ」タラちゃん好みの、えげつなさ!:

» 「オールド・ボーイ」を観る [散歩日和]
カンヌで審査委員長のタランティーノに絶賛され、グランプリを得た作品で話題の「オールド・ボーイ」を観ました、あ、あと井筒監督も絶賛というか星三つやったね。原作が「... [Read More]

Tracked on 2004.12.06 at 09:29 PM

» オールド・ボーイ [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価  今、話題の”オールド・ボーイ”先月、試写会で見て来ました タラちゃん(タランティーノ)が、絶賛するのも頷ける スピード感の... [Read More]

Tracked on 2004.12.07 at 11:40 PM

» そんなことで復讐?!←オールドボーイをレビュります [よく考えるぎょるいのひとver.3.03]
オールド・ボーイ 観てきました。61点。テレビ朝日「虎の門」で先週井筒監督がすごいオススメしていたが,まったく満足できず。まったく,てのは言い過ぎで,設定は奇... [Read More]

Tracked on 2004.12.08 at 01:08 AM

« 「誰にでも秘密がある」ビョン様もスゴイ! | Main | 「カンフーハッスル」なんと元旦公開! »