« 「砂と霧の家」誰かジェニファーを助けて! | Main | 「ターミナル」ストーリー原案はこの人! »

2004.11.14

「コニー&カーラ」“雨に唄えば”の彼女も登場!

 「コニー&カーラ」(UIP)は、全編がミュージカルのスタンダード・ナンバーで飾られ、元気のDNAを活性化してくれる作品!ミュージカル・ファンは見逃せません!!

売れない女性ダンサー二人組みが、ゲイバーでオカマのフリして舞台に立ったところ、拍手喝采を浴びてしまうということから二転三転するストーリー。
ゲイバーのショー・ビジネスで精一杯に生きるオカマちゃんたちの姿がたくましく、その家族を描く美しいサイド・ストーリーには、不覚にもしてしまいました。
もう憎めないオカマちゃんばかりですよ!

とにかくオープニングから次々登場するスタンダード・ナンバーで、一気に嬉しくなってしまいましたね。
「オクラホマ」「ジーザス・クライスト・スーパースター」「キャバレー」「キャッツ」「南太平洋」など・・・。
さらにはゲイバーなればこその、「ロッキー・ホラー・ショー」までチラリと顔を覗かせます。
あぁ・・、まるで名曲アルバムのよう!!

この映画を見るなら、知っておきたいのはデビー・レイノルズのことです。
ミュージカル映画の名作「雨に唄えば」(52)で、かわいらしいヒロインを演じた女性です。(写真はこちら
今の日本ではもうあまり知られていませんが、ミュージカルの地位が高いアメリカでは、今も神様のような存在だということが、この作品からわかります。
コニーとカーラの憧れのスターとしてドラマ後半に本人役で登場し、もちろん歌も少しだけ聞かせてくれます。

デビー・レイノルズは、映画グッズコレクターとしても知られています。マリリン・モンロー「七年目の浮気」(55)で着用していたドレス(地下鉄の風でスカート部分が吹きあがる超有名シーンのもの)もオークションでゲットしておられます。
一度でいいから、そのコレクションの数々を拝ませてほしい!!!

女性二人が主人公のミュージカル映画といえば、最近では「シカゴ」(03)を思い出しますが、私は「コニー&カーラ」のほうが楽しめました。
“人生はたった一度。どうせなら幸せな人生にしたい”というセリフで始まり、楽しく生きるコツを教えてくれる、天真爛漫な作品です!!

現在公開中!
公開規模が小さいのは残念です。

|

« 「砂と霧の家」誰かジェニファーを助けて! | Main | 「ターミナル」ストーリー原案はこの人! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/1954534

Listed below are links to weblogs that reference 「コニー&カーラ」“雨に唄えば”の彼女も登場!:

» 『コニー&カーラ』(マイケル・レンベック/ニア・ヴァルダロス) [0 1/2 ]
connie&carla 『コニー&カーラ』(マイケル・レンベック [Read More]

Tracked on 2004.11.22 at 11:11 AM

« 「砂と霧の家」誰かジェニファーを助けて! | Main | 「ターミナル」ストーリー原案はこの人! »