« 「コラテラル」トムの新境地は意外に傑作! | Main | 「砂と霧の家」誰かジェニファーを助けて! »

2004.11.10

「コニー&カーラ」彼女の顔が覚えれない!

 「コニー&カーラ」(UIP)は、どんなことをしてもを追い続ける、二人の女性の物語!ミュージカル・スターを目指す二人が選んだ手段は、“女装をする男性のフリ”をすること!!
予告編はこちらから)

主演コニーを演じるのは、ギリシャ式結婚をテーマにしたロマンチック・コメデイ「マイ・ビッグ・ファット・ウエデイング」(03)のニア・ヴァルダロス。「マイ・ビッグ・ファット~」ではアカデミー脚本賞にもノミネートされた才能の持ち主で、今回も脚本を担当しています。

もうひとりの主人公カーラを、トニ・コレットが演じます。
この女優の顔が覚えれなくて困っています。
出演リストを見ると、ほとんどの作品を見ているのですが・・・。
顔を思い出すのは、オスメント君の母親を演じた「シックス・センス」(99)と、ヒュー・グラントと共演した「アバウト・ア・ボーイ」(02)くらいです。
いつまでたっても特徴が掴めません!
それだけ彼女が作品ごとの役柄を巧みに表現している、ということですね。

ミュージカル・ソングが多々登場するのも、この作品の楽しみです。
「メイム」(74)「キャバレー」(72)など・・・。
70年代ミュージカル映画をほぼリアルタイムで体験してきた私には、懐かしき曲ばかりです。
主演二人が吹替えなしで歌うというのだから驚きます。
公式ホームページで、サウンドトラックの一部を聞けますよ)

ミュージカル・ファンなら見逃したくない、元気が出そうな作品です。
11月13日公開!

|

« 「コラテラル」トムの新境地は意外に傑作! | Main | 「砂と霧の家」誰かジェニファーを助けて! »

Comments

初めまして♪
TBさせていただきました。

私もこの映画、楽しめました~。
あのミュージカル廻りをしていたギャングがとっても羨ましかったです(笑)

Posted by: @Kei | 2004.11.18 at 04:01 PM

@KEIさん、TB&コメントありがとうございます。
そうそう、あの「メイム」野郎は最高でした!
脇役のうまい使いかたですよね。「メイム」のミュージカルは、高齢の人達が楽しむものだということを、始めて知りました。

Posted by: 古山喜章 | 2004.11.18 at 10:11 PM

初めまして。
この映画とっても面白かったです。
ニア・ヴァルダロスの才能の底力を感じました。
笑って笑って、なんだか幸せな気分になれるそんな映画でした。
TBさせてもらいました。

Posted by: ともっち | 2004.11.27 at 08:48 PM

ともっちさん、TB&コメントありがとうございます。
本当に、小規模公開がもったいない作品ですが、大きな劇場での集客も難しいでしょうね。
ひと昔前なら、このタイプの作品は名画座で繰り返し上映され、映画ファンに永~く愛される作品になったことだろうと思います。
笑えて、楽しめて、感動できて、心と体を活性化させてくれる素晴らしい作品でした!!
大阪では梅田で1館公開なのに、2週目から1日1回上映になっていたのには驚きましたよ。

Posted by: 古山喜章 | 2004.11.27 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/1924795

Listed below are links to weblogs that reference 「コニー&カーラ」彼女の顔が覚えれない!:

» 「コニー&カーラ」“雨に唄えば”の彼女も登場! [新作映画ピンポイント情報]
 「コニー&カーラ」(UIP)は、全編がミュージカルのスタンダード・ナンバーで飾られ、元気のDNAを活性化してくれる作品 [Read More]

Tracked on 2004.11.14 at 12:27 AM

» 『CONNIE AND CARLA』 [The Blue Knowhere]
『CONNIE AND CARLA』観て参りました~。 プレビューを観て、絶対観に行こうっって決めていた映画だったんだけど、近隣で上映しているのが、銀座か千葉... [Read More]

Tracked on 2004.11.18 at 03:59 PM

» コニー&カーラ Connie & Carla [ネコと映画と私]
この間の水曜日に梅田のナビオTOHOプレックスにて観て来ました。 レディースディで午前中の上映だったからか、意外と年齢層の高い(40代、50代くらい?)女性の... [Read More]

Tracked on 2004.11.27 at 08:46 PM

« 「コラテラル」トムの新境地は意外に傑作! | Main | 「砂と霧の家」誰かジェニファーを助けて! »