« 「スウィング・ガールズ」わざとらしさの妙です! | Main | 「2046」女優で楽しもう! »

2004.10.23

「笑の大学」三谷ワールドを堪能しよう!

 「笑の大学」(東宝)は、日本が戦争へ突入する時代、国民の娯楽が規制を受けていたころの物語。笑いを取り締まる検閲官と、笑いに全てを賭ける男の闘いが、なぜか傑作喜劇の台本男の友情を生み出していきます!!
三谷幸喜が脚本、監督はTV「古畑任三郎」星 護、主役の二人を演じるのは役所広司稲垣吾郎、という強力スタッフ&キャストです!!!

 もとは三谷幸喜脚本・演出による、1996年初演で多くの演劇賞を受賞した傑作舞台劇です。二人の出演者による密室劇なので、映画化は不可能といわれていました。

映画化に際してのポイントは、二人の登場人物のどちら側の目線に絞るか、だったとか。
結局、役所広司演じる、笑ったことのない検閲官側の視線を意識した画面づくりに配慮されたそうです。笑いの天才作家に出会った、笑いに無縁の男が、少しずつ変化していくというスタンスですね。
これはかなり細かい配慮ですが、映画を見る時はぜひチェックしてみたいポイントです!

舞台まで追っかけて見るほどの三谷ファンではありませんが、「ラヂオの時間」(97)「みんなのいえ」(01)など、三谷映画は私の大好きな作品ばかり。
あるシチュエーションのなかで、何人かが集まって意見をぶつけ合いながら問題解決していく、というパータンが多いです。
が、いずれも登場人物が真面目に熱くなるほど面白くなる、という妙なところが三谷コメディの快感です!!

今回の主な登場人物はたった二人
この二人の攻防が、一冊の喜劇台本を作り上げていきます!!
“お国のために、お肉のために”など、戦時下ならではのギャグも笑えます!
ここはひとつ、三谷ワールドを堪能してみましょう!
数少ない、おおいに笑える日本映画の傑作かもしれません。

公式ホームページで、インタビュー記事や三谷さんによる解説ムービーが見れます。
「笑の大学」ブログもごらんください。

公開は10月30日です。
全国上映館&上映時間はこちら。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

|

« 「スウィング・ガールズ」わざとらしさの妙です! | Main | 「2046」女優で楽しもう! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/1756545

Listed below are links to weblogs that reference 「笑の大学」三谷ワールドを堪能しよう!:

» 笑の大学 ★★★★☆ [★映画館アルバイター風呂敷研究中★]
本日公開笑の大学、早速朝の回から見てきました! なんでって? 予告見てめっちゃ楽しみにしとったからです! たまたまバイトも休みだったしね♪ そんな訳... [Read More]

Tracked on 2004.10.30 at 02:51 PM

» 笑の大学 [龍の目]
10月30日(土)全国東宝洋画系で封切られる 映画「笑の大学(わらいのだいがく)」 (原作と脚本:三谷幸喜、監督:星譲)は、 三谷幸喜(みたに・こうき)原... [Read More]

Tracked on 2004.10.30 at 08:51 PM

» 新選組!の三谷幸喜、また映画脚本 [Wiki画王]
笑いの大学、どこが笑えるのか見てみたいものだ。 どうやって笑いの芸術を生み出すか楽しみだ。 三谷ワールドがどこまで芸術となるのだろうか しかし、実際は見に行か... [Read More]

Tracked on 2004.11.05 at 05:47 PM

» 「笑の大学」コメディへの敬意に感動! [新作映画ピンポイント情報]
 「笑の大学」(東宝)は、一冊の喜劇台本をめぐる、作家と検閲官による攻防戦を描く物語!全てを笑いに繋げる男と笑ったことが [Read More]

Tracked on 2004.11.26 at 11:02 PM

« 「スウィング・ガールズ」わざとらしさの妙です! | Main | 「2046」女優で楽しもう! »