« スーパーマンが死んだ! | Main | 「スクービー・ドゥー2」えっ!こんな人が! »

2004.10.13

「山猫」久しぶりのヴィスコンティ!

 「山猫」【イタリア語・完全復元版】(クレスト)は、イタリア・シチリアの貴族社会を舞台に、その滅びゆく美学を豪華絢爛に描いた映画史上の名作!今は亡きイタリアの巨匠、ルキノ・ヴィスコンティ監督の超傑作です!!

 ヴィスコンティ監督といえば、「ベニスに死す」(71)「家族の肖像」(78)など、まぁ映画史に残る数々の作品を残しています。本物の貴族出身なだけに、作風そのものが、すっごくゴージャスでセレブな感じです。その完璧主義ぶりは、スタンリー・キューブリック監督に通ずるものがありますね。
とはいえ、私にとっては難解な作品も多々あり、「ベニスに死す」など、何度見てもスイ~ッと眠りに陥ってしまいます。

そんななか、何故か大好きなのが「山猫」(1963)なのです。はっきりいって、ストーリー歴史的背景はあまりよく理解できていません。
なのに、見るほどに心地よさを感じます。
それはたぶん、スターの魅力と音楽の魅力です。

アラン・ドロンパート・ランカスタークラウディア・カルディナーレの主役三人が、最高といってもいいほど輝いています。
それと音楽です!3時間強の作品ですが、最後の1時間は舞踏会シーンが延々と続きます。
このシーンは凄い!!まさに本物です!!!
ワルツ音楽が素晴らしく、踊りつづける貴族たちの姿についつい見とれてしまうわけですな。

1981年にリバイバルされたとき、名画座へ何度も足を運びました。
今回公開されるのは、その1981年リバイバル版のフィルム発色を、さらに良い状態にしたものとか。(そういえば、ときどき少しもやがかかったようなフィルムだったと記憶しています)

「山猫」は、映画ファンならぜひ一度は見て欲しい、巨匠の傑作です!!
10月23日から、随時公開されます。
スケジュールはこちら。(下の方へスクロールしてください)

|

« スーパーマンが死んだ! | Main | 「スクービー・ドゥー2」えっ!こんな人が! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/1672730

Listed below are links to weblogs that reference 「山猫」久しぶりのヴィスコンティ!:

« スーパーマンが死んだ! | Main | 「スクービー・ドゥー2」えっ!こんな人が! »