« 「モンスター」彼女を忘れないで! | Main | 「スクービー・ドゥー2」楽しいとはこういうこと! »

2004.09.29

「ガーフィールド」ビル・マーレイで行こう!

 「ガーフィールド」(フォックス)は、皮肉屋で気まぐれ、いたずら大好きながCGキャラとなってスクリーン・デビューする、アドベンチャー・コメディです!1978年、新聞漫画でデビューし、今や全世界でグッズが販売されているカリスマ・キャット、それが“ガーフィールド”です!

記念すべきスクリーン・デビュー作は、10月1日公開です。
全国上映館&上映時間はこちら。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

 だから当然なのですが、性格はナマケモノです。そして吹替えを担当するのは、「ロスト・イン・トランスレーション」(04)で遂にアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた、ビル・マーレイです。コメディアンであり続けながら、シリアス演技もこなす不思議な名優です。日本で広く知られたのは、「ゴーストバスターズ」(84)からですね。(懐かしい!)ズッコケおばけ退治チームのリーダー役が楽しめました。その前作、ダスティン・ホフマンが女装をする「トッツィー」(83)では、コメディ作品なのに全く笑いに絡まない役で出演し、ここらあたりから意外性を発揮し始めました。

私が一番好きなのは、「リトルショップ・オブ・ホラーズ」(87)でチラリと登場するマゾ男役です。歯医者で苦痛を感じることに快感を覚える役(へんちくりんな役でした)でしたね。歯をガリガリされる前に“カモ~ン、カモ~ン!”と叫んでたのが可笑しかった!歯医者役はスティーブ・マーティンが怪演!!

同じタイプのキャリアでも、トム・ハンクスのような貫禄&正義感タイプでなく、ごく自然でありながら軽い感じで毒舌を放つのがビル・マーレイの持ち味です!
皮肉屋の性格なんて、ガーフィールドにピッタリですね!

 日本語吹替え版では、藤井 隆ガーフィールドを演じます!
10月2日(土)には、東京・日比谷みゆき座で藤井さんの舞台挨拶もあります!
時間など詳細は、公式ホームページCAT NEWSをご覧下さい。

|

« 「モンスター」彼女を忘れないで! | Main | 「スクービー・ドゥー2」楽しいとはこういうこと! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/1552985

Listed below are links to weblogs that reference 「ガーフィールド」ビル・マーレイで行こう!:

« 「モンスター」彼女を忘れないで! | Main | 「スクービー・ドゥー2」楽しいとはこういうこと! »