« 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」どのキャラがお好き? | Main | 「ヘルボーイ」気になるあのコ! »

2004.09.26

「フォッグ・オブ・ウォー」戦争へのプロセスを暴露!

 「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元 米国防長官の告白」(ソニーピクチャー)は、本年度アカデミー賞で長編ドキュメンタリー映画賞を獲得した作品!数々の戦争決断に関わった男が今、自らの体験を語り、新世紀へのメッセージを告白します!

 大統領とマクナマラ国防長官の会話を記録した録音テープが随所で流れます。これがスゴイ!それもベトナム戦争キューバ危機など、戦争へと発展していくプロセスに至る会話ですよ。まさに真相暴露みたいなものです。このリアリティに圧倒されました!
大統領ひとりの決断によって、数十万人の命がたった一日で奪われていくという恐ろしさ!しかも、大統領がどんな人間かによって世界情勢が大きく一変していきます。誰をリーダーに選ぶかで、失われる命の数が大きく異なるということです。選ぶことの重要性を改めて感じさせられましたね。

 映画は、マクナマラ元国防長官による、「11の教訓」(その教訓はこちら)という形で進みます。戦争を仕掛けるか、どうするか。大統領が決断するときに、最も重要視されるポジションで意見を述べる。(なかなかできませんよ。)しかも時代はケネディジョンソンといった、アメリカが最も泥沼だった時代です。
“全ての司令官は、過ちを犯す”
これまでの体験から、声を大にして語る彼のこのメッセージが、私には最も強烈なインパクトを残しました。

 「華氏911」(04)は徹底したリサーチによって、外側から戦争を批判しました。「フォッグ・オブ・ウォー」は、過去の戦争を核心という内側から描く事で、我々の生き方に警鐘を鳴らします!
本物の迫力で綴る、とてもパワフルな作品でした。

衝撃的なドキュメンタリー映像の数々に、フィリップ・グラスの力強い音楽が絶え間なく鳴り響き、まるで「ナコイカッツィ」(04)を見ているようでもありましたよ。
上映館&上映時間はこちら。
大阪・関西地区
東京・関東地区

|

« 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」どのキャラがお好き? | Main | 「ヘルボーイ」気になるあのコ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/1527736

Listed below are links to weblogs that reference 「フォッグ・オブ・ウォー」戦争へのプロセスを暴露!:

« 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」どのキャラがお好き? | Main | 「ヘルボーイ」気になるあのコ! »