« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.31

「ヴィレッジ」新感覚ホラー最新作!

  「ヴィレッジ」(ブエナビスタ)は、ある村を舞台に繰り広げられる超感覚ホラー&サスペンス!森に住む謎の住民との共生が崩れたとき、誰もみたことのない恐怖が始まります!!!
(よくわからないけど怖い予告は公式ホームページから)

 監督は「シックス・センス」(99)で霊界を、「サイン」(02)でミステリーサークルを描いたM・ナイト・シャマラン監督です。超科学の分野をうまくドラマに絡めてリアルなホラーを連発する、新感覚の映画監督ですね。私はこの類の不思議現象が大好きなので、新作をいつも楽しみにしています。(一度でいいから幽体離脱してみたい!!)

 この監督、出たがりなのか、いつも自分の作品に登場しますね。それもアルフレッド・ヒッチコック監督のようにチラリとではなく、そこそこセリフのある脇役で出てくるのが面白い!(根が目立ちたがりなんでしょうなぁ。)
しかし今回は限られた村のなかでのストーリーです。一体どのような形で登場するのか!!

出演者がなかなか豪華です。
 「サイン」ホアキン・フェニックス
 「エイリアン」シガニー・ウィーバー
 「戦場のピアニスト」エイドリアン・プロディ
 「蜘蛛女のキス」ウィリアム・ハート
シャマラン監督が俳優たちからも注目されていることがよくわかります!


「ヴィレッジ」は日本人の民族性と深い関わりがあると、来日インタビューで語ったシャマラン監督の最新作!!
(来日監督インタビュー記事はこちらから)
その真相は一体何なのか!!!
公開は9月11です!!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.29

「サンダーバード」結構泣けます!

 「サンダーバード」(UIP)は、国際救助隊の活躍を描いた名作TVシリーズの実写映画化作品!悪役フッドに乗っ取られた秘密基地トレイシー・アイランドを守るのは、三人の少年少女だった!

 メカセット衣装などが楽しい「サンダーバード」ですが、ドラマがそれ以上に素晴らしかった!理解しあえない親子、父ジェフと末っ子の息子アランが、困難を乗り越えて和解していくプロセスを描きます。アランと二人の友人たちが力を合わせて危機を脱出し、友情を深めて互いに成長していくところも後味抜群です。(このあたり、ちょっと「ミクロキッズ」(90)のようなテイストでした)
父と子が信頼を取り戻すシーンなど、思わずウルウルきちゃいましたね!
 国際救助隊の活躍を描くドラマではなく、親子の絆や友情を中心に描いたところに、この作品の気持ち良さを感じます。家族そろって見るとさらに楽しく、すっきり爽やかな気分になれますよ!

 もうひとつ、レディ・ペネロープの活躍を忘れてはいけません!
全てをピンクで統一し、どんなときも気品を大切にするキャラは、いかにも英国セレプ風で魅力的でした。(同じくピンク大好きな「キューティ・ブロンド」エルちゃんに会わせてあげたい!)
お風呂のなかでを伸ばしてタッチパネルを操作する姿なんか、もう抜群です!!私も足を伸ばしてテレビのチャンネルを変えることはありますから、彼女の気持ちはよくわかります。ウンウン。(ちょっと違うか)
ソフィア・マイルズ、これまでで最高の演技だと思います。(写真入り、インタビュー記事はこちら

 国際救助隊サンダーバードの本格的な活躍を描くのは、まだまだこれから!!!
まずは実写版記念すべき一作目をごらんください!!!

「サンダーバード」上映館&上映時間こちらのページからどうぞ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.28

「テイキング・ライブス」アンジェリーナ・ジョリー最新作!

「テイキング・ライブス」(ワーナー)は、アンジェリーナ・ジョリーがサスペンスに挑む最新作!殺した犠牲者になりすます連続殺人犯と、追い詰める捜査官の熱い戦いに、息詰まるサスペンスが展開します!!

 「トゥーム・レイダー」シリーズで知られるアンジェリーナ・ジョリーですが、今回は派手なアクションよりも官能的でしっかりした演技を楽しませてくれそうですね。彼女、結構多岐にわたるジャンルの作品に登場します。ウイノナ・ライダーと共演した「17歳のカルテ」(00)では、アカデミー助演女優賞にも輝いています!
演技派としてキャリアをスタートしたはずだったのです。

 ところが・・・・・・!
その後はベスト演技賞に縁がなく、ワースト映画に贈られるラジー賞の主演女優賞に、2002年から3年連続でノミネートされてます。(ある意味スゴイぞ)
問題の作品は、2002年「トゥーム・レイダー」「ポワゾン」、2003年「ブロンド・ライフ」、2004年「トゥーム・レイダー2」「すべては愛のために」で、出演作5本連続ですよ!!!(まっ、納得のいく5本ですな)
これは快挙じゃないですか!!!!

 今年のジョリーは「テイキング・ライブス」とSF大作「スカイ・キャプテン」が控えており、4年連続ノミネートも夢ではなさそうな臭いが漂います。
ここまできたら、ぜひ受賞してほしい!!!

 とはいえ、これだけの人気を誇るのだから立派です!しかも国連親善大使となって世界平和への活動も開始するなど、ホントえらいよね。あと数年で映画出演はやめるという発言もあったとか。(それはさびしい!)
あの超巨大唇はやっぱり魅力的ですよ。

 イーサン・ホークキーファー・サザーランドなど、地味ながら豪華な共演陣に驚きを隠せない「テイキング・ライブス」は、9月11日公開です!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「バイオハザードⅡ アポカリプス」心臓バックバクの91分!

 「バイオハザードⅡ アポカリプス」(ソニーピクチャー)をついに見ました!
ラクーンシティの地下で戦い続けた衝撃の傑作パートⅠから2年
戦いの舞台が地上に移り、オープニングからラストまで、アクション全開です!!

T-ウィルスに感染したラクーンシティは完全に隔離され、街全体消滅までのカウントダウンがスタート!
街に残されたヒロインたちの運命は!!!といったストーリーです。

しびれるような快感シーンの連続でした!
なかでも映画の冒頭、主人公アリスとともに戦う新たなヒロイン、ジル・バレンタインの登場シーンが超カッコイイ!!
強力助っ人の登場にふさわしい、名シーンですよ!注目してくださいね!

ゲームの映画化とはいえ、そのルーツは数々のアクション&ヒーロー映画です。ウエスタン、SF、ホラーなどなど・・・。その快感のエッセンスを見事に91分間のなかで連打してくれます!(心拍数が臨界点に達しまっせ!)

今回最大の強敵、ネメシスもスゴイ!!
ロケット・ランチャーを連発し、超高速連発銃があらゆるものを破壊します。シュウィーーーーン!という高速回転音とともに連発銃のドラムが回り、閃光のごとく銃が乱射される瞬間は燃えましたねぇ。モンスター・ファンにはたまらんシーンです。

そしてもちろん、アリスネメシス壮絶バトルシーンも!
これはもう何も書きません。とにかく見てください!
ミラ・ジョヴォヴィッチのアクション、スゴすぎます。

T-ウィルス開発の謎やネメシスの秘密に迫り、パートⅢへの布石もぬかりなく描きます!
ゲームを知らない私でもこれだけ楽しめたのだから、知っている人ならそれ以上に楽しめるはず。

公開は9月11日から。
9月4日に先行ロードショーが行なわれます!!

上映館&上映時間はこちらから!
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

| | Comments (0) | TrackBack (5)

2004.08.26

「ヴァン・ヘルシング」ホラー・ファンには涙もの!

 「ヴァン・ヘルシング」(ギャガ)は、モンスター・ハンターがドラキュラ軍団に戦いを挑むホラー・アクション超大作!「ハムナプトラ」スティーヴン・ソマーズ監督が、クラシックモンスターたちを見事に復活させました!!

公開は9月4日ですが、8月28日に先行ロードショーが行なわれます!
先行ロードショーの上映館&上映時間はこちら。
大阪・関西地区
東京・関西地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

 この作品、ユニバーサル映画の製作です。ユニバーサルといえば、ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男など、数々のモンスター・ムービーを生み出した映画会社です。そのモンスターたちをひとつのストーリーに繋げてしまったのが、この「ヴァン・ヘルシング」です!

 冒頭、ユニバーサルのロゴマークがモノクロになります。もうこれだけでワクワクしちゃいましたね。続いて、ホラー映画の名作「フランケンシュタイン」の名場面をそっくりそのまま最新技術で再現したようなシーンとへ展開します!!(ホラー・ファンにとっては涙ものですぞ!)

 全編クラシックホラー映画への思い入れたっぷりに描かれており、モンスターが続々登場します!まったく飽きることがございませんでした!
一気に見せますよ~!!

 ヒュー・ジャックマン演じる主人公、ヴァン・ヘルシングがバチカンでドラキュラ退治の指令を受け、秘密兵器開発室で数々の武器を調達するシーンなどは、まったくもって007です。このシーンもかなり楽しめます。
アクションクラシックホラーをこれほどのスケールで融合させた作品はなかなかございません!!
映画館で見て、DVDで何度も見なおしたい作品です!!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.25

「モナリザ・スマイル」女性映画ファンにおすすめ!

 「モナリザ・スマイル」(UIP)は、女性の生きかたを問いかける物語。1953年のアメリカ・ウェルズリー女子大学を舞台に、保守的な伝統に一石を投じる教師をジュリア・ロバーツ熱演します!

 1953年といえば、日本にとってはアメリカが夢の国のように考えられていた時代でした。しかしその当時すでに、アメリカ内部では理想と思われていた人生設計が崩れつつあったわけですね。花嫁となって家庭を支えることが、全ての女性にとって理想のゴールとされていた時代からの、大変革期を描いた物語です。

 女子大が舞台の映画といえば、青春学園バラエティ的な作風になりがちですが、この作品は違いますね。時代が変わるなかでの女性の生きかたの変化をしっかりと描いています。

 誰かが築いたにとらわれず、自分自身のものの見方を持つこと。その大切さを、ジュリア・ロバーツ演じる美術教師は、絵画を通じて教えてくれます。
人生は自ら選択して進むべきもの。
そんなメッセージが聞こえてきますよ。

 ひとつのレールに収まろうとしていた女子学生たちが、それぞれ自分自身の人生を決断していくストーリーに好感が持てました。結婚に対する考え方がそれぞれ異なってくるあたりに、価値観が多様化した現代社会の原点を感じます!

 やはりこの作品は女性の映画です!特に、人生に迷いを感じている方に見て欲しい作品ですね。

上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.24

「キャット・ウーマン」ハル・ベリーのこの衣装!

 「キャット・ウーマン」(ワーナー)は、超人パワーを手に入れたダーク・ヒロインの物語!「チョコレート」ハル・ベリー最新作です!!

予告編こちらの公式ホームページから。
画面右下の“TRAILER”ボタンをクリックしてください。
シャイでおとなしい女性が勤め先の秘密を知った事で命を奪われ、超人へと変身を遂げるストーリーです。あらゆる意味で女性の変身願望を描いているといってよいでしょう。

このキャットスーツの大胆なこと!ハル・ベリー本人でさえ、胴まわりが大きく開いたそのデザインを見たときはひるんでしまったそうです。(悩ましいキャットスーツ姿の写真群はこちらから)
今年38歳、怯む気持ちもわかりますな。

「ジャングル・フィーバー」(92)でのデビユー以来、着実にキャリアを重ねています。印象に残っているのは「エグゼクティブ・デシジョン」(96)から。テロリストに屈することなく、特殊部隊をサポートするスチュワーデス役がキュートでたくましく、私のお気に入りにメモリーしてしまいました!
「ソードフィッシュ」(01)ではバストを大胆に見せてしまうシーンに驚き、「チョコレート」(02)のアカデミー主演女優賞獲得で「オーマイガー!」を連発する姿には、カワイらしさを感じたものです。

超小顔のハル・ベリーがアメコミ・キャラクターに挑む最新作「キャット・ウーマン」は、10月初旬より公開です!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.23

「忍者ハットリくん THE MOVIE」上映館&上映時間!

 「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」(東宝)は、現代の東京に現れた忍者ハットリくんの活躍を描く物語。VFX技術を駆使したニューヒーロー忍法が、いよいよ全国のスクリーンに登場します!!

公開は8月28日です。
全国の上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

この作品、かつての白黒実写TVドラマを知る世代には感慨深いものがあります。原作の顔そのまんまのお面をつけた主人公は、子供心ながらに恐ろしいものがありました。(その映像はこちらから)内容はほとんど覚えていませんが、あの顔のインパクトは忘れられませんね。

最新技術で描く忍法もみどころですが、ドラマの中心になるのは、忍者ハットリくんと少年ケンイチくんの友情物語です。これこそが原作者、藤子不二雄児童漫画の基本です!
アクション笑いがり、ホロリと感動させる。大の映画ファンである藤子不二雄が、映画のドラマづくりを参考に生み出した、児童漫画路線の王道といえるでしょう!!

出演はSMAP香取慎吾、田中麗奈、ゴリなど。公開初日には、有楽町マリオンで1回目・2回目上映終了後に舞台挨拶が行なわれます。(チケットは既に完売です)
待望の忍者ハットリくん、いよいよ出動です!ニンニン!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.22

「LOVERS」上映館&上映時間をチェック!

 「LOVERS」(ワーナー)は、3つの愛が仕掛けるラブ・アクションの超大作!中国映画としては、現在考えられる最高のスタッフ&キャストが結集しました!!
俳優、衣装、大自然、アクションなど、全てが美しい!!!

いよいよ8月28日公開です!
全国の上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

 チャン・ツィイー金城 武アンディ・ラウの主人公三人が、組織に属する刺客を演じます。つまり日本で言えば忍者のことですね。同じ8月28日から、日本映画「忍者ハットリくん THE MOVIE」も公開されます。
(ひそかに忍者映画対決となっているでござる!ニンニン!)

 「LOVERS」の刺客三人は、を武器に敵方の懐へと潜入していきます。
その愛は真実か!それとも偽りなのか!
愛の行方がドラマを思わぬ方向へと展開させます。
組織から抜けて自由になる夢を抱きつつ、を傷つけていく刺客たちの運命に哀しみを誘われました。(サラリーマンの身分である自分にとっては、切実なものがありますな。)

注目の作品がいよいよ公開です!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.21

「エイリアンVSプレデター」ついに全米公開!

 「エイリアンVSプレデター」(フォックス)は、映画史上最強最悪のSFクリーチャーが地球上で激突する、夢の対決を描きます!「バイオハザード」(02)のポール・W・S・アンダーソン監督が、「バイオハザードⅡ」(04)を蹴ってまで完成させた意欲作です!!

 ついに8月6日に全米公開され、週末興行成績で第一位となるダッシュを見せました!
アメリカ版公式サイトがなかなか見ごたえありです。劇場予告編だけでなく、ネットオンリーの予告、スタッフ&キャストのインタビュー、クリーチャーのメイキングなど、まるでDVD特典なみの充実度ですぞ。エイリアンプレデターを数人がかりでリモコン操作する様子まで見れます。
もちろん、日本語での表示も選択できます。

 この対決のきっかけは、「プレデター2」(91)のワンシーンです。そのなかで、エイリアンの骨がプレデターの戦利品として飾られてあるカットがありました。そのことがSFファンの間で話題となってストーリーが企画され、ゲームの世界でヒット商品となりました。そしていよいよ映画化が実現したわけです。

 対決の舞台は南極です。その対決に人類も巻き込まれます!主演メンバーのひとりに、「エイリアン2」(86)でアンドロイド役を演じたランス・ヘンリクセンが出演しています!これはウレシイ!!(今度は人間の役のようです)
  
エイリアンプレデターの魅力は、その造形の素晴らしさと圧倒的な強さです。
その2大キャラが激突するとはのようです!
こんな作品が見たかった!!!
日本公開は12月4日です!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.08.19

「デビルマン」トークイベント&試写会開催!

 「デビルマン」(東映)は、永井豪原作コミックの映画化!テレビアニメでしか表現できなかった世界が、T-ビジュアルによって実写映像化されました!!

 10月9日の公開を控え、9月は全国各地のHMVスタッフ&キャストによるトークイベントが順次開催されます!
各地のスケジュールこちらから。画面左下“NEWS”の部分をクリックしてください。(観覧自由だそうです。)
イベント出演予定メンバーは、主演の伊崎兄弟伊崎央登伊崎右典)、酒井彩名渋谷飛鳥、そして那須博之監督です。

 そして遂に試写会も始まります!
まずは、9月5日の東京国際フォーラムでのプレミア試写から!
もちろん主要スタッフ&キャストの舞台挨拶付きです!!!
応募はこちらからどうぞ。(締めきりは8月26日です。)

 半分人間半分悪魔のデビルマンが、人類を守るために孤独な戦いを続ける哀しい物語。孤独なヒーローという点では、「スバイダーマン」に通じるものを感じます。
永井豪の原作では、「キューティー・ハニー」(04)
も今年めでたく実写映画化されました。次回はぜひとも「マジンガーZ」「ドロロンえん魔くん」「バイオレンス・ジャック」を実写映画化してほしい!!

実写化どころかアニメ化さえされていない名作の宝庫といえる永井豪ワールド
映像技術の進化により、日本映画は新たな時代を迎えそうです!!

「デビルマン」公開は10月9日です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.18

「LOVERS」チャン・ツィイー唄う!踊る!戦う!

 「LOVRS」(ワーナー)は、チャン・ツィイー主演の最新作!昨年大ヒットの「HERO」(03)に続き、チャン・イーモウ監督チームが、かつてない新たなラブ・アクションを完成させました!

 中国・唐の時代、政治組織の争いの影で活躍した、刺客たちの悲しきドラマを描きます。色気さえも大きな武器とされた時代に生きた、三人の男女の物語です。
本物のを許されない組織のなかで、苦悩する主人公たち。
戦い続ける刺客たちに、過酷な運命が展開します!

 盲目の踊り子を演じるチャン・ツィイーが素晴らしい!そしてカワイイ!
彼女、もともとダンサー出身です。が、映画では彼女のダンスシーンなど見たことがありませんでした。
「LOVERS」では、オープニングから歌声(サントラにも収録されてます)とアクロバティックな踊りを見せてくれます!まるで小林幸子のような大型衣装を巧みに操り、華麗なステップを披露!!そして一瞬にして命懸けのアクション・シーンへと早変わり!目に焼き付くほど鮮やかな色彩の衣装と、唸るような中国音楽、加えて最新VFX技術によるデジタル映像と、チャン・ツィイー見事な登場シーンです!!!

 彼女が撮影を終えた最新作は、日本映画ミュージカル「オペレッタ狸御殿」(2005年秋公開予定)。オダギリ・ジョーとの共演で、「ビストル・オペラ」(01)の鈴木清順が監督です。永瀬正敏パパイヤ鈴木まで共演しています。チャン・ツィイーが衣装を身につけた写真はこちらから。
日本映画のミュージカルですから、歌も5曲歌っているそうです。しかも日本語で!(えっ!大丈夫かいな)

 スピルバーグが手がける最新作「MEMOLIES OF A GEISHA」の主演となる日本人芸者役(名前は“さゆり”)も急浮上している(関連記事はこちらから)、チャン・ツィイーの劇場公開最新作、それが「LOVERS」です!!!

 8月28日公開です!!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.17

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」10周年リバイバル公開!

 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス デジタル・リマスター版」(ブエナビスタ)は、ストップモーション・アニメによるファンタジー・ミュージカル傑作!!
10年前の感動が再び甦ります!!!

 シーン追加や再編集などはありません。音と映像デジタル技術によって、より鮮明クリアになっての再登場です。再び映画館で見れるだけでも、ナイトメアー・ファンにはたまりましぇん!!!
私も公開当時に数々のフィギュアを買い集めました。その後、UFOキャッチャーの景品やガチャポンにまで登場し、新グッズは絶えることがありません。どれだけ資金を投入していることやら。(トホホ)

 今回は日本語吹替え版も公開されるということで、私はこちらが気になっています。ビデオ・DVDでの吹替えは、主役ジャックを市村正親が演じるなど、当時の劇団四季メンバーが多数加わっての豪華吹替えミュージカルです。
このバージョンが劇場公開されたことはなく、今回が初めて!
ミュージカル・ファンは必見です!!!

 “「ナイトメアー」って何”と思われている方は、ぜひこの公式ホームページで予告編を覗いてみてください。
“恐いこと”が“楽しいこと”という不思議なハロウィンタウンと、奇々怪々なキャラクターたちに少しだけ出会えますよ!

今なら劇場窓口で前売券を買うと、10周年ロゴ入りジャックのピンバッジがもらえます!!これ、なかなか素晴らしいグッズです。
ナイトメア・グッズファンの方はお早めに!!

公開は10月23日です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.15

「シュレック2」吹替版オモロイでっせ!

 「シュレック2」(UIP)は、おとぎの国を舞台にしたファンタジーアニメ第二弾!シュレックドンキーが美系キャラに変身し、フィオナ姫の危機を救います!!

 外国映画は字幕で、と言われる人も多いですが、この作品は吹替え版をオススメします!!
主役を演じる、ハマちゃん(ダウンタウン浜田雅功)、ヤマちゃん(山寺宏一)、竹中直人の三人がとにかくオモシロイ!(超豪華な組み合わせですね。)

なかでもシュレック役ハマちゃんは大阪弁まるだしでシャベリまくりますよ!なんだか「なにわコテコテお姫様ラブアタック大作戦」とでも名づけたくなるよなノリです!
ドンキー役ヤマちゃんのマシンガントークも炸裂!テンション高くリズミカルに芸達者な喋りを楽しませてくれます。
長靴をはいた猫役の竹中直人は、ダンディとコメディを一瞬にしてチェンジさせる得意のキャラで勝負です!

三人とも、映画のなかのギャグを見事に自分のものにしています。
吹替えのしゃべりが面白い、という点では稀に見る傑作です!!!

数々の映画のパロディや、クッキーマンなどのかわいらしいキャラクターたちも魅力です。が、さらにオモロイ映画にしてくれたのは、三人の吹替え陣ですね。

上映館&上映時間こちらのページから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「バイオハザードⅡ アポカリプス」ミラ間もなく来日か?!

 「バイオハザードⅡ アポカリプス」(ソニーピクチャー)は、待望のシリーズ第二弾!ヒロイン=アリスが強敵キャラクター軍団と闘い、巨大な陰謀の謎に迫ります!!

 アリスを演じるのはもちろん、前作同様ミラ・ジョヴォヴィッチ!!
今回もパワフルなアクション・シーンを見せてくれそうです!
一作目公開来日時のインタビューで、すでにパートⅡのことについて触れられていました。
(当時のインタビュー記事はこちらこちら。)

 世界同時公開ですが、「バイオハザード」生みの親である日本にはきっと来てくれることでしょう。
8月24日お台場シネマメディアージュで開催される、パートⅠ&Ⅱ上映イベント(こちら)では、ミラ・ジョヴォヴィッチ舞台挨拶もしくはVTRでの出演ということがPRされています!(残念ながらチケットは既に完売!)

 「フィフス・エレメント」(97)「ジャンヌ・ダルク」(99)「バイオハザード」と、ミラの作品は戦うヒロインの印象が強い!いずれの作品も、ハスキーボイス絶叫するような迫力シーンが必ず出てきます。あれがいいんでよねぇ~。全身にパワーがみなぎります。今回はどんな叫びを見せてくれるのか、楽しみです!

 「バイオハザード」はミラの作品中で最も多くの支持を受けた作品です。
そのパートⅡ!早く見たい!!!

公開は9月11です。
予告は公式ホームページからご覧ください。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.14

「忍者ハットリくん THE MOVIE」香取慎吾があの歌を!

 「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」(東宝)は、東京で修行をすることになった忍者ハットリくんの活躍を描く、VFXアクション作!超ハデハデ衣装の忍者が、日本を救います!ニンニン!!!

 予告で初めてあの衣装とホッペのうずまきを見たときは、“これはスマスマのコントでは・・・?”と心配しました。が、完成してみれば「スパイダーマン」風のVFXを駆使したアクション作品になりました!(ホッ!!)

公開は8月28日です。
8月25日には、エンドタイトルとして使われる主題歌CDも発売されます!!
タイトルは「HATTORI3」で、ハットリ参上って読むそうです。ハットリくんという歌手名で、香取慎吾が歌います!
TVアニメ時代におなじみの、♪や~まをこ~え~、たにをこえ~♪の歌詞を使い、ラップ風に歌うそうですよ。
香取慎吾のソロCDといえば、「慎吾ママのおはロック」を思い出します。慎吾ママの名前で発売し、150万枚をセールスしました。
ハットリくんCDはどこまで売上を伸ばすのか!!!

前売券の売れ行きが「世界の中心で、愛をさけぶ」5倍の勢い、というのもスゴイ!!!!
全国的なニンニン・ブームの到来を期待します!


 

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.08.13

「華氏911」上映館&上映時間はこちら!

 「華氏911」(ギャガ)は、ブッシュ批判とアンチ戦争を唱える、マイケル・ムーア節炸裂のドキュメンタリー
ドキュメンタリー映画史上の世界的大ヒットに伴い、日本でも緊急上映です!!!

 前作「ボウリング・フォー・コロンバイン」(03)では銃社会アメリカを徹底批判し、権威を恐れぬ突撃取材で楽しませてくれました。“そこまでやるか?”っていう世界ですね。この突撃精神こそが、ムーア映画面白さの秘訣です!


 今回は、イラク戦争開戦とともにムクムク湧き上がったブッシュ批判を爆発させた内容です。目の部分だけ黒く隠す映像にするなど、“誰が見てもブッシュやんけ!”とツッコミたくなる絵づくりもたまりません!!
カンヌ映画祭ではパルムドールを受賞!(“映画として面白かったから”という、タランティーノ審査委員長のコメントがいいなぁ)上映各国では大ヒット!
日本人としても興味津々です!!!

今年、「パッション」「華氏911」と、これまででは考えられないような作品が世界的な大ヒットとなっています。この2作品、訴えるテーマは共通しているような気がします。平和や幸せを望む市民の意識が地球規模で高まっている、と思わずにはいられませんね。

「華氏911」上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.08.12

「ヴァン・ヘルシング」って誰!

 「ヴァン・ヘルシング」(ギャガ)は、モンスター軍団と戦うヒーローを描いたホラー・アクション!!ドラキュラミイラ男狼男など、映画史上に名高いキャラクターたちが続々登場します!!!

 ところで“ヴァン・ヘルシング”ってご存知ですか?ドラキュラ映画好きの私は、この名前を聞いただけでワクワクしました。ドラキュラを退治する教授の名前です。あの手この手でドラキュラを窮地に追いやり、血を吸われそうになる美女たちを危機一髪のところで助け出します。かつて、夏休みになると決まってテレビの洋画劇場で放映されていたものです。

これまで、どんな俳優たちがヴァン・ヘルシングを演じてきたかというと・・・。

「魔人ドラキュラ」(31)・・・エドワード・ヴァン・スローン
 ユニヴァーサルのホラー映画で活躍していた俳優です。「フランケンシュタイン」(32)や、「ハムナプトラ」(99)の原点である「ミイラ再生」(33)などにも出演しています。ドラキュラ映画の原点となる作品ですから、元祖ヴァン・ヘルシング俳優ですね。

「吸血鬼ドラキュラ」(58)・・・ピーター・カッシング
 最も数多くのドラキュラ作品でヘルシング役を演じた名優ですね。私にとっては、ヴァン・ヘルシングといえばこの人です。クリストファー・リー扮するドラキュラとの対決がたまりませんでした。「スター・ウォーズ」(78)では、悪の親玉モフ・ターキンを演じてます。

「ドラキュラ」(79)・・・ローレンス・オリヴィエ
 サーの称号を受けた名優中の名優です。数々の名作に出演しています。舞台俳優のフランク・ランジェラがドラキュラ役で、オリヴィエは貫禄あるヘルシングを演じてくれましたよ。このかた、ヴィヴィアン・リー(「風と共に去りぬ」(39))の夫でもありました。

「ドラキュラ」(92)・・・アンソニー・ホプキンス
 ゲイリー・オールドマンがドラキュラを演じた作品。いうまでもなく、「羊たちの沈黙」(91)ハンニバル・レクターのおかたです。彼ならドラキュラなど一撃のような気がしますよね。スゴイ組み合わせの対決でした。

そして今回は、女性ファン急増中のヒュー・ジャックマンです。歴代ヴァン・ヘルシングのなかで最も若い!!
今やヒューといえば、グラントではなくジャックマンの時代になりつつあります。
しかもアクション・ヒーローというキャラに進化しているので、新たなヘルシングの登場といえるでしょう!!!

ドラキュラ退治の名脇役が主役となり、映画史上のモンスター軍団と戦います!
公開は9月4日です!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.11

「アラモ」製作者の熱き想い!

 「アラモ」(ブエナビスタ)は、西部開拓史上に残る伝説“アラモ砦の戦い”を、大いなる感動とともに描いたドラマ!
「バーバー」(02)のビリー・ボブ・ソーントン「デイ・アフター・トゥモロー」(04)のデニス・クエイドなど、渋い男優たちが、命を懸けて戦いぬいたたちを演じます!!!

 この作品、かつてジョン・ウェインが1960年に製作・監督・主演した作品のリメイクでもあります。アカデミー賞では作品賞など7部門にノミネートされました。ジョン・ウェインといっても、もはや名前も知らない人がいるかもしれませんね。西部劇を中心に活躍した、ハリウッドの大スターでした。その彼が特別の想いを込めて生まれたのが、「アラモ」(60)だったわけです。

 今回、製作を務めたのは、ロン・ハワード「アポロ13」(95)「ビューティフル・マインド」(02)などの監督ですね。彼はもともと俳優で、ジョン・ウェインとも共演しています。遺作となった「ラスト・シューティスト」(79)で、ウェイン扮する老ガンマンに憧れる少年役を演じていました。その少年が成長して監督になり、ウェイン渾身の作品をリメイクする。いやぁ、大スターからの魂を受けついだ、とても熱い想いを感じます!

1836年、迫り来る数千名のメキシコ軍から家族や愛する者を守るため、戦い続けた200名足らずの男たち
その“真実の13日間”を描きます!!!

公開は9月25日です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.10

「モナリザ・スマイル」次回作はハリポタです!

 「モナリザ・スマイル」(UIP)は、ジュリア・ロバーツ主演の最新作!1950年代の大学を舞台に、女性の生きかたを考えさせられる作品です!

結婚が人生のゴールと信じている女子学生たちに、ジュリア扮する美術教師が問いかけます。
“本当にそれで幸せなの?”

監督はイギリス出身のマイク・ニューウェルです。「フォー・ウェディング」(94)「フェイク」(97)など、しっかりしたドラマづくりに安心感が持てる監督です。
次回作はハリポタ・シリーズ第四弾「ハリー・ポッタと炎のゴブレット」が控えています!!
これは楽しみです!!!

 この監督、キャリアは結構長く、デビュー作はホラーサスペンス「ピラミッド」(81)でした。(もはや23年前ですよ!)ピラミッドの呪いを描いたような作品だったと思うのですが、チャールトン・ヘストンが出演していたこと以外すっかり忘れました。それでも、公開2日目に大阪・南街劇場へ見に行った、という記憶だけは残っています。不思議なもので、作品は残らなくても、映画館で見たという体験は記憶に残るんでよね。

「モナリザ・スマイル」監督にあたり、ジュリア・ロバーツとともにNY大学の講義を受けるなど(うらやましい!)、地道なリサーチをかなり入念に行なったとか。まじめにコツコツと前進する監督なんですね。これも映画界で長く活躍しつづける秘訣かもしれません。

1950年代をしっかりと描きながら、“女性の生きかた”という現代に繋がるテーマを力強く訴えます!!!
女性必見の作品ですよ!!!!
上映館&上映時間はこちらから。8月7日から公開中。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.09

「ミスター・インクレディブル」安心しました!

 「ミスター・インクレディブル」(ブエナビスタ)は、スーパーヒーロー一家の活躍を描くフルCGアニメ!「モンスターズ・インク」(02)「ファインディング・ニモ」(03)など、感動&大ヒットを世界中に連打しているピクサーの最新作です!!!

 初めて予告がお披露目されたのは、「ファインディング・ニモ」公開時でしたね。太った中年オヤジの主人公がのそのそ動いているだけの映像に、“こんなので大丈夫か!”と、天下のピクサーを心配したものです。ところが、新たな予告が最近登場し、そのワクワクする映像に期待が膨らんでいます。
さすがピクサーです!!!安心しました。(余計なお世話か)

 ストーリーは、破壊力が強すぎるために住民から訴えられて活動を休止していた、スーパーパワーを持つファミリーが、ある一通の手紙をきっかけに、新たな冒険を始めるというもの。時速300キロで突っ走るチビッコ少年、特殊バリアで身を守るおねえさん、ゴムゴムのごとく全身が伸びる主婦など、楽しいキャラクターがいっぱい登場しますぞ!

 これは30年ほど前にテレビ放映されていた、アメリカのアニメを思い出す設定ですねぇ。例えば、ゴム人間に岩石男、火の玉少年などが登場する「宇宙忍者ゴームズ」(原題はアメコミ「ファンタスティック・フォー」。映画化の話はどうなったんだ!)、ユニークなモンスターと主人公が力を合わせて宇宙の平和を守る「怪獣王ターガン」(これを見るために小学校ズル休みしてました)など・・・。

「ミスター・インクレディブル」の予告は、胸おどらせてテレビにかじりついていた、少年の頃の喜びを復活させてくれました!うれしいではあ~りませんか♪

おとうさん世代をガッチリ掴み、新たなファミリー層獲得を狙うピクサーの作品展開は見事です!!
公開は12月4日。
劇場窓口で前売券を購入すると、ミニ・フィギュア付き携帯ストラップがもらえます。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

2004.08.08

「リディック」燃えるSF超大作!

 「リディック」(東芝エンタ)は、圧倒的なスケール&迫力に陶酔させられる、VFXシーン満載のSF超大作!全宇宙支配を企む悪の巨大組織<ネクロモンガー>に、一匹狼の悪<リディック>が挑みます!!!

 とにかく全編、大技小技による見せ場の連続攻撃です!いやぁ、久々に燃えるSF超大作でしたね。主人公リディックを演じるくりくり坊主、ヴィン・ディーゼルが素晴らしい!強靭な肉体、素早い判断力とアクション、何事にも動揺しないタフなキャラクターなど、見事なアンチ・ヒーローぶりを見せてくれます。ピタッと貼りつくような黒のランニングシャツ、というスタイルも力強い!(ちょっと古いけど、新・加勢大周お披露目時を思い出しちゃいました)

 物語は、リディックが初登場した前作「ピッチブラック」(00)後のストーリーです。が、決して単なる続編ではありません。今回の原題は「the chronicles of riddick」となっており、宇宙のならず者“リディックの年代記”というスタイルに進化しています。続編はあと二本準備されており、三部作になるようですよ!
先日DVD発売されたアニメ版「リディック アニメーテッド」(04)では、「ピッチブラック」と今回の「リディック」を繋ぐストーリーが描かれているとか。(もちろん、主人公の声はヴィンちゃんが担当!)

 SFファンなら気になるVFXシーンも、小躍りしたくなるほど魅力的!(あ、ソレソレ!)巨大な悪の軍団があっという間に惑星を征服する、大迫力のファースト・シーン!残像を引きずりながら瞬間移動するキャラクターなど、ワクワクさせられる映像がジャンジャン飛び出します!

 日本ではなかなか大ブレイクしないヴィン・ディーゼルですが、「トリプルX」(02)「ワイルド・スピード」(01)など、彼の作品はどれも飛びぬけた面白さ!いずれも、自分に誠実であるために戦いつづける、という新たなヒーロー像を描いてます。その姿勢を貫くのもカッコイイ
細かいストーリーなんぞ気にせず、楽しんだもん勝ちです!!!!

「リディック」上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.08.07

「LOVERS」チャン・イーモウ監督最新作!

 「LOVERS」(ワーナー)は、3つの愛が仕掛けるアクション超大作!昨年大ヒットした「HERO」スタッフ&チームが、さらにスケールアップした作品をお届けします!!

 を武器に戦うのは、「初恋のきた道」チャン・ツィイー「恋する惑星」金城 武「インファナル・アフェア」アンディ・ラウ、というアジア最大級のドリームキャストです!
このキャスティングはスゴイ!!

 そして監督は、「あの子を探して」(00)「HERO」(03)のチャン・イーモウです。今や世界中の映画ファンが彼の新作を楽しみにしています。女性を主人公にした情感豊かな作品が多いせいか、女性ファンが多いですね。
映画界ではカメラマンからスタートしています。「さらば、わが愛/覇王別姫」(94)のチェン・カイコー監督のもと、「黄色い大地」などで撮影監督をしていました。その後「紅いコーリャン」で監督デビューし、いきなベルリン映画祭金熊賞を受賞しています。(やっぱりすごいよこの監督!)

 彼のキャリアのなかで特に異彩を放つのが、SF映画「テラコッタ・ウォリア」(91)です!始皇帝につかえる武将が時空を超えて恋人への愛を貫くタイム・トラベルものです。これ、監督ではなく、チャン・イーモウ主演なんですね。しかも共演はコン・リー。(ふたりの激しいラブシーンも、ムフッ!)ところがビデオは現在廃盤というのがさびしい!今や世界を代表する映画監督が華麗なカンフーアクションまで披露する、かなりの珍作ですよ!(女性ファンが見たらかなりショッキングかも・・・。)

 コン・リーチャン・ツィイーという、国際的ビッグスターを生み出したチャン・イーモウ監督の最新作、それが「LOVERS」です!!!
8月28日公開です!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.06

「アイ,ロボット」隠れた名演!

 「アイ,ロボット」(フォックス)は、2035年のシカゴを舞台に、ロボットと人間の戦いを描くSFアクション
「アリ」(02)で数々の演技賞に輝いたウィル・スミスが、ロボット軍団に挑みます!

 予告を見て新鮮だったのは、反乱するロボットの動きです。まるでダンスのようにしなやか!そしてなめらか!さらに何かを考え企んでいるかのような、豊かな表情を見せてくれます。当然CGなのですが、ある俳優の動き・表情にあわせてCGキャラが作られました。その人の名は、アラン・テュディックです。う~ん、名前だけでは全くピンと来ないですねぇ。

「アトランティスのこころ」(02)で、移動遊園地で主人公の少年と対戦するトランプマンを演じていました。小さな役でしたが、とても印象に残っています。もともとブロードウェイ出身の俳優で、舞台を中心に活躍してきました。だからあの動きができたわけですね。1997年から映画にも出演しているようです。今回はCGのモデルですから、姿は全く登場しません。(それでもオファーを受けたのは立派!)が、ロボットのも演じていますので、アラン・テュディックの声は聞けます。ロボットの顔も、ギョロリとした目はまさしく彼のものですな。

CGのモデルという、隠れた名演技のおかげで「アイ,ロボット」は個性的な作品となりました!
公開は9月18日から!!!


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.05

「スターシップ・トゥルーパーズ2」遂に監督デビュー!

 「スターシップ・トゥルーパーズ2」(ソニーピクチャー)は、7年前に公開されたSF大作の第二弾!近未来を舞台に、昆虫型生物バグズVS人類の戦いが再び始まります!!!

 まさか続編ができるとは思いませんでした!ウレシイというよりも、目がテンになりましたね。ストーリーは前作の続きで、またもや侵略してくるバグズ軍団(巨大ムシムシ軍団ですな)に、人類が総攻撃を仕掛けます!
という、前作とあまり違いのわからない、親切なストーリーです。

 それでもこの作品が気になるのは、今回の監督がフィル・ティペットだからです。監督としてはデビュー作です。SF映画ファンならおなじみの、現代を代表するモデル・アニメーションの第一人者ですね。古くは「スター・ウオーズ」(78)一作目で、R2D2とチューバッカが対戦するモンスター・チェスの場面を担当しています。その後、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)ではATATスノーウォーカー、「ロボ・コップ」(88)では強敵ロボED-209など、現代SF映画の名シーンを飾るキャラクターたちを数々生み出しました。当然、「スターシップ・トゥルーパーズ」(97)一作目でも特撮監督を担当しています。

そういえば一作目公開時、大阪難波高島屋で開催されていた「フィル・ティペット展」(すごくマニアックな展示会でした)を見にいきました。ドデカイ蚊のような等身大バグズ?っていう巨大フィギュアが飾られていたのを覚えています!

 遂に監督デビューを飾った特撮マン、フィル・ティペット脚本&製作に協力してまで完成させた渾身の作品が「スターシップ・トゥルーパーズ2」です。公開規模は小さいですが、SF映画ファンには見逃せない記念すべき作品ですゾ!

大阪では8月7日公開です。
上映館&上映時間こちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.03

「キング・アーサー」日本映画の影響です!

 「キング・アーサー」(ブエナビスタ)は、自由を獲得するために戦い続けた七人の騎士の物語!アーサー王誕生までの伝説を、壮大なスケールで描きます!!監督は「トレーニング・デイ」(01)のアントワン・フークワです。

 なんといっても、繰り返される大合戦シーンが最大の見せ場です。見ているこちらも全身に力が入りっぱなしでした。(ほんまに疲れたよ)
フークワ監督が合戦シーンのために最も参考にしたのは、黒澤明監督の名作「七人の侍」(54)だとか。竹ざおのような武器でを追いたてるシーン、そして土煙が舞うシーン、七人の騎士たちなど・・・。合戦時の防具も、野武士たちが身に着けていた鎧・兜にそっくりなものが登場します。撮影中は、黒澤監督の絵コンテ本をかかさず見ながら、イメージを作りあげたそうです。それだけ、黒澤作品はスケールが大きかったということですね。

 アーサーがリーダーとして数々の苦しみに耐える場面も、なかなか好印象を受けます。バッサバッサと敵を斬り倒しますが、とっても繊細な人物に描かれているわけです。演じるのはクライヴ・オーウェン、やや地味系ですがなかなかの好演でしたね。
儲け役だと思います。次回作が楽しみです!!!

 大スクリーンがピッタリのスケールで描かれるこの作品、やっぱり映画館で見て欲しい!!!
 上映館&上映時間こちらのページから。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.08.01

「誰も知らない」柳楽くん登場!

 「誰も知らない」(シネカノン)は、今年度カンヌ映画祭主演男優賞を獲得した柳楽優弥くん出演の注目作!大都会の中、子供たちだけで生きていかねばならなかった4人兄妹の姿を描きます!!

 先日NHK「土曜インタビュー」で、是枝裕和監督とともに出演してる柳楽くんを見ました。ホント、ごくごく普通の少年なんですよねぇ。緊張したり、返答に戸惑ったり・・・。なんだかとっても安心できました。

 是枝監督いわく、この作品の脚本が完成したのは15年前だとか。驚きです。柳楽くんの生まれる前ですよ。東京で発生した実話をもとに、構想を温めたそうです。両親が蒸発して子供たちだけで生活していたものの、近所の人達は半年間、そのことを誰も知らなかった、という事件です。

 子供たちには台本を渡さず、全て当日に撮影シーンやセリフを口頭で伝えたそうです。それは、普通に生活している子供たちの自然な姿を撮りたかったからとか。その効果もあって、ホントに一致団結して生きている兄妹のように見えましたよ。生活の異なる4人の子役なのに!!

 妹弟たちの笑顔は、とてもさわやかです。だからこそ、柳楽くん演じる長男のつらさが痛いように伝わります。お金がない、食べるものがない、電気・ガス・水道が止められる・・・。(大人でもつらいよ!)少年の心が微妙な変化を見せてきます。人も物もあふれた現代なのに、まるで名作アニメ「火垂るの墓」(88)のような、やるせなさを感じましたね。
映画を見ている途中から、ズッシリと心に重みを感じる作品です。
“大金を投じなくても、いい映画はできるんだなぁ~”と実感しました!

公式ホームページでは、柳楽くんたち出演者による、カンヌ映画祭レポートや、撮影日記が楽しめますよ。
入り口はこちら。各地の上映館&スケジュールも掲載されています。
8月7日公開です。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

「エルヴィス・オン・ステージ」映画館で拍手が!

 「エルヴィス・オン・ステージ」(松竹)は、エルヴィス・プレスリーのライブ映像を収めたドキュメンタリー
彼のパフォーマンスをたっぷり堪能でき、ファンならずとも申し分なく楽しめる、盛り上がり必至のライブフィルムです!!

 1970年、ラスベガスで行なわれたショーの映像とそのリハーサル風景を収めています。日本でも71年に公開されており、今回はデビュー50周年にちなんで再編集バージョンでのリバイバルです。エルヴィス映画は「監獄ロック」など数十本ありますが、そのなかでも最高傑作と名高い作品ですぞ!!

 私、別にエルヴィスのファンではないですが、このライブ、すん~ごく楽しめました。とにかく彼のパフォーマンスを見ているだけで、人生バラ色のように思えてきます!音楽に合わせて腕をブンブン振り回し、顔をプルプル震わせるなど、まるで全身筋肉体操のごとくキメポーズの連続技!しかも甘い歌声ときたもんだ!!(あれっ、江戸っ子になっちゃったよ)
 サービス精神も旺盛です。「ラブ・ミー・テンダー」を歌いながら、会場の女性と次々に優しくキスをしていく場面は、ドキュメンタリーとはいえ、なんとも微笑ましい名シーンでした!!!

 もちろん、超巨大なモミアゲと、腕にスダレがぶらさがったようなド派手衣装も、エルヴィスならではのカッコよさ!ショーの幕が降りた瞬間、映画館では盛り上がりファンのスタンディング・オベーションまで飛び出しました!!この雰囲気は、ハリポタやスパイダーマンには絶対ございません!

熱い夏、エルヴィスのステージで燃えてください!!!
上映館はこちら

ちなみに撮影監督は、傑作西部劇「ワイルド・バンチ」(69)などの名手ルシエン・バラードでした。さ・す・が・です!!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »