« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.31

「ハウルの動く城」公開日決定!

 「ハウルの動く城」(東宝)は、宮崎 駿監督 3年ぶりの最新作!少しずつ明かされて行く作品の姿に、期待がどんどん膨らみます!

 遂に公開日が決定しました!11月20日です。今秋公開となっていましたが、もはや正月作品と同時期の公開になりましたね。劇場予告編も、7月31日から新作に変わるそうです。これまでの予告編もなかなかよかった。魔法使いのおばあさんソフィーと主人公ハウルのドラマを、セリフなしの音楽のみでラブ・ロマンス風に描いてました。予告編が流れただけで、場内はいつも静かになっいましたね。それだけ注目を浴びている証拠ですぞ!

 予告編で特に印象に残るのは、久石 譲優しい音楽です。宮崎アニメで「さんぽ」「君をのせて」など、数々の名曲・名主題歌を生み出してきました。(ホント、癒し系音楽の大家ですよね)今回も、ソフィー役の声を演じる倍賞千恵子さんが唄う主題歌「世界の約束」をリリースしてくれます。(ちなみにハウル役は木村拓哉。話題づくりもバッチリですな。)
その録音風景などに迫る、「ハウルの動く城」音楽制作現場に密着した連載“久石 譲が挑む「ハウル」の動く音”こちらから。(これ、かなりオモロイですよ)

「千と千尋の神隠し」では、日本映画歴代№1ヒットを飛ばし、米アカデミー賞長編アニメ賞ベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)を獲得しました。
今回も9月に開催されるベルリン映画祭へのコンペティション出品が決定しています!!

今や世界中が注目している宮崎監督の最新作「ハウルの動く城」は、11月20日公開です!!

全国上映館&前売券発売劇場はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.07.30

「サンダーバード」上映館&上映時間をチェック!

 「サンダーバード」(UIP)は、世界の危機を救うために結成された、国際救助隊の活躍を描くSFドラマです。デザインをリニューアルしたおなじみのメカたちと共に、懐かしきTVシリーズが復活します!!

公開は8月7日です。先行ロードショーはありません。
試写を見逃した人は、お近くの劇場でごらんください。

全国上映館&上映時間はこちらから。
<字幕版>
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

V6による<日本語吹替版>
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

昨年末から劇場予告編が流れていたので、待ちに待ったという感じです。
「サンダーバード」といえば、まずはおなじみのテーマ曲を思い出します。30年ほど前にテレビで見ていたときは、日本語の歌が流れていましたよ。(♪サンダーーバーーードーー♪っていう、とても迫力のある歌です)少年雑誌の付録についている、ビニール製ソノシートなどにも、よくその歌が録音されていたものです。何度も聞いていたせいか、今でも1コーラスはフルで歌えちゃいますな。(ま、歌う機会はないけどね)

でもはっきりいって、アニメ特撮ドラマの洗礼を浴びながら育った私にゃ、人形劇のゆるいテンポで進むテレビドラマに耐えれませんでした。結局、音楽とメカ、キャラクターの魅力が全てでしたね。

そして今回は、夢の実写映画化!!
メカキャラクターも、当時のイメージを大切にしながらリニューアルされています!!!
「サンダーバード」は、世界中に最も多くのファンを持つという伝説のテレビ番組!
まだまだ、新たな若きファン層を獲得しそうです!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (6)

2004.07.29

「バイオハザードⅡ アポカリプス」日本版公式サイト始動!

 「バイオハザードⅡ アポカリプス」(ソニーピクチャー)は、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で一昨年に大ヒットしたシリーズ第二弾!前作は全編地下での戦いでしたが、今回は地上戦です!!!!!

公開は9月11日。
遂に日本語版公式サイトが立ちあがりました!!!!
公式サイト入り口こちらから。

いやぁ、サイト・トップページ臨戦体制のジョヴォヴィッチを見ただけで、期待感がムクムクと湧き上がりますな。
気になる予告編はもちろんのこと、ストーリー、キャスト&スタッフなどもチェックしておきましょう!

キャストで注目したいのは、女性特殊部隊員ジル・バレンタインを演じるシェンナ・ギロリーです。主人公とともに強くたくましく戦う姿が予告篇から伝わり、早くも要チェックな女優です。
イギリス出身で、「007」と「チキ・チキ・バン・バン」を合体させた「キス・キス・バン・バン」(02)の脇役で出演していました。「タイムマシン」(02)でハリウッド・デビューしています。主人公の婚約者役を演じていました。(なかなかカワイかったよ)最近ビデオ・DVD化された、一見「トロイ」のような「トロイ・ザ・ウォーズ」では、ヘレン役で出演しているようです。(これ、テレビドラマです。こういうの、つい手にしてしまうパッケージなんですよねぇ)本家「トロイ」のダイアン・クルーガーに対抗して頑張ってますぞ!!!!

バイオハザードのドラマの発端は、アンブレラ社のT-ウィルスが何者かによってばらまかれたこと。今回はその謎を解く物語がより深く描かれるようです!

アンブレラ社IDカード付き前売券発売の劇場も公式サイトから確認できます。
9月公開のなかでは最も楽しみな作品です!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.07.28

「ショートショート フィルムフェスティバル大阪」レセプシヨンに別所哲也さん登場!

 「ショートショート フイルムフェスティバル」は、世界中から厳選された短編映画を一挙公開する映画祭です!6月初旬に東京で開会し、いよいよ7月29日より、大阪会場でのフィナーレを迎えます!!

 その前夜祭となるレセプションが大阪で行なわれ、参加してきました。映画祭としては6年目。(大阪では3回目)日本開催のきっかけは、俳優の別所哲也さんがアメリカでショートショートフィルムに出会ったこと。その映像文化の魅力に感動し、映画祭を実現、ここまで育てられたわけです。ひとりの俳優が映像文化の育成にここまで尽力していただけるとは!あなたはエライ!!!!ただの“ハムの人”とは違います!!!!!(当然ですわな)
開催の経緯詳細はこちらから。

 レセプションにはもちろん、別所哲也さん(実行委員会の代表です)も登場し、熱いメッセージを語ってくれましたよ。(ありがたや~!)なかでも注目すべきは、この映画祭が米アカデミー賞短編部門公式映画祭と認定されたことです。つまり、この映画祭に出品された作品から、米アカデミー賞へのエントリー作品が選ばれる可能性があるというわけですね。いやいや、これはスゴイことですよ。

 著名な映画人も多数協力しています。「スター・ウォーズ」ジョージ・ルーカス「ロスト・イン・トランスレーション」ソフィア・コッポラからは強力な応援メッセージが届きました。ソフィア・コッポラは、彼女自身の初期短編作品が出品されています。

 会場には映像作家&マスコミ関係者が多数参加し、開催前夜にふさわしい大にぎわいでした!
 大阪での開催は7月29日~8月1日まで。大阪MIDシアターにて。
 詳細はこちらから。

 短編映画には、映像作家の原点となるエッセンスが詰まっています。しかも800本以上から厳選された作品群です。アニメ、ドキュメンタリー、ドラマ、コメディなど、ジャンルは多岐に渡り、大阪やギリシャといった地域性の強い作品も用意されています!!

ハリウッドの大作もいいけれど、たまには短編映画にも触れてみてください!
きっと新たな発見がありますよ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.27

「サンダーバード」悪役フッドは元ガンジー!

 「サンダーバード」(UIP)は、スーパーマリオネーションの名作TVシリーズを最新VFXで実写映画化した作品!ジャパンプレミア試写会も終了し、いよいよ公開が近づいてきました!

 プレミア試写に合わせ、主役となる国際救助隊を演じる5人のイケメン俳優、トレイシーボーイズが来日しました。お台場冒険王ではしゃぐ5人の姿をテレビで見ていると、まるで騒がしい若者五人衆って感じでしたな。(単にこちらがおっさんなだけかなぁ)
やっぱ国際救助隊の制服でビシッ!と決めてくれなくっちゃね。

 で、あんまり話題にならないのですが、悪役フッドを演じているのは名優ベン・キングズレーです。スピルバーグの代表作「シンドラーのリスト」(93)で演じた、シンドラーを支えるユダヤ人の経理係が印象的でした。もともと舞台出身の俳優ですが、映画「ガンジー」(82)の主人公ガンジー役で各映画賞を獲得し、一躍メジャー映画俳優となりました。

公開当時、あまりの“もろガンジー”ぶりに衝撃を受けました!!衝撃のあまり、作品の記憶はまったくございません!(大阪梅田シネラマOS劇場へ見に行った、という記憶だけです。)

その後も数多くの作品に出演していますが、90年代前半の活躍ぶりがすごかった!なかでも「シンドラーのリスト」、アメリカ副大統領を演じたコメディの名作「デーヴ」(93)は必見です!

今回の悪役フッドは、元々のTVシリーズでもアジア系坊主頭のキャラクターでした。となれば、インドの血を引く坊主頭俳優ベン・キングズレーは、誰が見ても“もろフッド”なわけですね。(まぁ見た目だけでキャスティングされたのではないと思いますが・・・)やっぱり、ナイスなキャスティングです!!!

あまりに話題の多すぎる「サンダーバード」は、いよいよ8月7日公開です。
(先行ロードショーは残念ながら、ございません。)

| | Comments (0) | TrackBack (5)

2004.07.26

「スター・ウォーズ エピソード3」タイトル決定!

 スター・ウォーズ最新作タイトルが米公式サイトで発表されました!
 「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」だそうです。 (米公式サイトはこちら
原題は「STAR WARS  REVENGE OF THE SITH」です。
サイトでは、すでにタイトル入りのTシャツを販売しています。(さすがはルーカスさん、商売上手でんなぁ~)
米公開は来年サマーシーズンとなる、2005年5月19日です。

<シス>というのは、の親玉のことですな。ちなみに、1983年に公開されたエピソード6のタイトルはご存知のとおり<ジェダイの復讐>でした。善玉を象徴していたわけです。シリーズ最終話をいずれも<〇〇の復讐>としたのは、何か因縁めいたものを感じさせますね。
早くも中身が気になります!!!

1978年の初公開から早や26年!当時中一でしたが、ホントに衝撃的なSF映画の登場でした。写真がプリントされたコカ・コーラの王冠を集め、SF雑誌「スター・ログ」などを買いあさったものです。そのときの興奮を今もって感じさせてくれるのですから、やっぱジョージ・ルーカスはすごいですね。
タイトルの《ジャーーーーン!!!!!!!》という音が鳴り響いた瞬間に、全身細胞がスター・ウォーズモードにスイッチ・オン!してしまいます!!

アナキン・スカイウォーカーは、どのようなプロセスでダース・ベイダーとなるのか!!!
夢のシリーズが、遂に完結です!!!!!

| | Comments (1) | TrackBack (8)

「セイブ・ザ・ワールド」ニモのパパが出てました!

 「セイブ・ザ・ワールド」(ギャガ)は、超自己チュー中年オヤジ二人組が、子供の結婚式を成功させるために奮闘するコメディ!70年代の映画主題歌を鳴らしまくり、ほのぼのした雰囲気で楽しませてくれます。

 主演は「トラフィック」(00)「危険な情事」(87)のマイケル・ダグラス
 注目したいのは、もう一人のオヤジ役を演じたアルバート・ブルックスです。あまり馴染みのない名前かもしれません。が、「ファインディング・ニモ」(03)でニモの父マーリンを演じた人、といえば少しは気になるでしょうか。元々、60年代後半からスタンダップ・コメディアンとして、TV界で活躍していました。

映画出演は名作「タクシー・ドライバー」(76)の脇役から。大統領選挙事務所で働き、デ・ニーロ演じるトラビスを毛嫌いする、カーリーヘアーの男を演じていました。その後も、オープニングで死んでしまう「トワイライト・ゾーン」(83)など、何故か印象に残る脇役を演じてきました。驚くのは、俳優だけでなく脚本監督業にも進出したことです。ハリウッドの内幕をコメディタッチで描いた「ハリウッド・ミューズ」(00)などは、なかなか楽しめましたね。さらに「ファインディング・ニモ」では声優まで・・・。いやいや、なかなかの映画人ですぞ。

 あまり規模の大きな公開ではないものの、コメディとして気楽に楽しめます。
70年代に活躍した名女優キャンディス・バーゲンが出演していたのもビックリ!(この人最近チラホラと出ていますね。「メラニーは行く!」(02)「デンジャラス・ビューティー」(02)など)

全国順次公開中!上映館は、公式ホームページからご確認ください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「マッハ!!!!!!!!」異文化に触れる面白さ!

 「マッハ!!!!!!!!」(ギャガ)は、ムエタイ純度100%のアクション映画!主演トニー・ジャーが見せる本物の技に、暑さも吹っ飛びました!!(インタビューはこちら

 久しぶりに、異文化の面白さをズッシリ感じる作品に出会いましたね。タイという国そのものを、この作品からプンプンと感じるわけです。そこが成功のポイントですな。

とにかくムエタイです。空手やカンフーとは違う、見たこともないを連打して、本物のアクションを思う存分に見せてくれました。世界は広い!トニー・ジャーのようなスゴイ男がいたことだけで、ウレシイっす!!いかにも強そうなキャラや、コミカルな敵キャラを次々に倒すシーンは圧巻でした。

ムエタイだけではありません。タイ名物オート3輪タクシーによるバイクアクション、裏通りの市場の風景仏像を崇める精神など、タイの魅力が満載です!

なかでも、冒頭とラストに出てくる田舎の村の風景がいいですね。私も数年前にタイの農村で約1週間ホームステイしたことがあります。自然と一体になった生活ぶりは、映画とよく似たものでした。村の子供たちとサッカーをしたのですが、彼らは裸足なのに、そのキック力は靴をはいている私と同じ!自然のなかで鍛え上げられた人間の強さを思い知らされましたよ。

「Mr.BOO!ミスター・ブー」(79)で香港の現代を感じ、「ムトゥ 躍るマハラジャ」(98)でインドにびっくりした、あの感覚ですね。
この作品の面白さは。

ちなみに冒頭バンコクのシーンで登場する、バイクレースのリーダーが着ていたTシャツに、「セルピコ」(73)のアル・パチーノがでかでかとプリントしてありました。あれ、欲しい!!(肖像権なんてクリアしているのだろうか)

「マッハ!!!!!!!!」全国上映館&上映時間はこちらのページから。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.24

「華氏911」ジョージ・ブッシュ主演!

 「華氏911」(ギャガ)は、ブッシュ大統領に関する事実を積み重ね、エンターテイメントに仕上げてしまったドキュメンタリー作品!カンヌ映画祭でパルムドールを受賞し、米公開では大ヒットとなった問題作が緊急公開です!!!

 監督は、「ボウリング・フォー・コロンバイン」(02)で銃社会を徹底批判したマイケル・ムーア!(アメリカの歴史を描いたアニメシーンが最高でした。)
今回も命がけの突撃取材で挑みます!!
カンヌでは上映終了後のスタンディングオベーション25分も続いたとか。拍手するのも大変ですな。手が真っ赤になりますよ!(甲子園のライトスタンドでタイガースの攻撃が25分間続いたようなものかなぁ)しかもグランプリとなるパルムドールまで受賞したのには、ホント驚きました。ドキュメンタリーとしては、深海ドキュメンタリー「沈黙の世界」(56)以来48年ぶりのことです。

ユーモラスなブッシュ批判で作品全体をエンターテイメント化し、イラク戦争徹底批判することで平和への願いを浮かび上がらせます。是非はともかく、世界が平和について深く考える作品となりました。
みんなで見て、語り合いたい作品です!!!

8月14日より、恵比寿ガーデンシネマで先行公開。
8月21日より、全国ロードショーです!

ドキュメンタリー映画史上最大規模の上映館は、こちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.23

「ヴァン・ヘルシング」ヒュー・ジャックマン最新作!

 「ヴァン・ヘルシング」(ギャガ)は、世界を制圧しようとする邪悪なモンスター軍団に、戦いを挑むニューヒーローの物語!ドラキュラ狼男ミイラ男、そしてヴァンパイア三人娘など、ユニバーサル映画史上の伝説的モンスターが最新SFX映像で甦ります!!!
(モンスタームービー最新情報はこちらから)

 モンスター・ハンター“ヴァン・ヘルシング”を演じるのは、ヒュー・ジャックマンです。映画デビューは「X-メン」(00)で、怒ると鉄の爪が出てくるモミアゲミュータント:ウルヴァリン役でした。興行的にはこのシリーズ2作品とも大成功だったわけですが、彼の魅力を存分に味わえるのは「ソードフィッシュ」(01)と「ニューヨークの恋人」(01)ですね。特にメグ・ライアンと共演した後者は素晴らしい!19世紀から現代のN.Y.へタイムスリップしてくる貴族の役で、女性に対して真心こめて接するキャラクターを見事に演じました。未見のヒュー・ファンにはぜひ見て欲しい作品です!!(そういえば「ヴァン・ヘルシング」19世紀のヒーローですな)

 ヒュー・ジャックマンは元々、オーストラリアで舞台「美女と野獣」「オクラホマ!」などに出演していたミュージカル・スターです。ハリウッドへ渡った後もブロードウェイ・ミュージカルに出演しており、2004年にはトニー賞ミュージカル部門の最優秀主演男優賞を受賞しました!!しかし一転して出演した映画デビュー「X-メン」ウルヴァリンだった、というのがスゴイですなぁ。ご立派です!!

 ヒュー・ファンがますます増えそうな最新作「ヴァン・ヘルシング」は、9月4日公開です。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.07.22

「LOVERS」チャン・ツィイー最新作!

 「LOVERS」(ワーナー)は、を武器にして国家を揺るがす戦いを仕掛ける、ふたりのとひとりのの物語。昨年、ジェット・リー主演の「HERO」で世界的な大ヒットを放ったスタッフ&チームが、再び結集しました!!!
(予告編を見たい人は上記タイトル名をクリックし、公式サイトをのぞいてください!)

 壮大なスケールで描かれるこの作品、キャスティングも超豪華な顔合わせです!「恋する惑星」金城 武「インフアナル・アフェア」(02)のアンディ・ラウ、そしてなんといってもアジアン・ビューティー:「初恋のきた道」(99)のチャン・ツィイー最新作です!!
今回は美しき盲目の踊り子を演じます!!!

 「LOVERS」チャン・イーモウ監督に見出された彼女、初登場の「初恋のきた道」からたった5年で、国際スターとしての頂点を極めました。「グリーン・デスティニー」(00)「ラッシュアワー2」(01)などのハリウッド作品でも、小柄ながら見事なアクションを披露することで、その存在感を世界的にPRしました。どちらかといえばムスッとした表情が多いのですが、時折り見せる情熱的な演技がいいんですよねぇ。やっぱり魅力的です!秋には木村拓哉と共演の「2046」の公開も控えています。まだ25歳!国際的ビッグスターーへの道を着実に歩んでいます!!!

昨年の「HERO」同様、カラフルな色彩が美しい!
「LOVERS」は、中国映画界が自信を持って世界に贈る、超一級のエンタテインメント作品!!
8月28日より公開です!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.07.21

「マッハ!!!!!!!!」“韓流”に続け!“タイ流”!?

 「マッハ!!!!!!!!」(ギャガ)は、100%ムエタイで見せる、完全リアルアクション映画です!CG・ワイヤー・吹替えスタントマンは一切使いません!!
本物の迫力を堪能してください!!!

7月24日から公開です!
上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

日本語吹替え版はこちら!
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

 盗まれた仏像を取り戻す、というシンプル・イズ・ベストなストーリー!そして派手なアクション。映画の原点を感じさせてくれます。タイ、フランス、香港では既に大ヒットし、世界40ケ国での公開が決定しています。

ムエタイはタイの武術であるにもかかわらず、タイ国内では衰退が進んでいるそうです。“国民にムエタイを見なおして欲しい!”という監督の思いから、この作品はスタートしました。その思いと主演スター、トニー・ジャーのムエタイアクションが結びつき、遂に完成したのです。構想から7年の歳月を費やして。
インタビュー&プロフィールこちら

最近のタイ映画といえば、「アタック・ナンバー・ハーフ」(00)「ナンナーク」(99)くらいしか思いつきません。(20年以上前にNHK教育で見た「田舎の教師」(77)というタイ映画が素晴らしかった!)日本ではタイ映画を見る機会そのものがまだまだ少ないですね。ところが1905年にタイで常設の映画館をスタートさせたのは、なんと日本人興行者であり、タイ映画史の原点に日本も深く関っているわけです。
タイ映画史の詳細はこちらから。
タイ映画の紹介サイトはこちらから。

前売券を購入すれば、ムエタイ基本体系イラスト入りの「マッハ!!!!!!!!」下敷きがもらえます!
暑い季節にピッタリの燃焼系アクション映画、ぜひ楽しんでください!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.20

「ゴッドファーザーPARTⅡ ニュープリント版」やっぱりスクリーンで見たい!

 「ゴッドファーザーPARTⅡ ニュープリント版」(パラマウント)は、巨匠フランシス・コッポラが家族の絆と崩壊を描く、シリーズ二作目です。

「恋愛適齢期」のダイアン・キートン、「シモーヌ」のアル・パチーノ、「ウォルター少年と、夏の休日」のロバート・デュバル、そして「15ミニッツ」のロバート・デ・ニーロなど・・・。今も第一線で活躍するスターたちの、まさしく出世作ともいえる作品。一作目&二作目ともにアカデミー作品賞を獲得した、名作中の名作ですぞ。

映画館で見たのは、たぶん17~18年ぶりだと思います。(初公開は1974年)あの美しいメロディが画面から聞こえてきただけで、もうが出てきましたね。とりわけ、家族の絆を築き上げていく初代ゴッドファーザーの若き日を描いたドラマが、なんとも胸を打ちます。何度見たかわかりませんが、3時間20分という長時間があっという間に過ぎます。CGもSFXもないのに、ですよ。

上映しているのは、東銀座の東劇。客席435席の大画面でこの作品を見れることほど、嬉しいことはありません。他地域でも公開されますが、リバイバル作品はしょせん小さなスクリーンで公開されてしまいます。東劇は、「大脱走」「エルビス・オン・ステージ」など、名作をできるだけ公開していく方針に路線を進めました。嬉しいではありませんか。その心意気だけで応援してあげたくなりますね。
映画が始まる前に、スクリーン前の幕が両サイドに開いてゆくスタイルも懐かしい!シネコンが増えたことで、スクリーン前の幕はなくなってきました。幕が開いていく瞬間の、“はじまりはじまり~”といった儀式のような雰囲気がいいんだけどなぁ。

「ゴッドファーザーPARTⅡ」は、映画館でしか味わえない重厚さと風格を兼ね備えた作品。テレビやDVDでなく、ゆったりした椅子に座ってじっくり見つめたい。映画ファンとして至福の瞬間を感じる名作です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「バイオハザードⅡ アポカリプス」前売券発売!

 「バイオハザードⅡ アポカリプス」(ソニーピクチャー)は、巨大組織の陰謀によって世界が地獄と化した前作の第二弾!ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスが、再び二挺拳銃を構えてゾンビ&モンスター軍団に挑みます!!!

 公開は9月11日ですが、前売券が発売開始されました。購入特典は、ネック・ストラップ付き“アンブレラ社IDカード”だそうです。これであなたもアンブレラ社のメンバーです!って感じでしょうか。ストレス・チェック機能もついています。う~ん、なんか微妙な気分ですな。
予告編はこちら米公式サイトから。画面左下の“PREVIEW”ボタンをクリックしてください!

 この作品の魅力は、なんといってもジョヴォヴィッチのアクションです。ややガッチリ型のボディからくりだされるキックは強烈!ガンアクションも見事です!パートⅡ予告編でも、二挺拳銃ショットガンを華麗にさばくシーンが見られます。

「フィフス・エレメント」「ジャンヌ・ダルク」で一躍その名を知られたジョヴォヴィッチの、真の代表作といっていい「バイオハザード」シリーズ。オファーを受けた段階では全く興味がなかったそうな。出演承諾のきっかけは、まだ幼い弟がオファーをすっごく喜んでくれたからとか。弟思いなんですねぇ。出演を勧めてくれたその弟に感謝したいですな。

破壊と絶望が満ちたラクーン・シティで、わずかに生き残った者が希望を求めて戦い続けるシリーズ第二弾
公開は9月11日です。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.07.19

「リディック」ヴィン・ディーゼル気合入ってます!

 「リディック」(東芝エンタ)は、全編SFXシーン満載のスペース・ヒーローもの!宇宙のならず者“リディック”が、悪の巨大パワー軍団へ戦いを挑みます!!

 ヴィン・ディーゼルが主人公リディックを演じます。実はこの作品、2000年公開「ピッチ・ブラック」の続編です。といっても続きのストーリーではなく、全く別のサイド・ストーリーです。前作からリディックだけにスポットを当てて今回製作されました。

 ヴィン・ディーゼルといえば、「ワイルド・スピード」「トリプルX」で一躍メジャーに名乗り出ました。しかしこれまで続編に出演することはありませんでした。本人いわく、“続編は二番煎じで、前作の役が成長していなければ意味がないから”だとか。いやいや強気のヴィンちゃんですな。

じゃあ何故今回は続編に出演したのか。(アニメ版「リディック」にも声優として出演しているぞ)
それは、“続編に対する自分の考え方を立証するため”だそうです。つまり前作「ピッチブラック」とは比べ物にならないほど、今回のリディックはキャラクターとして成長しているということ。(「スター・ウォーズ」でいえばハン・ソロを主人公にしたようなものですな)これはもう期待するしかないでしょ!

今となっては懐かしい“スペースオペラ”という言葉がふさわしいSF超大作!!
「リディック」は、8月7日公開です。

7月30日ヴィン・ディーゼル舞台挨拶もあるジャパン・プレミア試写会への応募はこちらから!!新着情報ページを参照してください。(締めきりは7月23日)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「シュレック2」上映館&上映時間をチェック!

 「シュレック2」(UIP)は、おとぎの世界を舞台にしたファンタジー・シリーズ第二弾眠りの森の美女ピノキオなど、おなじみのキャラたちも続々登場します!

《日本語吹替え版》上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

《字幕版》上映館&上映時間はこちらから。
大阪・関西地区
東京・関東地区
名古屋・東海地区
北海道地区
九州地区

今回登場する悪役キャラは、“長靴をはいた猫”。シュレックを倒すべく、ジワジワと接近していきます。
そして、その正体は????シュレックフイオナ姫の運命は!!といった展開です。
一作目よりもかなり面白く、また、前作を知らなくてもじゅう~ぶんに楽しめます

“長靴をはいた猫”といえば、東映アニメのトレードマークにもなっていた、ペロを思い出しますね。(30代後半より年長世代でないとわからないかもなぁ)「長靴をはいた猫」シリーズとして3本製作されました。何事にもクヨクヨせず、いつも元気でニコニコしているペロの姿は、子供心を楽しませてくれたものです。アイデア構成を担当していたのは、宮崎 駿でした。(懐かしきペロの姿はこちらから)

「シュレック2」では竹中直人“長靴をはいた猫”の声を担当し、笑わせてくれます。
この作品、日本語吹替え版で見たほうが存分に楽しめますよ!!!
公開はいよいよ7月24日です!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.18

「スパイダーマン2」涙が三回出ました!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、アメコミ史上最大のヒットとなったシリーズ最新作!前作を上回る強敵ドック・オクVSスパイダーマンの戦いに、映画館が揺れました!

 これはもう、“ヒーロー映画の金字塔”と言ってしまいましょう。大傑作ですね!いやはや、三回もが出てしまいましたよ。(うっそ~、と思う人もいるでしょうが、事実なので許してちょ)

 1回目の涙は、主人公パーカーが自分の夢に向って生まれ変わった場面。ある映画の歌が流れます。私の大好きな名作西部劇「明日に向って撃て!」(69)の主題歌~雨にぬれても~です。さわやかな朝のシーンに使われた名曲ですね。イントロが流れただけで全身がビクッと反応!!嬉しさのあまりにが流れました。映画のトーンも一気に変わったように思えます。ライミ監督のセンスが伝わる、絶妙の選曲です!

 2回目の涙は、あえて詳しくは書きませんが、ヒーローを見守る市民たちの深~い思いやりが描かれた場面です。電車のシーンとだけいっておきましょう。ヒーロー映画史上に残る名シーンだと思います。(私、この場面が一番泣けました。隣のオバサンは笑っていたんだけど・・・ね)

 3回目の涙、これはもう書けません。書かなきゃわからないだろ!と思う人もいるでしょうが、まだ見ていない人のために、書かずにそっとしておきます。ラストに近いところです。

 ダーク・ヒーローの人間的部分をここまで描いた作品は、未だかつてないでしょう。しかも、一人で苦しみに埋もれるのではなく、その苦しみを周囲の人達とともに受け入れ、乗り越えていきます!ここが他作品群とは一線を画するところです。

パート3は2007年夏公開予定!(3年も待つなんて!)
それまでに何度も見なおしたい「スパイダーマン2」でした!!!

“字幕版”の全国上映館&上映時間はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.07.17

「ステップフォード・ワイフ」ニコール・キッドマン最新作!

 「ステップフォード・ワイフ」(UIP)は、ニコール・キッドマン主演の最新作!郊外の高級住宅地ステップフォード、そこに住む主婦はみな、男にとって理想の女性だった。その秘密は・・・・!!
公式ホームページ・トップ画面キッドマンがまぶしい!

 原作は、1972年ウーマン・リブ運動の真っ只中で発行されたSF小説です。男性上位の世界を保つため、ステップフォードの男どもは妻をロボットへと変身させていきます。その秘密を知った主人公(キッドマン)がとった行動は・・・といった物語。1975年、「卒業」(67)が懐かしいキャサリン・ロス主演で一度映画化されています。日本では劇場未公開ですが、わずかな映像を見た限りでは、サスペンス・ホラーといった雰囲気でしたね。新作は、予告を見ているとSF色がかなり濃くなっているように感じます。

 今年公開ニコール・キッドマン作品は、「コールド・マウンテン」「ドッグヴィル」「白いカラス」に続いて4本目。今年37歳、いやぁ~、がんばりますなぁ。しかも今回は、ロボットにされるかもしれないというSFタッチの役どころ。(キッドマンが奥さんなら、なにもロボットにしなくてもなぁ~。ぷりぷり・・・。)

 監督は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(86)(私にとっては生涯の名作です)などのフランク・オズ。元々はマペット・クリエイター&操者で「スター・ウオーズ」シリーズヨーダを生み出した人ですぞ。

 グレン・クローズベット・ミドラーなど、大御所スターも出演する「ステップフォード・ワイフ」は、秋公開予定です!!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

「69 sixty nine」名作西部劇との関係!

 「69 sixty nine」(東映)は、1969年長崎の高校を舞台にした物語。妻夫木聡安藤政信が、思春期ムンムンの高校生を演じます!

 “楽しく生きたモンが勝ち!”っていう、作品全体のスタンスが好きです。好きな女の子のためにバリケード封鎖をお気楽気分で決行する主人公たち。それでも止まらないエネルギーは周囲の意思をも動かし、管理教育の体制反対に突入していきます。10代ならではの熱いパワーを感じさせてくれる作品でしたね。

 妻夫木聡と安藤政信のキャラクターを見ていて、西部劇の名作「明日に向って撃て!」を思い出しました。二人の男がを持って生きていくものの、法律という管理体制に追い詰められていく・・・といったストーリーです。ポール・ニューマンが行動派で明るく楽しい男を、ロバート・レッドフォード無口でクールなガンマンを演じました。強盗役なのですが、人情味たっぷりで友情の絆も深く、悪者には全く見えませんでした。

妻夫木&安藤は、「明日に向って撃て!」のニューマン&レッドフォードです!橋から飛び降りるときに、安藤政信が“泳げないんだ”というシーンは、まさにそのことを語っています。全く同様のシーンがあるからです。これだけで何だか嬉しくなっちゃいました。
そしてこの「明日に向って撃て!」は1969年の作品なんですね。やはり。

だからといって単純に“パクリ”ということではなく、「69 sixty nine」独自の魅力を輝かせています!
今より物不足・情報不足だった1969年なのに、楽しく生きようとする人間のエネルギーは昔も今も変わりません。そこに感動してしまうわけです。

「69 sixty nine」を見たら、久しぶりに「明日に向って撃て!」を見たくなりました!!!

「69 sixty nine」全国上映館&上映時間はこちらから。
「明日に向って撃て!」DVDはこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「アイ,ロボット」ウイル・スミスがロボットと戦う!

 「アイ,ロボット」(フォックス)は、人間とロボットの戦いを描く未来SFアクション「メン・イン・ブラック」(97)「アリ」(01)のウィル・スミスがロボット軍団の陰謀を暴く刑事を演じます!!

 登場するロボットの型番は、NS-5。このロボット、本来は人間の生活をお手伝いする目的のロボットで、曲線デザインが柔らかい印象を与えてくれます。つまり、絶対に人間には危害を加えないはずなのだが・・・。といったストーリーです。

ロボットの反乱といえば、「ターミネーター」(84)や最近では「CASSHERN」(04)を思い出します。普通に戦えばロボットのほうが強いわけで、それをいかにして克服していくかが、このタイプの作品のポイントですな。

まずはこのページから予告編を選択・クリックして見てほしいっす。

ロボットデザインの素晴らしさだけでなく、ロボット軍団のしなやかなアクションなど、SFXシーンがかなり楽しめそうです。またまた新たなSF映画の登場って感じですね。

原作はアイザック・アシモフ。(TV「トリビアの泉」冒頭に登場する、“かのSF作家”って言われている人です)
監督は、「クロウ/飛翔伝説」(94)などで独特の映像センスを見せてくれたアレックス・プロヤス
アレックス監督、初の超大作です!

日本公開は9月18日。劇場窓口で前売券を購入すると、オリジナル携帯ポーチがもらえるそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

2004.07.16

「キャット・ウーマン」セクシー女優が対決!

 「キャット・ウーマン」(ワーナー)は、アメリカン・コミックから生まれたダーク・ヒロインの活躍を描く物語!「007/ダイ・アナザー・デイ」ハル・ベリーが、セクシー・コスチュームで迫ります!!!

 組織の秘密を知ったために殺された女性が、猫の強さ敏捷さ、さらに超人的に鋭い感覚を身につけて復活を遂げるキャラクターです。「バットマン リターンズ」(92)では、ミシェル・ファイファーが黒エナメル系のボディ・ピッタリスーツを着用して、セクシーキャラを見事に演じてくれました。(これぞファイファーお色気ピーク時の作品です!)
 今回ハル・ベリーが着用する衣装は、ファイファー版キャット・ウーマンよりも露出度が数倍高い!!しかもその姿でムチを振りまわし、のように飛びまわります。(予告編だけでも、「スパイダーマン」にはない喜びを感じましたね)

 驚いたのは、キャット・ウーマンと戦う悪役です。
なんと、「氷の微笑」(92)のシャロン・ストーンですよ!!
いやぁ、これは楽しみですねぇ。まさにセクシー女優対決です!!
「キャット・ウーマン」での女優対決フォトはこちらから。


 監督はフランス映画「ヴィドック」(01)で斬新なSFX映像を楽しませてくれた、ピトフ。その活躍が認められ、フランスからハリウッドへ渡り、いきなり超大作への進出です!

数あるアメコミ映画化でも、めったにないダーク・ヒロインの活躍。
「スパイダーマン」に負けないシリーズになることを願ってます!!!


 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.14

「サンダーバード」上映館はこちら!

 「サンダーバード」(UIP)は、名作TVシリーズを最新のデザイン&技術、スタッフ&キャストでリニューアルしたSF超大作!
日本語吹替えを担当するV6による主題歌CDも、8月4日に発売です!

8月7日の日本公開へ向けて、ラストスパートです!!!

全国上映館はこちらから。“前売り券情報”のボタンをクリックし、“販売劇場リストはこちら”のボタンをクリックしてください。
但し、日本語吹替え版がどの映画館になるかは未定です。
V6ファンの方、いましばらくお待ち下さい!!

V6ミニライブもある、日本武道館7月22日ジャパン・スーパー・プレミアの申し込みはこちら!(ページ右上、“最新情報”のボタンをクリック!)
まだ間に合います!!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「バイオハザードⅡ アポカリプス」劇場予告編がスタート!

 「バイオハザードⅡ アポカリプス」(ソニーピクチャー)は、一昨年大ヒットしたSFホラーアクションの第二弾!今回もミラ・ジョヴォヴィッチのパワフルなアクションが期待できます!!

 公開は9月11日。ついに映画館での予告編がスタートしました!冒頭、化粧品のCMかと思っていたら、舞台となるアンブレラ社の名前が登場し、その後は・・・。

予告編こちらから!(画面の左下部分、Trailerボタンからお好みのサイズを選択してクリック!)
日本の公式サイトが未開設なので、海外公式サイトからです。現在公開中の日本バージョンより長く、みどころ満載の予告編ですよ!

いやとにかくワクワクさせてくれる予告編ですねぇ。
私、ゲームのことは全然知らないのですが、一作目はメチャメチャ楽しめました。特に、密室で殺人レーザー光線(懐かしい、というか古臭い言葉ですな)が迫ってくるシーンは、シビれるほどの興奮!ゾンビ軍団の特殊メイクも素晴らしく、ドキドキしっぱなしでしたね。(SF&モンスター好みの私にゃ、たまんない作品でした)

そして第二弾
死のウィルスによって人間がほぼ絶滅したラクーン・シティで、生き残りを賭けたバトルが再び始まります!
ゾクゾクするようなモンスター&ゾンビ軍団も大量発生です!!
日本公開コピーは、“彼女はまだ戦うのか!”です。

戦うミラ・ジョヴォヴィッチの活躍を、早く見たい!!!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.07.13

「ウォルター少年と、夏の休日」もう号泣です!

 「ウォルター少年と、夏の休日」(日本ヘラルド)は、母親から自立できない少年と、かつてヒーローだった二人のおじいさんとの、心の交流を描いた物語。「シックス・センス」の名子役ハーレイ・ジョエル・オスメント君と、マイケル・ケインロバート・デュバルの名優たちの名演技に、久しぶりの大号泣です!!!

 テレビも電話もない、広がる草原のなかで、物語は展開します。孫とおじいさんたちが互いの心の傷をさらけだし、自分達の進むべき道を見つけていきます。

 とにかくロバート・デュバル演じるハブじいさんが超カッコイイ!!主人公のカッコよさに、これほど震えるような感動を受けたのは「ストリート・オブ・ファイヤー」(84)のマイケル・パレ以来ですな。(げっ!!あれから20年ですか)
不良少年たちを叩き潰す酒場のシーン、孫に“信じることの大切さ”を語るシーンなど、ウォルター少年と同じ気分で憧れてしまいましたね。(まぁ私は実際おっさんなんですけど)
かつてヒーローだったという設定にも、彼自身の数々の名演技がスクリーンにかぶさります。マフィア一家の弁護士を演じた「ゴッドファーザー」(72)、サーフィンをするためにベトナムの村を焼き払う狂気の軍人を見せた「地獄の黙示録」(79)など・・・、この30年間どの作品でも強くたくましい姿を見せてくれたものです。その彼が、男の生きかたについて語り続けるこの作品、もうが止まりませ~ん!!

 オスメント君にもやられました!そのままでも泣き顔なのに、さらに涙を流しながらクシャクシャの演技を見せられては、またもや涙腺スイッチオン!です。

何かを信じ、自ら選択して悔いなき道を進むよう、おじいさんたちは教えてくれます。
本当に、心の底から大切にしたい作品ですね。
二人の名優に感謝です。

 全国上映劇場&上映時間はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.12

「キング・アーサー」先行ロードショー!

 「キング・アーサー」(ブエナビスタ)は、“円卓の騎士物語”の完全映画化作品!「パイレーツ・オブ・カリビアン」(03)でブレイクしたキーラ・ナイトレイが、《囚われの王妃》グウィネヴィアを演じます!!

 7月24日の公開に先立ち、7月17日・18日の2日間にわたって先行ロードシヨーが行なわれます!

「キング・アーサー」(字幕版)先行ロードショー上映劇場&上映時間はこちらから。
 大阪・関西地区
 東京・関東地区
 北海道地区
 名古屋・東海地区
 九州地区

 この作品で注目したいのは、やはりプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーでしょ!「アルマゲドン」「ビバリー・ヒルズ・コップ」「フラッシュダンス」など・・・この作品リストを見ただけでも、その力量のスゴさがわかるはず。広告界から映画界へ転じ、確固たる地位を築いた人物です。私達、彼の作品にどれだけお世話になったかわかりません!

 特に、96年に死去したプロデューサー、ドン・シンプソンとは15年以上もコンビを組み、数々のスーパーヒットを生み出しました。(その経緯や、ドン・シンプソン没落の顛末は、このページから・・・彼らのコンビ人生こそドラマですぞ)

 「キング・アーサー」は、監督よりも強烈な存在感を示せる、数少ない大物プロデューサーの最新作です!
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.11

「スチームボーイ」上映劇場&上映時間をチェック!

 「スチームボーイ」(東宝)は、ジャパニメーションを世界に知らしめた「AKIRIA」大友克洋監督・脚本による最新作!アニメ史上最大枚数のセル画18万枚が、126分を一気に疾走します!!!

 いよいよ7月17日から公開です。
 上映劇場&上映時間はこちらから。
 大阪・関西地区
 東京・関東地区
 北海道地区
 名古屋・東海地区
 九州地区

 大友克洋監督の動画コメント&キャラクター・メカ解説はこちらから。
 フォト・ギャラリーはこちら

 19世紀、産業革命に沸くロンドンシティを舞台にした、“科学の真理”を問うストーリー。蒸気機関の発明者ロバート・スチーブンソンが重要な役どころで登場する、歴史ロマンの趣きもあります。
私好みのキャラは、主人公レイの祖父でスチームボール発明者であるロイド博士。
中村嘉葎雄さんの声がピッタリです!そういえば中村さん、「明日があるさ THE MOVIE」(02)でも、宇宙ロケット開発に夢を託す、街の発明家を演じていました!(実は私、あの作品メッチャ好きなんです。映画館で泣いちゃいましたよ。)

アニメ史上に残る、大友克洋監督待望の新作長編作品がついに公開です!!

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「デビルマン」DVD付前売券発売開始!

 「デビルマン」(東映)は、「キューティー・ハニー」永井豪原作による、伝説のコミック完全実写映画化作品!悪魔族の魂を持つデビルマンが、ひとりの女性を守るため、戦いつづけます!!!

 この作品、もともと今年6月5日公開予定でした。が、CG映像の製作が遅れ、公開は10月9日に延期されたのです。7月10日より、メイキング映像などを収録したDVD付前売券(1300円・限定20000枚)が発売されています!(発売劇場はこちらから。)
“T-VISUAL”(“T”は東映の意味みたいです)と名づけられたVFX&CGによる、ド派手な変身&バトルシーンなど、最新映像がたっぷりです。もちろん、スタッフ・キャストのインタビューや製作発表の様子も収録!

 気になる主演は、双子の伊崎央登&伊崎右典。2000年第13回ジュノン・スーパーボーイズ右典がグランブリ、央登が審査員特別賞を獲得しています。2001年には、4人のアイドルグループ“FLAME”としてデビューしました。
DVDの映像を見る限り、美系少年少女総出演の学園ものといった雰囲気もあります。それもそのはず、学園ものの傑作「ビーバップ・ハイスクール」シリーズ(中山美穂のセーラー服が懐かしい!)などを築きあげた、那須博之監督&奥様の那須真知子脚本コンビによる作品です。

 私の場合、「デビルマン」といえばTVアニメから馴染みました。初放映当時、永井豪さんのサイン会でデビルマンのイラストを描いてもらってビックリ!!アニメしか知らなかった幼き私は、“こんなんデビルマンと違うやん!”と大胆にも本人に言ってしまいました。(恥ずかしい~!)“これが本当のデビルマンだよ”と永井豪さんになだめられる始末。トホホ・・・。
そのイラストとサインは今や宝物ですね。

「CASSHERN」「キューティー・ハニー」に続いて、懐かしアニメ実写映画化のなかでも、最も期待してきた作品が、いよいよ10月9日公開です!!!!
これは超楽しみです!!!!!

 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.10

「モナリザ・スマイル」ジュリア・ロバーツ主演最新作!

 「モナリザ・スマイル」(UIP)は、ジュリア・ロバーツ主演最新作!1950年代のアメリカ名門女子大を舞台に、“自分で考えて行動することの大切さ”を教えようとした、女性教師の物語です。女学生役で「スパイダーマン2」キルステン・ダンストも出演しています!!

 タイトルからして、ジュリア・ロバーツ演じる主人公の名前が“モナリザ”なのかと思っていました。ところが名前はキャサリンで、全然勘違い!
この映画の背景となるのは、“女性の理想は良き妻となること”と考えられていた時代です。主人公キャサリンは、そう思いこんでいる女学生たちに“本当にそれで幸せなの?”と問いかけます。その時代の多くの女性が、決められたレールの上にしか幸せを見つけようとせず、笑顔をふりまいていたから・・・。
その笑顔を、絵画「モナリザ」のミステリアスなほほえみにたとえたのが、題名の由来です。ちなみにキャサリンは美術教師なのです。ナルホド・・・。

 で、この物語、実は舞台となるウェズリー大学出身の元ファースト・レディ、ヒラリー・クリントンの手記をもとに作られたそうです。どうりでこの主人公、飛びぬけた精神と思想を持っていたわけですね。後のヒラリー夫人みたいなものじゃないですか!
(ああ~、主人公とヒラリーがだんだんダブッてきちゃいました。ごめんよ、ジュリア)

 「エリン・ブロコビッチ」(00)でアカデミー主演女優賞を獲得したジュリア・ロバーツが、久しぶりの本格的な主演で登場します!
現在妊娠中で、来年早々には双子を出産予定のジュリアの新作。
見逃せません!!!

8月7日より、東京みゆき座・大阪梅田OS劇場他、全国で公開です!
詳しくはこちら公式ホームページの最新情報から。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.09

「スパイダーマン2」悪役ドック・オクはこの人!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)がいよいよ公開!全米では数々の記録を塗りかえる超大ヒットとなっています!!

 今回の悪役は、金属製のアームを自在に操るドック・オク。演じるのは英国人俳優アルフレッド・モリーナです。大道芸人からロイヤル・シェイクスピア・シアターに参加し、ハリウッドへと渡りました。だれ?その人?って感じですね。が、この人20年以上の俳優経歴を持ち、30本以上の作品に出演しています。しかも「ショコラ」(00)「デッドマン」(95)「ブギーナイツ」(97)など、メジャー作品だらけ!なのにあまり記憶にないということは、よほど優れた役づくりで演じ分けてきたのでしょう。サム・ライミ監督は、妻にすすめられた「フリーダ」(02)のアルフレッドを見て、オファーすることを決めたそうな。
この意表をつくキャスティングも、「スパイダーマン2」大ヒットの要因です!!

 早くもパート3が決まっているこのシリーズ、次回もライミが監督になりそうです。公開は2007年夏。
しかもその公開前に、「スパイダーマン2.5」をDVD発売する予定もあるとか!!
なんじゃそりゃ~!!!

 「スパイダーマン2」公開劇場&上映時間こちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.08

「サンダーバード」ビル・パクストンが主役だ!

 「サンダーバード」(UIP)は、全編マリオネット操作によるTVシリーズの名作を完全実写映画化した、今夏の話題作!主人公となる、国際救助隊々員の日本語吹替えをジャニーズV6が担当することでも話題になっています!!

 救助メカ(サンダーバード1号から5号)の活躍がみどころですが、実写で登場する俳優たちも気になるところ。なかでも注目したいのは、救助隊リーダーのジェフを演じる、ビル・パクストンです。ハリウッドを代表する脇役スターですね。特に「タイタニック」(97)など、ジェームズ・キャメロン作品にはかかせない存在です。その彼が久しぶりにトップ・クレジットで登場とは、ウレシイではありませんか!

 ビルは、自主映画を製作していた18歳のときにロサンゼルスへ渡り、そこでジェームズ・キャメロンに出会います。ともに映画界へ入り、ビルは美術監督へ進むものの、後に俳優へ転向、キャメロンの出世作「ターミネーター」(84)に出演します。映画冒頭、全裸のシュワちゃんにからむ不良青年グループのひとりです。同年「ストリート・オブ・ファイヤー」(84)では街を守るヤンキー風にいちゃん役で出演していました。そのときの監督はウオルター・ヒル「エイリアン」シリーズを手がけた、プロデューサーのひとりです。その彼に「エイリアン2」(86)の監督としてキャメロンを紹介したのは、ビル・パクストンではなかろうか、と察しています。ビルは俳優として、キャメロンは監督として、大きく注目されたのは「エイリアン2」からです。この二人、ホントに“まぶだち”なんですね。「タイタニックの秘密」(03)は、自主映画時代に出会った二人が映画青年の心意気たっぷりに作り上げた、隠れた名品ですぞ。

 7月22日、日本武道館での「サンダーバード」ジャパン・プレミア試写会では来日し、舞台挨拶もあるそうです!
同時開催のV6ミニ・ライブとV6ファンに圧倒されるかもしれませんなぁ。
ひるむな、ビル・パクストン!!!!
全国公開は8月7日です。

関連記事はこちらこちらこちら

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.07

「キング・アーサー」スタッフ&出演者が来日!

 「キング・アーサー」(ブエナビスタ)は、聖剣エクスカリバーを手にしたアーサー王の、愛と戦いを描く超大作!あらゆる冒険物語&ファンタジーの原点となった、西洋史上最大の伝説です!!

 7月24日の公開を控え、ジャパン・プレミア試写会が行なわれます。7月20日、日本武道館にて。その名も「ナイト・オブ・ザ・ナイト」!!(ホラーファンの私はつい「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」を連想しちゃいます)
スタッフ&キャストが来日しての舞台挨拶もあります!!
プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーアントワン・フークワ監督、アーサー役のクライブ・オーウェン、ランスロット役のヨアン・グリフィズの面々が登場します。
キーラ・ナイトレイが来ないのは残念だ!!!
まだ間に合う応募はこちらから!

 アーサー王の映画化はたくさんあります。比較的新しいところでは、ショーン・コネリーがアーサー王、リチャード・ギアがランスロットを演じた「トゥルー・ナイト」(95)でしょうか。それなりに楽しめた印象があります。しかし、これまで最もインパクトが強かったアーサー王作品は、ジョン・ブアマン監督の「エクスカリバー」(81)ですね。まず、日本人にはなじみの薄いアーサー物語の、全貌がよくわかります。入門編ですな。聖剣を引き抜くシーンの美しさ、魔法使いマーリンの不気味さ、オペラ美術のようなセット・デザインなど、今も強く心に残っています。

 今回は、「アルマゲドン」「パール・ハーバー」など超大作好きのジェリー・ブラッカイマーがプロデュースした作品です。映画史上最大のアーサー王伝説作品になることは間違いございません!!

 公開は7月24日。先行ロードショーは7月17日・18日の二日間です!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.06

「トスカーナの休日」ダイアン・レインの新作!

 「トスカーナの休日」(ブエナビスタ)は、愛に傷ついた女性が旅先で素敵な生きかたを見つける物語です。イタリア・トスカーナ地方の活気・情熱・おいしさなど、生きることを楽しむ人たちに元気をもらえますよ!!!

 主演は、問題作「運命の女」(03)のダイアン・レイン!相変わらずおキレイです。デビュー作「リトル・ロマンス」(79)で、読書好きの女の子として登場したのは彼女14歳のとき。「トスカーナの休日」では女流作家を演じており、25年前の主人公がそのまま成長したように思えました。まさに感無量です!!それだけに、今回の激しいベッドシーンは余計でした。まだ「運命の女」の後遺症が残っているのでしょうか。

 25年前ごろ、ダイアン・レイン同様アイドルスターだったのは、ブルック・シールズ、フィービー・ケイツ、テイタム・オニール、ジョデイ・フォスターなど。あ~なつかしい!今も一線で活躍するのは、ダイアン・レインジョデイ・フォスターだけになってしまいました。やはり最後には実力派が残るのですね。

 トスカーナで築300年の家を買い、きれいに改装していく様子と重なるようにドラマは進みます。その家で結婚式を挙げ、家族を持つことを夢みて・・・。みんなが幸せになることの大切さを理解できたとき、自分自身の幸せも見つかります。家の完成を祝うシーンが素晴らしく、泣かせてくれます!!!

 大阪は7月17日よりOS劇場C・A・Pにて、神戸は8月7日よりシネカノン神戸にて、公開です。
 東京地区はこちらで公開中です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.07.05

「69 sixty nine」妻夫木、公開初日も舞台挨拶!

 「69 sixty nine」(東映)は、1969年の音楽・映画・ファッションなどが散りばめられた青春ドラマです!69年を知らない世代こそ純粋に楽しめる。宮藤官九郎の脚本が笑わせます!!

主演は「ウォーターボーイズ」の妻夫木 聡(オフィシャル・ファンクラブはこちら)と「サトラレ」の安藤政信(公式サイトはこちら)です。原作は村上 龍
この二人、各地試写会での舞台挨拶にもかなり精力的に登場していました。そしていよいよ7月10日初日です。
初日舞台挨拶は、銀座・丸の内東映で開催されるようです。時間は未定ですが、そろそろ映画館前に告知が出るころだと思います。
もちろん、その他劇場でも順次開催されることでしょう。

上映劇場&上映時間はこちらから。
  大阪・関西地区
  東京・関東地区
  名古屋・東海地区
  北海道地区
  九州地区

 女の子にモテたいという理由でバリケード封鎖や学生運動に参加する主人公たちの姿は、アメリカ映画の名作「いちご白書」(70)を思い出させます。とはいえ、決してノスタルジックにひたる作品ではありません。1969年という時代を通じて、現代そのものを描きます。
監督は1974年生まれの李 相日。1969年を知らない世代たちが遊び感覚で完成させた、傑作青春映画です!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.04

「スパイダーマン2」上映劇場&上映時間をチェック!

「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)が6月30日、全米公開されました!
初日だけで44億円を稼ぎ、全米初日興行収入歴代№1の猛ダッシュです!これはスゴイ!!

日本でも7月3日に先行ロードショーが行なわれ、他作品を圧倒していました。「ハリー・ポッター」とは観客層が少し異なるのも、この作品の強みです。
そしていよいよ、7月10日に公開です!!

全国上映館&上映時間はこちら
 関西・大阪地区
 関東・東京地区
 東海地区
 北海道地区
 九州地区

 日本語吹替え版はこちら
 関西・大阪地区
 関東・東京地区
 東海地区
 北海道地区
 九州地区

日本公開に合わせ、サム・ライミ監督も来日&記者会見の予定とか。かつて、チープなスプラッター「死霊のはらわた」で映画ファンに衝撃を与えた伝説の男ですぞ!!「XYZマーダーズ」(85)公開来日時に、“サムライ・ミー!”という意味不明のおやじギャグを飛ばしていました!~オレは侍の生まれ変わりだぁ!~などと叫んでたよ。(単なる変なおじさんかも。)

「スパイダーマン2」は、久しぶりにサム・ライミ監督初期作品のエネルギーを感じるシリーズ最新作です!
この夏は、まずこの超話題作から!!!
スパイダーマン応援リーダー、中村獅童も応援しています!!!

| | Comments (0) | TrackBack (8)

「スチームボーイ」大友新作に涙!

 「スチームボーイ」(東宝)は、現代科学の基礎を築いた発明家たちの、夢と野望を描いた物語!「AKIRA」(88)の大友克洋監督が遂に完成させた、渾身の作品です!!
このアニメをどれだけ待ちわびたことか!!!

 公開を7月17日に控え、大阪でも劇場試写が7月4日に開催。運よく参加できました!早朝試写にも関わらず、劇場は子供から大人まで、幅広い観客層であふれました。

 長く待たされた大友作品ファンを裏切らない、圧倒的なスケール感そして興奮の連続です。スチーム城VS大英帝国軍の激しい攻防戦が、19世紀の巨大なロンドンシティを群集ごと飲み込んでいきます!このスケール感こそ、大友作品のみどころですね。
 また、蒸気を主エネルギーとしたメカニック・デザインが素晴らしい!ピストンと歯車がいくつも重なり合ってガタガタ動く姿に、科学に対する途方もない知恵と工夫、そして希望と野望を感じずにはいられません。
 「AKIRA」では、荒廃した未来の中で希望と友情を守ろうとする若者たちが描かれました。「スチームボーイ」では、大変革を遂げようとするテクノロジー時代幕開けの中で、科学の真理を追究しようとする少年の心が描かれます。若き主人公たちのその心意気は、感動的なエンディングで結実します。決して未来をあきらめなかった彼らのラストカットに、涙が流れました。
科学に興味を抱く、未来を担う少年少女たちにこそ、この作品を見て欲しい!

 登場人物のなかでは、紅一点のスカーレットが印象的!しかもスカーレット・オハラという名前は、「風と共に去りぬ」(39)でヴィヴィアン・リーが演じた役名そのまんまですな。勝気で強がりで、芯の強い性格もそっくり!ラストに登場する、成長したスカーレットの姿に、ヴィヴィアン・リーの雰囲気が感じられますぞ!大友監督、やっぱりハリウッド大作がお好きなのですね。

製作期間9年! 総製作費24億円! 総セル画枚数18万枚!
2度とないスケールとスタッフの粘りで完成した超大作アニメが、いよいよ7月17日公開です!!

この作品、先行ロードショーはございません!
全国上映劇場はこちらから。
公開前のスペシャルTV番組&「AKIRA」TV放映の情報はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.07.03

「メダリオン」ジャッキーが死んだ!

 「メダリオン」(日本ヘラルド)は、ジャッキー・チェン生誕50年・日本公開50作品の記念超大作!不死身のパワーを持つメダルをめぐり、ジャッキーがアイルランドで大活躍します!!
超パワーを身につけた者同士の対決シーンは、まるでドラゴンボールのようでした!!

 50本目にして初めて、ジャッキーの死ぬ場面が登場しました。といってもメダルの力ですぐ復活しますけどね。しかも死んでるシーンなのに、目元やのどが微妙にピクピクしてます。バレバレです。すぐに生き返るとわかっていても、初の絶命シーンはやはり哀しかった!もう二度と死なないでおくれ!!

 この作品、香港映画史上最高の製作費3億香港ドルが投じられたとか。確かにお金かかってそうな場面も多々ありますが、小ネタギャグや荒っぽい撮影・編集などは、いつもの香港映画のノリのまま。なんともご愛嬌ですな。でもジャッキー、ほんとによくやります。軽快かつコミカルなアクションは、いつ見ても安心して楽しめます。

 冒頭の香港から、舞台は一気にアイルランドへ。斬っても突いても死にません!不死身の体を手に入れたジャッキーが、常識を超えたアクションを見せてくれますぞ!!!

 全国上映劇場はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (2)

マーロン・ブランド死す!

 名優マーロン・ブランドが亡くなりました。
 なんといっても「ゴッドファーザー」(72)のドン・コルレオーネ役が忘れられません。映画を見ていない人でも、あの、貫禄ある姿の写真くらいはご存知だと思います。

「ゴッドファーザー」が公開されたとき、私、小学一年生でした。でっかい看板やポスターが映画館に飾られていたのを覚えています。有名なテーマ曲のメロディも当時よく聴きました。(尾崎紀世彦が日本語版で歌っていたぞ)
その後驚いたのは、マーロン・ブランドが以外に若かったことです。当時48歳!貫禄あふれるドンの姿から、おじいちゃんだとばかり思っていましたが、老け役のメイクだったんですね。あのメイクは完璧です!!
「ミズーリ・ブレイク」(76)で若い姿を拝見して驚きました。でもこの作品、当時小五の私にゃ全然面白くなかったよ。続く「スーパーマン」(78)「地獄の黙示録」(79)での伝説的な名演技は映画史に残るといってよいでしょう。
しかし80年代以降は、作品にも恵まれませんでした。俳優としては70年代がピークだったと思います。

数々のスキャンダルや問題行動を起こしながら、俳優としても頂点の座を守り続けたマーロン・ブランド。「八月十五夜の茶屋」(56)日本ロケでは、エキストラ参加していた淀川長治を“気に入らない!”という理由で現場から追い出したこともあるそうです。

現在、偶然にも「ゴッドファーザー デシタル・リマスター版」が公開中です。アメリカ映画史上のベスト3位にも選ばれている名作の、名演技を、どうぞご覧ください!!!

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2004.07.02

「世界の中心で、愛をさけぶ」TVドラマはどうだ?

 東宝系で大ヒット中、「世界の中心で、愛をさけぶ」TVドラマが始まった。(TVドラマ公式サイトはこちら)映画版は大人になったサクの部分が気に入らず、世間並みの感動を得られませんでした。それでも長澤まさみ公式ホームページ)と森山未来公式ファンクラブ)のシーンは抜群で、二人ともこれまで以上に輝かしい演技を見せてくれました!
 
 今回TVドラマでアキを演じるのは綾瀬はるか。(プロフィールはこちらから)ホリプロ・スカウトキャラバンから登場した彼女、「世界の中心で、愛をさけぶ」映画版の行定 勲監督作品「JUSTICE」(2002)~「Jam Films」の一篇~に出演していました。やはりセカチューに縁があったのかも。今後のブレイクが楽しみです!!!

 今回のTVドラマ版は、サクとアキの高校生時代を中心にドラマが展開!!どの場面を見ていても、映画版とついつい比較してしまいますね。ウォークマンを使って心を通わせる場面は、映画もTVも必見の見どころシーンです!
TVを先に見ている人は、ぜひ劇場にも足を運んでください!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ワイルド・レンジ」ケヴィン・コスナー西部劇!

 「ワイルド・レンジ/最後の銃撃」(日本ヘラルド)は、久しぶりの本格派西部劇!監督&主演のケヴィン・コスナーが、勧善懲悪の渋いカウボーイを演じます!!

 最近またまた西部劇がふえてきました。今年だけでも「レジェンド・オブ・メキシコ」「ミッシング」「アラモ」などがあります。そしてケヴィン・コスナーといえば数少ない、ウエスタン志向の俳優・監督です。スターとしての地位を確立したのは「シルバラード」(85)から。初監督「ダンス・ウィズ・ウルブス」(90)ではアカデミー作品・監督賞を獲得し、その後も「ワイアット・アープ」(94)など、西部劇へのこだわりを持ちつづけています。作品の良し悪しはありますが、西部劇を大切にする心意気がなんとも嬉しい!!

ちなみにコスナーが好きな西部劇は「シェーン」「西部開拓史」「赤い河」だそうです。いかにもアメリカですなぁ~。

 「ウォルター少年と、夏の休日」ロバート・デュバルが正義の仲間役を、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の新校長役マイケル・ガンボンが悪徳牧場主を演じます。この共演陣のキャストも見事です!!

 西部劇ファンの血が騒ぐ「ワイルド・レンジ/最後の銃撃」は、7月3日公開です。

 全国上映劇場はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.01

「ウォルター少年と、夏の休日」予告編にまたもあの曲が!

 「ウォルター少年と、夏の休日」(日本ヘラルド)は、忘れられないひと夏の経験を描く感動作です!「シックス・センス」オスメント君と二人の名優が、夢を信じることの大切さを見せてくれます!!

 予告編を見ただけで、“どうぞ感動してください!”という雰囲気が伝わってきます。主人公たちの優しい笑顔、田舎の風景など。そしてなんといっても予告編に流れる音楽です。(問題の予告編はこのページから)この曲、毎年必ずといってよいほど“感動系作品”の予告編音楽として使用されています。「フォレスト・ガンプ」「トゥルーマン・ショー」あたりからでしょうか。
 実はこれ、「ドラゴン/ブルース・リー物語」(93)のサントラに含まれる曲です。90年代以後の活躍が目覚しい作曲家ランディ・エーデルマンによるものです。実際このサントラ、数々の予告編に使われることでロングセラーになっているという、まれに見る逸品です。
 
 なので、「ウォルター少年と、夏の休日」のサントラを買ってもあの曲は入っていません!
お気をつけください!!!!

 7月10日公開です。全国上映劇場はこちらから。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »