« 「アイ,ロボット」ウイル・スミスがロボットと戦う! | Main | 「ステップフォード・ワイフ」ニコール・キッドマン最新作! »

2004.07.17

「69 sixty nine」名作西部劇との関係!

 「69 sixty nine」(東映)は、1969年長崎の高校を舞台にした物語。妻夫木聡安藤政信が、思春期ムンムンの高校生を演じます!

 “楽しく生きたモンが勝ち!”っていう、作品全体のスタンスが好きです。好きな女の子のためにバリケード封鎖をお気楽気分で決行する主人公たち。それでも止まらないエネルギーは周囲の意思をも動かし、管理教育の体制反対に突入していきます。10代ならではの熱いパワーを感じさせてくれる作品でしたね。

 妻夫木聡と安藤政信のキャラクターを見ていて、西部劇の名作「明日に向って撃て!」を思い出しました。二人の男がを持って生きていくものの、法律という管理体制に追い詰められていく・・・といったストーリーです。ポール・ニューマンが行動派で明るく楽しい男を、ロバート・レッドフォード無口でクールなガンマンを演じました。強盗役なのですが、人情味たっぷりで友情の絆も深く、悪者には全く見えませんでした。

妻夫木&安藤は、「明日に向って撃て!」のニューマン&レッドフォードです!橋から飛び降りるときに、安藤政信が“泳げないんだ”というシーンは、まさにそのことを語っています。全く同様のシーンがあるからです。これだけで何だか嬉しくなっちゃいました。
そしてこの「明日に向って撃て!」は1969年の作品なんですね。やはり。

だからといって単純に“パクリ”ということではなく、「69 sixty nine」独自の魅力を輝かせています!
今より物不足・情報不足だった1969年なのに、楽しく生きようとする人間のエネルギーは昔も今も変わりません。そこに感動してしまうわけです。

「69 sixty nine」を見たら、久しぶりに「明日に向って撃て!」を見たくなりました!!!

「69 sixty nine」全国上映館&上映時間はこちらから。
「明日に向って撃て!」DVDはこちらから。

|

« 「アイ,ロボット」ウイル・スミスがロボットと戦う! | Main | 「ステップフォード・ワイフ」ニコール・キッドマン最新作! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/991552

Listed below are links to weblogs that reference 「69 sixty nine」名作西部劇との関係!:

« 「アイ,ロボット」ウイル・スミスがロボットと戦う! | Main | 「ステップフォード・ワイフ」ニコール・キッドマン最新作! »