« 「ヴェロニカ・ゲリン」ケイト・ブランシェットがカッコイイ! | Main | 「忍者ハットリくん THE MOVIE」絶妙のキャスティング! »

2004.06.16

「スパイダーマン2」原作コミック誕生の原点!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、サム・ライミ監督による大ヒットシリーズ第二弾!新たな強敵ドック・オクと戦い、より過酷な運命に立ち向かいます!!!

 遺伝子組換えのスーパー・スパイダーに噛まれたことが原因で、主人公は超パワーを身につけました。その活躍を描いたのが、一作目「スパイダーマン」(02)です。しかし、原点となったコミックでは少し異なります。スタン・リーによるコミックは、1962年に誕生しました。そこでは、放射能を浴びたクモに噛まれたことが原因となっています。1962年といえば、米ソ核戦争が起こりかけた“キューバ危機”の年。戦争への脅威がコミック「スパイダーマン」を生み出したといってよいでしょう。

 ヒーローへの運命を選ぶきっかけも異なります。原作コミックでは次の通りです。スパイダーコスチュームを身につけてTV局でパワーを披露した帰り道、強盗が人を襲う様子を目撃します。しかし助けようとはせず、そのまま黙って見過ごします。他人のことはどうでもよいと思っていたのです。ところがある日、自分の養父が殺されます。スパイダーパワーを使ってその犯人を捕らえると、かつて見逃した泥棒だったことに気づくのです。主人公は強い衝撃を受け、後悔します。そのとき、“大きな力には大きな責任が伴う、この力で人を救おう”と決心するわけです。

 コミック誕生から40年の月日を経て、その面白さをリアルに映像表現できる技術がようやく整いました。USJアトラクション以上の楽しみを期待できる「スパイダーマン2」は、7月10日公開です!!

|

« 「ヴェロニカ・ゲリン」ケイト・ブランシェットがカッコイイ! | Main | 「忍者ハットリくん THE MOVIE」絶妙のキャスティング! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/780964

Listed below are links to weblogs that reference 「スパイダーマン2」原作コミック誕生の原点!:

» 「スパイダーマン2」シリーズ待望のPARTⅡ! [新作映画ピンポイント情報]
 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、2002年の第一作に続く待望のシリーズ第二段です!!!今回も主要スタッフ・ [Read More]

Tracked on 2004.06.16 at 10:55 PM

» 「スパイダーマン2」遂にドック・オクが登場! [新作映画ピンポイント情報]
 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、アメリカン・ヒーローが摩天楼を駆けぬける、シリーズ第二弾!!新たな強敵がス [Read More]

Tracked on 2004.06.16 at 11:01 PM

» 「スパイダーマン2」シリーズ待望のPARTⅡ! [新作映画ピンポイント情報]
 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、2002年の第一作に続く待望のシリーズ第二段です!!!今回も主要スタッフ・ [Read More]

Tracked on 2004.06.26 at 09:36 PM

» 「スパイダーマン2」上映劇場&上映時間をチェック! [新作映画ピンポイント情報]
「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)が6月30日、全米公開されました! 初日だけで44億円を稼ぎ、全米初日興行収入歴 [Read More]

Tracked on 2004.07.04 at 09:50 PM

» 「スパイダーマン2」悪役ドック・オクはこの人! [新作映画ピンポイント情報]
 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)がいよいよ公開!全米では数々の記録を塗りかえる超大ヒットとなっています!!   [Read More]

Tracked on 2004.07.09 at 10:25 PM

» 「スパイダーマン2」涙が三回出ました! [新作映画ピンポイント情報]
 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、アメコミ史上最大のヒットとなったシリーズ最新作!前作を上回る強敵ドック・オ [Read More]

Tracked on 2004.07.18 at 09:59 PM

« 「ヴェロニカ・ゲリン」ケイト・ブランシェットがカッコイイ! | Main | 「忍者ハットリくん THE MOVIE」絶妙のキャスティング! »