« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.30

「サンダーバード」ジャパン・プレミアにV6登場!

 「サンダーバード」(UIP)は、国際救助隊の活躍を描くSFドラマ!世界中にファンを持つTVシリーズ、待望の映画化です!!

 8月7日の公開を控え、ジャパン・プレミア7月22日に全国各地で開催されます。東京は日本武道館です。(応募はこのページから)試写会なのにどうして武道館なの?と思われる方がおられるかもしれません。吹替えを担当したV6のメンバーが登場し、主題歌を披露するそうです。ビル・パクストンなどの主要キャストやスタッフの舞台挨拶も予定しています。V6ミニライブと映画試写会が渾然となり、なんだか意味不明の会場になりそうですねぇ。そして客席には叶姉妹がいたりして・・・。
で、上映するのはV6の吹替え版ではなく、字幕版です。ミニライブ終了後にV6ファンが退場しないことを祈ります。

 「サンダーバード」ジャパン・プレミア 東京以外の会場はこちら。
 大阪・メルパルクホール
 名古屋・愛知勤労会館
 福岡・明治安田生命ホール
 札幌・道新ホール

 
 東京・日本武道館以外の会場での詳細は不明です。恐らく舞台挨拶は一切ないでしょう。

 サンダーバード・ファンにとっては夢のようなこの作品。いよいよ公開が迫ってきました!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.06.29

「リディック」実はこれ続編です!

 「リディック」(松竹)は、未来の宇宙を舞台にしたアクション超大作!「トリプルX」「ワイルド・スピード」で大ブレイクしたヴィン・ディーゼル最新作です!!
特殊能力を持つ逃亡犯リディックが、宇宙を救う!!!!!

 この作品、実は続編です。前作は、2000年公開の「ピッチブラック」。肉食エイリアン軍団からのサバイバルを描いたSFアクションでした。凶悪犯リディックは準主役で、新作同様ヴィン・ディーゼルが演じていました。今回、準主役キャラが一躍主役へと踊り出たわけです。さらにアニメ版もあります。7月30日発売「リディック・アニメーテッド」です。驚いたことに、このアニメ版リディックの声優もヴィン・ディーゼルが出演しています!ヴィンちゃん、よほどリディック役がお気にいりなのでしょうね。そういえばこの人、悪人と善人をミックスしたような役が多いです。

 予告編を見る限り、全くの新作としか思えないこの作品。公開前に前作を見ておけば、さらに楽しめますぞ!!!
 公開は8月7日です!!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.06.28

「マッハ!!!!!!!!」ナンダこの映画は!

 「マッハ!!!!!!!!」(ギャガ)は、ムエタイアクションで世界を救う、タイの映画です!!CG、ワイヤーアクション、スタントマン、早回し、などの小細工は一切使いません!(というか使えません!)全編生身のムエタイ戦士たちが世界を仰天させます!!

 すんごい映画が登場しました。タイトルからして強烈です。「マッハ!!!!!!!!」ですよ。“!”マークのつけすぎではありません。こんな邦題なのです。
 ヨーロッパでは、なんとリュック・ベソンが主要7ケ国の配給権を獲得!フランスでは「HERO」「少林サッカー」を越える大ヒットとか。(フランス人もこんな映画好きなんですね。)すでに全世界40ケ国での公開が決定しています!
いやぁ、これは見逃せませんぞぉ。そもそもタイの映画なんて見た記憶がほとんどごさいません。久しぶりに登場した、なんだか濃い~臭いのする映画です。チラシや広告だけでも、汗臭さが漂います。このような作品は、珍しいものでも見て楽しむがごとく、映画館でわあわぁ騒ぎながら見たいものです。

 これを機に、タイ映画ブームがブレイクするのか?
 ムエタイ純度100%の作品「マッハ!!!!!!!!」は、7月24日公開です!!!

 関西は下記劇場にて公開。
 梅田ブルク7、道頓堀東映パラス、MOVIX京都、神戸国際松竹、MOVIX六甲

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.06.27

「スチームボーイ」音楽はハリウッド級!

 「スチームボーイ」(東宝)は、アニメ史上最大のセル画18万枚で描かれる空前の物語です!完成披露試写会も終了し、いよいよ公開が迫ってきました!

 驚いたのは音楽です。担当するのはスティーブ・ジャプロンスキー。若手ながらハリウッド大作に参加している新鋭です!今や映画音楽の名匠ともいえるハンス・ジマー師匠のもと、「ラスト サムライ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などに加わっています。

 現在劇場で流れている特報予告第4弾にも、本編と同じオーケストラ曲が流れています。「スチームボーイ」は予告編も大友監督こだわりの作品なのです。
その製作秘話は、公式ブログのこのページから。

 19世紀のロンドン、そしてアメリカを舞台に展開する、夢と勇気を見せてくれるストーリー!!
 アニメ史上に残る作品が、7月17日に公開されます!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (3)

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」制服着ないの?

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(ワーナー)は、待望のシリーズ3作目!!アズカバンから逃亡した殺人犯シリウス・ブラックがハリーを狙う理由は何か!!!
ハリー・ポッター出生の秘密が明かされます!!!

 今回、ポスターやチラシを見て違和感があったのは、主人公たちが私服姿だったことです。そのデザインに何か新しい雰囲気を感じていました。そして映画を見てさらにビックリ!!!結局ずっと私服なんですね。制服は全く登場しませんでした。魔法学校の校則が変わったのでしょうか?これには深い理由が?私には謎でございます。劇場ではハーマイオニーが着用していた私服と同デザインのシャツ&ベルトなどを販売していました。う~ん、これはどうかなぁ。

 1~2作目とは監督が変わり、全体的なトーンもやや変化しました。1つのシーンをひっぱりすぎず、テンポよくどんどん展開します。その各カットに細かなSFX処理が施され、全てが楽しめました!原作にある大量のエピソードを丁寧かつスピーディーに見せてくれます!!
私はこの3作目が一番お気に入りです。

 劇場は大混雑です。事前にチケットを購入しておくことをオススメします。
 上映館&上映時間のチェックはこのページから。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

「シュレック2」声優にあの二人が!

 「シュレック2」(UIP)は、おとぎ話の世界を舞台にしたファンタジー&コメディ!!アニメーションでありながら、カンヌ映画祭“コンペティション部門”へ出品された大ヒット作!
全米では「ファインディング・ニモ」の記録を破り、爆進中です!!!

 キャメロン・ディアスやエディ・マーフィーなど、声優のキャスティングがスゴイ!!日本とはくらべものにならないほどギャラが高そうな面々です。そして今回、フィオナ姫の母、リリアン王妃役で出演するのがジュリー・アンドリュース!!「サウンド・オブ・ミュージック」(65)「メリー・ポピンズ」(64)など、数々の名作で名曲を歌い続けた大女優&歌手です。さらに英国流コメディセンスは抜群!上品で優しそうなあの笑顔は、いつまでたっても忘れられません。こんな人がお母さんだったらなぁ、と子供の頃に憧れました。98年の声帯手術で歌手生命を絶たれたものの、その後も映画に出演する姿には感無量です!!!!

 そしてもう一人、物語のキーとなるチャーミング王子役で出演するのがルパート・エヴェレットです。(今となっては知らない人も多いかも。)デピュー作「アナザー・カントリー」(83)でかつて大ブレイクしました。作品内容が同性愛を扱っていたので、女性からオカマまで、幅広いファン層を獲得していたものです。しかしその後は全く作品に恵まれず、フィルモグラフィーを見ただけでも壮絶な俳優人生が伺えます。(よくもまぁ今回抜擢されましたね。)いかにも英国人らしい雰囲気が彼の魅力ですから、そのあたりが王子役にピッタリだったのでしょう!

 日本公開は7月24日ジャパン・プレミアは東京7月13日、大阪はユニバーサル・スタジオ内で7月15日に行なわれます!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.26

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」ハーマイオニー来日は27日!

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(ワーナー)が6月26日より公開されました!
 東京丸の内ピカデリーでは、ロン役のルパート・グリント、監督のアルフォンソ・キュアロン、プロデューサーのデビッド・ヘイマンが舞台挨拶に登場!!早朝にも関わらず、待ち焦がれたハリポタファンが劇場に大集結しました。(関連記事はこちら

 ハーマイオニーことエマ・ワトソンは6月27日に来日予定!
 ロンと一緒に登場してもらえなかったのが残念です!!!
 翌28日には通信回線を使用し、ロンドンにいるダニエル・ラドクリフを交えて都内で記者会見を開くそうです。さすがはハリポタ!やることの規模がデカイ!!!(関連記事はこちら

 ここ数日は、ハリポタメンバーの日本国内キャンペーンに注目です!!!

 本日公開となった「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」上映時間はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「キング・アーサー」キーラ・ナイトレイの視線が!

 「キング・アーサー」(ブエナビスタ)は、アーサー王伝説を壮大なスケールで描くスペクタクル巨編!!「アルマゲドン」「パール・ハーバー」など、数々の超大作を手がけたジェリー・ブラッカイマー製作作品です!

 予告編で注目したいのは、キーラ・ナイトレイの活躍ぶりです。主人公アーサーと恋に落ちる王妃、グウィネヴィアを演じます。弓の名手です。歯を食いしばって弓を引き、狙いを定める視線がなんともカッコイイ!「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ラブ・アクチュアリー」など、近年かなりビッグな存在になってきました。今年まだ19歳です!!それにしては大人っぽい!彼女の存在を知ったのは、「スター・ウォーズ エピソードⅠ」(99)!ナタリー・ポートマン演じるアミダラの影武者役を演じていました。この作品でハリウッドから大きく注目され、スター路線へと進んだわけです。最近、恋人との同棲が話題にもなっています。(関連記事はこちら

 先行ロードショーは7月17日・18日、公開は7月24日です!!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.06.24

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」ハーマイオニー舞台挨拶!

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(ワーナー)は、主人公たちの成長ぶりが楽しめる、最強のファンタジー第3弾!!

 いよいよ6月26日より公開されます!25日にはロン役のルパート・グリントと、ハーマイオニー役のエマ・ワトソン来日します!!!(関連記事はこちら)そしてなんと!26日初日、丸の内ピカデリーにて舞台挨拶が行なわれます!!!
残念なことに、丸の内ピカデリー公式ホームページを見ても、どのタイミングで舞台挨拶が行なわれるのか掲載されていません。が、掲載内容から察するに、初日早朝8時頃だと思われます。もはやチケットはないでしょうが、たくましき野次馬根性の持ち主は当日劇場周辺へ向かってください!!!
 ひょっとしたらロンとハーマイオニーに出会えるかも????

 監督が変わり、「レオン」「フィフス・エレメント」ゲイリー・オールドマンをゲストに迎えた最新作が、間もなく公開です!!!!!

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
 全国映画館&上映時間チェックはこちらから。
 東京地区
 関西地区
 九州地区
 北海道地区
 横浜地区
 東海地区


| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.06.23

「世界の中心で、愛をさけぶ」あの純愛映画の影響!

 「世界の中心で、愛をさけぶ」(東宝)は、7月からTVドラマもスタートする大ヒット純愛ストーリー作品です!
長澤まさみ(公式ホームページはこちら)と森山未来(オフィシャルファンクラブはこちら)の二人が素晴らしい!!!

 映画を見ていて、ある純愛映画からの強い影響を感じました。11歳の男の子と女の子が恋をする1970年のイギリス映画「小さな恋のメロディ」です。(ビージーズの音楽が切なく美しい名作!何度見たことかわかりません。)
サクとアキがお墓へ行く場面、リンゴを食べる場面、50年以上も一人の人を愛せるだろうかと語り合う場面など・・・。極めつけは、アキの好きな映画がやはり「小さな恋のメロディ」であったこと。映画の随所で、名作への思いが感じられました。白血病というストーリーも、1970年のアメリカ映画「ある愛の詩」がベースになっていると思います。純愛物語が大ヒットになった1970年と2004年。このふたつの時代に何か共通点があるのでしょうね。気になる方は、ぜひ1970年の2作品をご覧下さい。

 実写邦画ドラマとしては、おそらく今年度最高の興行成績となるでしょう。その勢いはまだまだ続いています!!

 全国上映館&上映時間はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.06.22

「スパイダーマン2」先行ロードショーをチェック!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、アメコミ映画化史上№1ヒットとなった、シリーズ第二弾!!
7月10日の公開を控え、今や注目度が急上昇です!
6月24日はジャパン・プレミアが東京・大阪で、7月3日には全国映画館で先行ロードショーが予定されています。

 全国上映館&上映時間はこちら
 関西・大阪地区
 関東・東京地区
 東海地区
 北海道地区
 九州地区

 日本語吹替え版はこちら
 関西・大阪地区
 関東・東京地区
 東海地区
 北海道地区
 九州地区

 7月3日先行ロードショーは、前売券が使用できないので注意してください。全席指定劇場の場合、できるだけ早くチケットをゲットしたいところ。しかし、いつからチケット購入できるかは、劇場によって異なります。7日前から前日まで、さまざまです。行きたい映画館の状況を確認して、早めに購入しましょう!

 2作目最高の見せ場は、強敵ドック・オクとの地下鉄バトルのシーンとか。予告編でも数カット登場しますが、そのスピード感&アクションには、それだけで大興奮させられました。新たなる強敵の登場、ヒーローとしての運命の行方、ヒロインMJとのラブロマンスなど・・・。製作費220億円を投じた「スパイダーマン2」が、いよいよ公開です!!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.20

「ウォルター少年と、夏の休日」オスメント君の声変わり!

 「ウォルター少年と、夏の休日」(日本ヘラルド)は、孤独な少年と二人のおじいさんが主人公の、心あたたまる物語です。主演は「シックス・センス」「A.I.」ハーレイ・ジョエル・オスメント。そして「ゴッドファーザー」のロバート・デュバル「勝利への脱出」マイケル・ケイン
名優二人の共演が素晴らしい!!!

 プロモーションで来日したオスメント君の声を聞いてビックリ!しっかり声変わりしていました。(ハの字まゆ毛は健在です。)まぁ当然なのですが、大人に近づいてきたなあって感じです。少年を演じるのもこの作品がラストでしょう。アカデミー賞受賞暦のある渋い俳優二人を相手に、堂々と演じてくれました!

 これまで、愛情を求めるような少年役が多かったオスメント君。今回も、無理やり預けられることになった田舎の家で、二人のおじいちゃんと交流を深めます。韓国映画「おばあちゃんの家」に続いて、「おじいちゃんの家」って邦題でもよかったかも。おじいちゃんッ子には、たまらない作品です!!
 7月10日公開です。
 少し大人になったオスメント君の独占インタビューはこちらから。 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「天国の本屋~恋火~」のどかな天国!

 「天国の本屋~恋火~」(松竹)は、恋人たちが果たせなかった願いを、時空を超えて実現させるラブストーリーです。“恋する花火”が輝いたとき、未完成のピアノ組曲に奇跡が起こります・・・。主演は竹内結子、玉山鉄二です。

 冒頭、玉山鉄二演じる主人公が、天国の本屋へいきなり連れていかれ、そこで働くことになります。その展開に驚きました。本当に、“天国の本屋”なのですね。とはいえ、天国ののどかな雰囲気がとてもいい。北海道をロケしただけあって、広々した空間とほんのり漂う白い雲が、なんだかとても天国チックです。(見たことないですけどね。)ちなみに天国では風力発電のプロペラも回っていました。天国の本屋も妙なムード光線を出しまくっています。なんといっても店主が原田芳雄です。しかも朗読までしてくれます。あの顔で朗読されたらコワくて集中できないような気が・・・。

 地上と天国が出逢うとき、死別した恋人たちの願いが完成します。サントラ音楽は松任谷正隆、主題歌を歌うのは、松任谷由美。この組み合わせは初めてです。豪華!!
ラストの花火が美しい!!!

 上映館&上映時間はこちら。
  大阪・関西地区
  東京・関東地区

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.19

「デイ・アフター・トゥモロー」エミー・ロッサム次回作も楽しみ!

 「デイ・アフター・トゥモロー」(フォックス)は、地球温暖化の脅威を描く超パニック映画!「世界の中心で、愛をさけぶ」を押さえて№1ヒットを継続しています!

 主人公の恋人役を演じたのは、エミー・ロッサム(写真はこちらから)。目がパッチリ系でかわいかった。なんと今年18歳ですよ。若いっ!!!間もなくDVDが発売される「ミスティック・リバー」(03)で、ショーン・ペンの娘役を演じています。冒頭で惨殺されたのですが、結構印象に残っています。
そして次回作は、アンドリュー・ロイド・ウェーバー版「オペラ座の怪人」です。この舞台の映画化、実はかなり以前から製作が進められているものの、進行状況が悪く、現在は2005年公開予定になっています。(これもファントムの呪いなのか?)エミー・ロッサムは、天使の声を持つヒロイン=クリスティーナを演じるらしいです。お~、これはスゴイ大抜擢ですね。吹替えなしの自声で歌うかどうかは不明です。

 エミー・ロッサム、まだまだ脇役の印象ですが、いずれブレイクするかもしれませんぞ!!

 「デイ・アフター・トゥモロー」来日記者会見の様子こちらから。

 「デイ・アフター・トゥモロー」
 上映館&上映時間はこちらから。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.18

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」上映時間をチェック!

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(ワーナー)が、いよいよ6月26日より公開されます!先行ロードショーのチケットが手に入らなかった人も、ジャパン・プレミアに外れた人も、まずは上映劇場と上映時間をチェック!!
話題作は、やっぱり早くみたい!!!!

6月25日には、ロン、ハーマイオニーを演じる二人が初来日します。(関連記事
ひょっとしたら舞台挨拶に登場か!!!

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
 全国映画館&上映時間チェックはこちらから。
 東京地区
 関西地区
 九州地区
 北海道地区
 横浜地区
 東海地区

 座席指定&チケット先行発売が通例となった昨今、初日・二日目のチケットはなるべく早く押さえたいところ。特に親子3人など複数人数で見る場合、土日の当日連番チケットは入手難易度大です。先行発売は劇場によって異なります。3日前、7日前など、映画館によってルールが違うのです。自分が見にいく予定の映画館の情報を早めにチェックすることも大切です。可能なら、事前に指定席をゲットしておきましょう。窓口だけでなく、携帯電話やインターネットなどで受け付ける映画館もありますよ。

 6月25日までは前売券が発売されています。先に前売券を購入してから座席指定を確保すればかなり経済的です。前売料金は、一般1300円、小・中学生800円ですから、家族で見るなら前売券の活用をオススメします!!!
 字幕版と吹替版がありますから、小さな子供さんを連れていかれる方は、上映館と上映時間に注意してください!ちなみに私は、この作品なら吹替版で見る雰囲気のほうが好きです。大人と子供がスクリーンに集中し、よりいっそう楽しめます。

 話題作をスムーズに、いち早く、そして楽しく見るためのピンポイント情報でした!!!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

「忍者ハットリくん THE MOVIE」絶妙のキャスティング!

 「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」(東宝)は、藤子不二雄A原作マンガの実写映画化!SMAP香取慎吾がハットリくんに扮し、現代の東京で忍法修行に励みます!!

 昭和40年代初期のTV実写版、50年代のアニメ版、ともに馴染み深い世代にとっては、懐かしさいっぱいの作品です。ライバルとなる甲賀忍者ケムマキを演じるのは、ガレッジセールのゴリ。(ハマリすぎです)そして、ハットリくんの父ジンゾウは、“ニン!”といえばこの人、伊東四郎です。ハットリくんが“ニンニン”と言い出したのは、50年代アニメ版が最初。となれば、伊東四郎がやはり元祖“ニン!”というわけです。
まさに絶妙のキャスティング!!!!

 日本を救うため、ド派手で超目立つ衣装の忍者が忍びの術を駆使します!(あんなスタイルでどこに忍べるのだろうか?)ハットリくんの世界では、“忍法〇〇〇〇の術!”といえば何でもOKなのです。いよいよ6月30日に完成披露試写会(参加応募はこちら)が行なわれ、8月28日公開予定です!

 公開予定劇場はこちら

| | Comments (2) | TrackBack (4)

2004.06.16

「スパイダーマン2」原作コミック誕生の原点!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、サム・ライミ監督による大ヒットシリーズ第二弾!新たな強敵ドック・オクと戦い、より過酷な運命に立ち向かいます!!!

 遺伝子組換えのスーパー・スパイダーに噛まれたことが原因で、主人公は超パワーを身につけました。その活躍を描いたのが、一作目「スパイダーマン」(02)です。しかし、原点となったコミックでは少し異なります。スタン・リーによるコミックは、1962年に誕生しました。そこでは、放射能を浴びたクモに噛まれたことが原因となっています。1962年といえば、米ソ核戦争が起こりかけた“キューバ危機”の年。戦争への脅威がコミック「スパイダーマン」を生み出したといってよいでしょう。

 ヒーローへの運命を選ぶきっかけも異なります。原作コミックでは次の通りです。スパイダーコスチュームを身につけてTV局でパワーを披露した帰り道、強盗が人を襲う様子を目撃します。しかし助けようとはせず、そのまま黙って見過ごします。他人のことはどうでもよいと思っていたのです。ところがある日、自分の養父が殺されます。スパイダーパワーを使ってその犯人を捕らえると、かつて見逃した泥棒だったことに気づくのです。主人公は強い衝撃を受け、後悔します。そのとき、“大きな力には大きな責任が伴う、この力で人を救おう”と決心するわけです。

 コミック誕生から40年の月日を経て、その面白さをリアルに映像表現できる技術がようやく整いました。USJアトラクション以上の楽しみを期待できる「スパイダーマン2」は、7月10日公開です!!

| | Comments (0) | TrackBack (6)

2004.06.15

「ヴェロニカ・ゲリン」ケイト・ブランシェットがカッコイイ!

 「ヴェロニカ・ゲリン」(ブエナビスタ)は、麻薬犯罪を暴くために全てを賭けた女性ジャーナリストを描く、感動の実話!凄まじいまでの勇敢な生き方に、涙を止めることができませんでした!

 アイルランドのジャーナリスト、ヴェロニカ・ゲリンを演じるのはケイト・ブランシェット。渾身の演技です!かつて「エリザベス」(98)で米アカデミー主演女優賞にノミネートされました。が、今回の作品がベストでしょう!演技も、そして作品の出来映えも。ビシッ!と決めたスーツ姿で犯罪組織心臓部へ単身乗り込み、殴られても、撃たれても、ジャーナリストとして闘い続けます。まるで東映“緋牡丹のお竜”のようでした。(古い例えだなぁ~)その颯爽とした勇気ある姿、正義を貫く確固たる表情が、もうめちゃくちゃカッコイイ!!!妻として、母としての女性的な面を描いたシーンも感動的です。とくに、脅迫を受けてよりいっそう結束を強める家族の姿には、すごくいいものを見せてもらったような気分になれますよ!

 監督は「フォーン・ブース」(03)のジョエル・シュマッチャー。アクション&サスペンスを得意とし、いつも並以上の娯楽作品を完成させてしまう、職人監督です。

 子供たちが麻薬に苦しむ姿に耐えられず、戦い続けたヴェロニカ・ゲリン。その生涯は、我々に勇気を与えてくれます!!

 関西上映館&上映時間はこちら

 ケイト・ブランシェット出演作「ミッシング」関連記事はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.13

「ブラザーフッド」朝鮮戦争を描く!

 「ブラザーフッド」(UIP)は、朝鮮戦争を韓国市民の視点で描いたドラマです。監督は「シュリ」(99)で韓国映画を一躍世界に知らしめたカン・ジェギュ。韓国映画史上最大のヒットを放ち、いよいよ日本公開が近づいてきました。

 1950年代、朝鮮戦争に巻きこまれた兄弟の物語です。兄を演じるのは「友へ/チング」(01)が印象的なチャン・ドンゴン「ブラザーフッド」について、“以前のどの作品にも増して自信を持っている”と語っています。戦闘場面の撮影では困難を極め、手術を要するほどの傷を負った。本人いわく、“撮影終了はまさに終戦だった”とか。激しい戦場シーンは、「プライベート・ライアン」「ブラックホーク・ダウン」などを研究して生み出されました!

 朝鮮戦争の時代を過ごし、未だに心を痛めながら生きている人はたくさんいます。が、この戦争は本国でさえ忘れられつつあることも事実だそうです。「ブラザーフッド」は、カン・ジェギュ監督が若い世代へ向けて放った強烈なメッセージとなった作品です!!!! 6月26日公開です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 先行ロードショー!

 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(ワーナー)は、最強のファンタジー第3章!いよいよ6月19日先行ロードショーが全国で行なわれます!監督が変わり、ダンブルドア校長が変わり、成長期のメイン・キャストたちが大きく変わる、シリーズ最新作です!!

 N.Y.、ロンドンの公開風景が日本でも報道され、三たびのハリポタブームが激しく加速してきました!!!先行ロードショーは6月19日。なんと!ジャパン・プレミア(東京は23日、大阪は24日)よりも一足早い公開です!!!

 劇場によっては既に先行ロードショーチケットを購入できるところもあります。誰よりも早く見たい人は、近くの劇場情報をチェックして、チケットを事前にゲットすべし!!!!!

 先行ロードシヨー全国映画館&上映時間チェックはこちらから。
 東京地区
 関西地区
 九州地区
 北海道地区
 横浜地区
 東海地区

| | Comments (0) | TrackBack (6)

「シルミド」特殊部隊の真実!

 「シルミド」(東映)は、33年間闇に包まれた特殊部隊の存在を描く、驚愕のドラマ!金日成暗殺の使命を失った時、部隊を待っていた運命は、抹殺だった!!!

 荒くれ者を特殊部隊に仕立てる男くささ・荒っぽさは、まさに東映配給らしい作品です。60年代のB級邦画娯楽作品を見ているようでした。まぁ、特訓シーンがえげつない!火責め、水責め、縄責めと、あらゆる責め苦で野獣どもを鍛えていきます。ひえ~!!!しかも訓練場面の音楽は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のモロ、パクリメロディで、妙な盛り上がりを感じてしまいました。バスに乗り込み、抹殺指令を出した国家へ挑むシーンは、イーストウッド監督作品「ガントレット」に大変身!感動を期待するよりもむしろ、戦争アクションとして見れば結構楽しめます。

 人生をやりなおそうと、祖国のために武器を握った31人の男たち。その祖国に見捨てられた者の哀しみを、広くこの世に伝えようとした意欲作です!!!

 全国上映館&上映時間はこちらから。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.12

「シュレック2」最強の吹き替え!

 「シュレック2」(UIP)は、おとぎの国を舞台にしたファンタジーPARTⅡ!カンヌ国際映画祭にも出品され、全米ではサマー・シーズンを牽引する記録的大ヒットとなっています!!

 ごつごつした緑顔キャラにどうも馴染めないのですが、ハマちゃん&ヤマちゃんの吹き替えが楽しかった一作目。そして今回はもう一人、竹中直人さんが登場します!役柄はラテン系ノリの“長靴をはいた猫”です。「Shall we ダンス?」で情熱のラテン・ダンサーを怪演した彼の美声が楽しみ!しゃべるために生まれたような3人が絡み合えば、一体どうなってしまうのか!これは夢の共演といってよいでしょう。本編に無縁なギャグもバンバン飛ばしてほしいものです。

 前作でめでたくフィオナ姫と結ばれたシュレックが、姫の両親に出会うところから始まる冒険ファンタジー!ディズニー作品ではないので、多少のお下劣ギャグが登場します。が、それがこの作品の強みです。 マシンガン・トークの吹き替えトリオで、暑い夏を楽しませてくれそうです!!!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

「デイ・アフター・トゥモロー」久しぶりのタムリン・トミタ!

 「デイ・アフター・トゥモロー」(フォックス)は、温暖化の影響で氷河期を迎えた人類の危機を描く、パニック超大作!オープニグのフォックスマークにも、異常気象で稲妻が轟きます!!

 久しぶりに、タムリン・トミタがNASAの科学者ジャネット役で登場しました。「24」など、最近はTV映画での活躍が増えています。ミス日系インターナショナルに選ばれたことから映画界へ。デビューはラルフ・マッキオとの共演が懐かしい「ベスト・キッド2」(86)です。「愛と哀しみの旅路」(90)では今回主演デニス・クエイドとの共演で、壮大なラブストーリーのヒロインを演じていました。しかし、決して作品に恵まれているとは言えず、もっと活躍してもよい女優だと思います。今回も、後半はほとんど出番のないのが残念でした!

 津波とハリケーンが最大のみどころの作品ですが、現実を受け止め、希望を求めて生き抜く人間ドラマにも注目したい作品です。見ているだけで涼しくなってきますよ!!

 全国上映館&上映時間はこちらから。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.06.10

「スパイダーマン2」獅童応援リーダー活動中!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、製作費220億円を賭けた大ヒットシリーズ・パート2!!スパイダーマンと敵役ドック・オクとのバトル・アクションが、摩天楼を舞台に超スピードモーションで繰広げられます!

 パート2公開に当たって、中村獅童応援リーダーに就任しました。3月15日の就任式では3つの公約をしています。
 1.いたるところでスパイダーマンを盛り上げる。
 2.スパイダーマン精神で東京をよくするアクションを起こす。
 3.6月下旬の完成披露試写を成功に導く。

 コスチュームを身につけたスパイダー名刺まで作り、応援活動を展開中です!(その名刺ちょっと欲しいかも。)舞台「浪人街」のカーテンコールでは、スパイダーマン・パフォーマンスをお披露目しています。ウラヤマシイ応援活動です!コスチュームがかっこよく見えるよう、筋トレもかなり行ったようですよ。ヒーローになるのも楽ではないのだ。

 今回の作品、全貌は不明ですが、サム・ライミ監督らしさが効きまくっている仕上がりとか。これが何よりワクワクさせてくれます。待ち遠しい公開は7月10日。獅童リーダーよ、応援しっかり頼んます!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

「メダリオン」ジャッキーお宝ポスター!

 「メダリオン」(日本ヘラルド)は、ジャッキー・チェン最新のアクション超大作!未知なるパワーが秘められたメダルをめぐり、ジャッキー流コミカル・アクションが満載です!!!

 日本公開作品としては50本目です。50本を記念して、公開初日に、全50作の公開時チラシを掲載した特別ポスターが全国で先着3000枚プレゼントされることになりました!!!ジャッキー自身も欲しがったという、闘魂ポスターです!詳細はこちらから。ジャッキー・ファンにとって、語る思い出が限りなくあふれ出る一枚です。う~ん、これはなんとしてもゲットしたい!!!

 いつ見ても飽きることなく楽しませてくれるジャッキーの新作、 公開は6月19日からです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.09

「スイミング・プール」新旧ミューズ対決!

 「スイミング・プール」(ギャガ)は、南仏プロバンスの高級別荘地を舞台にしたミステリー。刺激的な生活の中で、二人の女性がどんどん美しくなっていきます!

 主人公を演じる二人の女優がスゴイ!女流ミステリー作家を演じるのは、シャーロット・ランプリング。ミステリアスとゴージャスを兼ね備えた、現役女優のドン的存在です。いつもながら強烈な貫禄!オーラでまくりです!私はやっぱり70年代の「未来惑星ザルドス」(74)「さらば愛しき女よ」(75)などが忘れがたい!!

 そして、若き社長令嬢を演じるのは、リュディヴィーヌ・サニエ。この作品の命となる“セックス・シンボル”役を大胆に見せてくれます。今回一番の苦労は、やはり肉体作りだったそうです。その成果は一目瞭然!さらに押しつけがましいくらいのセクシーさを作り上げるため、衣装やメイク、ヘアを研究し、過激な性格にあったルックスを決めたとか。春公開の「ピーターパン」では妖精ティンカー・ベルを演じていたのに、今回の大胆さにはビックリです!公式ホームページを見るだけでも納得いただけます。今後の活躍がますます楽しみな女優です!

 監督は「8人の女たち」「まぼろし」フランソワ・オゾン。ランプリングは「まぼろし」で、サニエは「8人の女たち」他3作品で、オゾン監督とコンビを組んでいます。オゾン作品は日本での興行成績が毎回優秀で、しかも最高傑作との呼び声が高い作品です。味わい深いミステリーをどうぞ!!!

 全国上映館&上映予定はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.08

「下妻物語」オモシロイ!

 「下妻物語」(東宝)は、二人の少女が“我が道をゆく”という共通点のみで友情を育む、青春映画の傑作です!ロリータファッション命の深田恭子と暴走ヤンキー娘の土屋アンナ、二人のなりきり演技が笑いと涙を誘います!!

 ありきたりの青春映画かと思いきや、大爆笑連続のメチャ面白い作品でした。ビックリです!主人公二人のボケ&ツッコミ、茨城下妻や関西尼崎などローカルをネタにしたギャグ、アニメによるエピソード紹介、ギャグファンタジックな空想世界などなど・・・。これでどないやー!という勢いで次々にネタを繰り出します!!このパワーはスゴイ!“楽しくて気持ちよければそれでイイ!”と言いきる生き方が素晴らしい!日本人の笑いのツポをトコトンくすぐってきます。こんなことは、「トロイ」「デイ・アフター・トゥモロー」には出来ません!日本映画ならではの面白さです!!!

 コミカルな脇役も笑えます。深キョンの父親役を演じる宮迫博之「CASSHERN」に続く怪演です。「岸和田少年愚連隊」のようなノリで笑わせてくれました。

 監督はCMで活躍していた中島哲也。豊川悦司と山崎努が卓球バトルをしたビールのCMを作った人です。「下妻物語」でも、人間の動きと表情を絶妙の構図でインパクトしてきます!大作に押しやられる日本映画の小品ですが、今年を代表する日本映画になることは間違いありません!とにかく見て欲しい!!!!!

 全国上映館&上映時間はこちらから。
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.06.07

「21グラム」魂を描く異色作!

 「21グラム」(ギャガ)は、人間の魂に課せられた罪の重さを問うヒューマン・ドラマです。ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロという、今最も注目される3人の共演が大きな話題を呼んでいます!!

 「21グラム」とは、人間の魂の重さを意味しています。罪や奥深い感情と魂の繋がりを描くという点が、この作品をまれに見る出来映えに仕立てました!魂を霊魂と結びつけて描くことはよくあります。「ゴースト~ニューヨークの幻~」などがそうですね。あの幽霊たちは皆、21グラムなのだろうか?SF映画にも、魂の存在を感じさせる作品はたくさんあります。「コンタクト」のラストで、ジョディ・フォスターがワームホールを旅するシーンや、「2001年宇宙の旅」のラストでボーマン船長が老いてゆくシーンなど。霊魂なる存在を、映画はクラシックの時代から描き続けてきました。

 「21グラム」は、過去に類のない“魂もの”映画といってよいでしょう。現実的な観点から、魂の存在を考えさせてくれます。チョイト重たい作品ですが、“魂もの”が好きな人には見ておいてほしい作品ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.06.06

「クリムゾン・リバー2」ジャン・レノ最新作!

 「クリムゾン・リバー2」(ギャガ)は、ジャン・レノ&リュック・ベッソンの「レオン」コンビが放つ最新作!壁に埋め込まれた死体が意味するものは!!!
 パート2といっても、ストーリーそのものは前作と関係ありません。一作目ジャン・レノ演じたニーマンス警視を主人公にして、リュック・ベッソンが書き下ろしたオリジナル作品です。「ニキータ」の掃除屋を主人公にして、名作「レオン」を生みだしたのと同じかも。ベッソンとジャン・レノの、強い信頼関係が伝わってきますね。
 但し、パートナーは前作と替わっています。ヴァン・サン・カッセルから、「スズメバチ」が渋かったブノワ・マジメルへ。ニーマンス警視をサポートする、頼れる相棒です。
 超人的能力を持つ“黙示録の天使”たちを相手に、前作を上回る謎解きとアクションが展開します!!!!

 全国上映館&上映時間はこちらから。
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.06.05

「キング・アーサー」キーラ・ナイトレイ最新作!

 「キング・アーサー」(ブエナビスタ)は、時代を超えて愛されてきた、アーサー王伝説を描く物語!「アルマゲンドン」「パール・ハーバー」など大作志向のジェリー・ブラッカイマー製作、「パイレーツ・オブ・カリビアン」キーラ・ナイトレイ主演の最新作です!!!!

 いよいよアクション・シーン満載の予告編が登場しました!円卓の騎士が闘う姿より、王妃グウィネヴィアを演じるキーラ・ナイトレイが印象に残りました。相変わらず美しい!「ロード・オブ~」オーランド・ブルームのごとく、弓矢をビュンビュン飛ばします!!鋭い目つきで狙いを定める表情がカッコイイ!男どもはヨロイを装着しているのに、キーラだけ露出度が高いのもハッピーです!

 アーサー王伝説には、スペクタクル、ファンタジー、ラブストーリーなど、あらゆるドラマの要素が詰まっています。見世物的超大作が大好きなブラッカイマーの新作は、7月24日公開です!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (5)

「トロイ」エリック・バナがいい!

 「トロイ」(ワーナー)は、ギリシャ戦士たちが命を賭けて闘う、愛と名誉の物語です。全編、数千の軍勢がぶつかりあう壮大な映像に、力が入りっぱなしでした!

 最高の見せ場は、ブラッド・ピット演じるアキレスと“トロイ最強戦士”ヘクトルの一騎討ちシーンです。ヘクトルを演じたエリック・バナが素晴らしい!唯一共感できる、優しくてたくましいキャラなので、私も“ヘクトルがんばれ!”組みになってしまいました。

 エリック・バナは、オーストラリア出身。子供の頃はレーサーか俳優になりたかったそうです。実際、レーシング・カーを数台所有し、レースにも出場しています。俳優としては、1991年からメルボルンのキャッスル・ホテルでバーテンダーをしながら、コメディアンの道へ進みました。(意外!)TVコメディ・ドラマで人気者になり、1996年には“最もセクシーなオーストラリア男性”に選ばれています。映画初主演作「チョッパー・リード/史上最強の殺人鬼」で、オーストラリア映画協会他から最優秀主演男優賞を受け、ハリウッドへと渡りました。昨年は「ハルク」でも好印象を残しています。

 「トロイ」は、エリック・バナの映画といってもいい作品です。派手なフェイスではないものの、195cmの長身に優しい顔立ちは、ますます人気を広げていくでしょう!コメディアンだった10年前から大変化を遂げ、ハリウッド・スターの座を確立してほしい俳優です!!!

 「トロイ」全国上映館&上映時間はこちらから。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

2004.06.04

「スパイダーマン2」アテネ五輪にスパイダースーツが!

 「スパイダーマン2」(ソニーピクチャー)は、トビー・マグワイア主演のシリーズ第2弾!今回のスパイダーマンは、自らの存在を賭けて、最強の敵に戦いを挑みます!!!

 スパイダーマンといえば、まずは独特のコスチュームを思い浮かべます。赤と青にクモの巣がデザインされたものです。全身タイツ系コスチュームを装着するとき、シワが最も気になります。お肌と同じですな。スパイダースーツがシワだらけだと、それだけで弱そうですよね。なんだかモジモジくんみたいになるし。映画で使用されているスーツを作るには、サイバーFX社のデジタル技術が生かされています。どのアングルから見ても完璧に全身へフィットし、動きがよりシャープに見えます。アテネ五輪出場予定選手の水着にも、同社の技術が使われているとか。どうせなら、スパイダー柄の競泳水着で泳いでほしい!

 今年は「シービスケット」でも高い評価を受けたトビー・マグワイアが、今回もダーク・ヒーローを演じます!4本の金属アームを自在に操る敵キャラ、ドック・オクとの対決まであと1ケ月です!公開は7月10日。

 ヒロインを演じたキルステン・ダンストの写真入りインタビューは、公式ホームページから。

| | Comments (0) | TrackBack (9)

「ショートショート・フィルム・フェスティバル2004」米アカデミー賞公認!

 「ショートショート・フィルム・フェスティバル2004」6月5日より開催!東京会場からスタートし、全国7都市で上映されます。今年で6回目。過去、全国8都市でツアー上映が行なわれ、10万人を動員しています。

 この度、アメリカ映画芸術科学アカデミーは、日本の「ショートショート・フイルム・フェスティバル」を米アカデミー賞公認映画祭と認定しました!これによって、全国共通プログラムのコンペ作品がアカデミー賞選考対象作品となります!!
 これまでの活動実績が高く評価された結果でしょう!映像作家志望者には、ますますビッグチャンスな映画祭となりそうです!!
 
 今回、有名どころでは「ロスト・イン・トランスレーション」でアカデミー脚本賞を受賞した、ソフィア・コッポラによる初期作品に触れることができます。「リック・ザ・スター」という作品です。女子中学生の激しい勢力争いを、緊張感あふれるモノクローム映像で描きます。
 他にも、頭が無いのに表情を感じてしまった「頭の無い男」など、厳選された傑作ぞろいです!短い時間ながら、技術とアイデアが駆使されています!
 
 このフェスティバルは、ジョージ・ルーカスの支援を受けた第一回目以後、質・量ともに年々レベルアップしてきました。短編映画は映像作家の原点です。長編作品を撮る作家も、必ず最初は短編からスタートします。来年は応募してみよう!と志す人には、ぜひ見ておいて欲しいフェスティバルです!!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.06.01

「デイ・アフター・トゥモロー」温暖化なのに氷河期?

 「デイ・アフター・トゥモロー」(フォックス)は、地球温暖化による異常気象が世界を襲う、パニック超大作です!
 ポスターや予告を見て、“温暖化なのにどうして氷河期なのだろう”と疑問を感じる人がいたかもしれません。これは、同時多発的な異常気象で海が大きくかき混ぜられることが原因です。大津波、豪雨、竜巻など。大海が揺さぶられて海底の冷気が上昇し、全体が冷えます。底の冷たいお風呂をかき混ぜた状態ですね。そもそも地球温暖化というのは日本での名称で、正式名称は“気候変動”といわれています。ちなみに日本はアメリカに続いて、1人当たりの二酸化炭素排出量第二位です。この映画を見て、省エネをしようという気持ちになる人が増えれば幸いです。
 地球そのものも生き物ですから、温度が上がれば“異常気象”という名の自然治癒力で自らを冷やします。映画は世界中のあらゆるパニックを描き、客席を吹き飛ばすような大迫力映像で迫ってきます!!
 公開は6月5日です。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« May 2004 | Main | July 2004 »