« 「イン・ザ・カット」メグの本名はプチじゅげむ! | Main | 「スパイダーマン2」シリーズ待望のPARTⅡ! »

2004.04.04

「グッバイ、レーニン!」映画青年の遊び心が嬉しい!

 「グッバイ、レーニン!」(ギャガ)は、母親思いの青年とその家族たちをユーモアたっぷりに描いた、ドイツ映画の傑作です。意識不明から立ち直った母親にドイツ東西統一の事実を知らせないため、息子アレックスがあの手この手を使います。“社会主義の母親にショックを与えたくない!”息子の温かい思いが全編を優しく包みこみ、爽やかな感動にひたれます。
 監督・脚本を担当したヴォルフガング・ペッカーの遊び心も楽しい!キューブリック作品ファンの彼は、その要素を随所に散りばめています。映画マニアの友人デニス(「マトリックス」Tシャツを着ていた)が劇中で作ったのは、「2001年宇宙の旅」を意識したビデオ・ムービー。結婚式で空高く投げたブーケがケーキに変わります。引越しシーンでは「時計じかけのオレンジ」そのまま。シンセサイザーのウイリアム・テル序曲が流れ、人がせかせかと荷物を運び込みます。このあたり、映画ファンならニンマリしたいところ。
 とはいえ、こんなディティールに気づかずとも、この作品は存分に楽しめます。とにかく登場人物がみんな優しい!スクリーンから溢れだしてくる、心と体によい波動を浴びた気分になります。今年度、必見の作品ですよ。

|

« 「イン・ザ・カット」メグの本名はプチじゅげむ! | Main | 「スパイダーマン2」シリーズ待望のPARTⅡ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/395395

Listed below are links to weblogs that reference 「グッバイ、レーニン!」映画青年の遊び心が嬉しい!:

« 「イン・ザ・カット」メグの本名はプチじゅげむ! | Main | 「スパイダーマン2」シリーズ待望のPARTⅡ! »