« 「レジェンド・オブ・メキシコ」マリアッチって何だ? | Main | “ムービーオケ”が登場! »

2004.03.29

「ミッシング」 アーロン・エッカートに期待!

 5月8日公開UIP映画「ミッシング」(ロン・ハワード監督)のキャストを紹介します。
sC284-06R.jpg


 主演はトミー・リー・ジョーンズケイト・ブランシェット、脇役でアーロン・エッカート、ヴァル・キルマーなど、超豪華な配役です。さらに、ロン・ハワード監督の弟クリント・ハワード、父のランス・ハワードも出演している。
sC152-07.jpg


 私が注目しているのはアーロン・エッカート。1968年生まれで、高校卒業後はスキーとサーフィンに3年間明け暮れたそうです。その後大学で演劇と映画を学んでいたとき、ニール・ラビュート監督と親しくなり、彼の演劇や映画に出演したことがきっかけで、本格手に映画出演することになった。ラビュート監督作品にはレニー・ゼルウィガー主演「ベティ・サイズモア」など、欠かさず出演している。私が大注目したのは、昨年の「ザ・コア」から。地球を危機から救う作品のリーダーを演じ、たくましくてユーモラスな演技を見せてくれました。近作「ペイチェック」ではベン・アフレックを窮地に追いやる悪の親玉を演じています。二面性を持った人物の演技が光っていました。派手な印象はなく、ごく自然にいそうなキャラクターですが、どの作品でも存在感を感じます。今回「ミッシング」では脇役ながら、19世紀末にいたと思われるタフなアメリカ人像を見せてくれることを期待しています!!!!!!

MOTION PICTURE (C)2003 REVOLUTION STUDIOS DISTRIBUTION COMPANY, LLC (C)2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 「ミッシング」関連記事はこちら。公式ホームページはこちら

|

« 「レジェンド・オブ・メキシコ」マリアッチって何だ? | Main | “ムービーオケ”が登場! »

Comments

最近はアメリカは西部劇ブームのようですね。それも女性が主役。『コールドマウンテン』こんどニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガーが主役。こちらもたくましい女性達。こちらはラブストーリーがテーマ。『ミッシング』は親子の絆。いつの時代も存在する永遠のテーマです。親子関係が崩れていっているのでは?と感じる昨今、新しい目で見れるのではと楽しみにしてます。

Posted by: 貴樹諒音(たかぎりおん) | 2004.03.30 at 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/367945

Listed below are links to weblogs that reference 「ミッシング」 アーロン・エッカートに期待!:

» 「ミッシング」 主演はこの二人! [新作映画ピンポイント情報]
 「ミッシング」(UIP)は、19世紀末のアメリカ西部を舞台に、誘拐された娘を救 [Read More]

Tracked on 2004.04.14 at 02:43 PM

» 「ミッシング」 ロン・ハワード監督最新作は、愛のロードムービー! [新作映画ピンポイント情報]
 UIP映画より、GW拡大公開予定「ミッシング」の情報が届いたのでお知らせします [Read More]

Tracked on 2004.04.14 at 02:44 PM

» 「ミッシング」家族の絆を描いた西部劇! [新作映画ピンポイント情報]
 「ミッシング」(UIP)は、19世紀末アメリカ西部の大自然を舞台にした物語。誘 [Read More]

Tracked on 2004.04.26 at 11:52 PM

« 「レジェンド・オブ・メキシコ」マリアッチって何だ? | Main | “ムービーオケ”が登場! »