« 「21グラム」魂の重さの真相は? | Main | 「テキサス・チェーンソー」 ヘラルド悪魔シリーズ復活! »

2004.03.27

「パリ・ルーヴル美術館の秘密」 この絵の正体!

 「パリ・ルーヴル美術館の秘密」がやっと大阪で3/27より公開されます。ルーヴル美術館で働く人達と仕事の様子を追ったドキュメンタリーです。
 その冒頭に出てくるのが、ルーヴルでも人気の高い絵画「ガブリエル・デストレとその姉妹」です。1594年ごろの作品です。二人の女性が裸で正面を向き、そのうち一人は乳首を摘ままれているという絵画です。
 タイトルになっているガブリエル・デストレとは、16世紀末、アンリ4世が最も愛した愛人として知られる女性のこと。絵の中で、乳首を摘ままれているのがガブリエル、摘まんでいるのはその妹と言われています。乳首を摘まむのは、アンリ4世の子供を懐妊したことを意味するそうです。しかしながら関西の一部では、この絵のことを“乳くりマンボの絵”と呼ぶ人もいるとか。で、この二人、絵画のなかで浴槽に入っています。その後ガブリエルは惜しくも28歳で謎の死を遂げました。
 この作品を見ながら、絵画に秘められた数々のドラマに思いをはせるのも、楽しみのひとつです。

|

« 「21グラム」魂の重さの真相は? | Main | 「テキサス・チェーンソー」 ヘラルド悪魔シリーズ復活! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/357125

Listed below are links to weblogs that reference 「パリ・ルーヴル美術館の秘密」 この絵の正体!:

« 「21グラム」魂の重さの真相は? | Main | 「テキサス・チェーンソー」 ヘラルド悪魔シリーズ復活! »