« 「Mr.インクレディブル」 なぜか音楽は007! | Main | 「ブラザー・ベア」ディズニー閉鎖スタジオの最終作! »

2004.03.24

「花とアリス」 麗しきマンガ・ワールド!

 「花とアリス」(東宝)は、「Love Letter」の岩井俊二監督による最新作です。仲良し少女二人が、ひとりの先輩男子を巡って、奇妙な三角関係を装います。
 昔読んだ少女マンガのような世界だなぁと思っていると、マンガ・ワールドがあちこちに登場!!冒頭出てくる駅の名前が、水木、石の森学園、藤子、ときた。次はやっぱ手塚でしょうと思っていたら、二人の通う学校が手塚高校。さらにバレエを習うのは望都バレエ教室、落語の高座名は花屋ピュンピュン丸にモーレツ亭ア太郎、爆発屋五郎と。マンガ・ワールドへの愛情たっぷりであることが、体の芯まで伝わってきて、それだけで心が躍りました。岩井監督作品はこれまで、どこか気取った感じがあって馴染めませんでした。関西人気質には合わないなと思っていましたが、もう許します!!
 ヴァイオリンの音楽とともに、少女二人の学園生活が、麗しいほどの透明感で描かれます。バレエ・シーンや友情関係など、少年少女の淡い恋を描いた名作「小さな恋のメロディ」に似た雰囲気を感じました。久しぶりに少女マンガを覗いてしまったような気分になる作品です。

 「花とアリス」関連記事はこちら

|

« 「Mr.インクレディブル」 なぜか音楽は007! | Main | 「ブラザー・ベア」ディズニー閉鎖スタジオの最終作! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16624/347761

Listed below are links to weblogs that reference 「花とアリス」 麗しきマンガ・ワールド!:

« 「Mr.インクレディブル」 なぜか音楽は007! | Main | 「ブラザー・ベア」ディズニー閉鎖スタジオの最終作! »